アラサー女子の心をエグる。漫画『東京タラレバ娘』に学ぶ、恋愛の名言。 (1/2)

吉高由里子さん主演で映画化も決定した大人気漫画「東京タラレバ娘」。アラサー女子、婚活中の女子はもちろん、世の中の女性の心をエグる、恋愛の名言をまとめました。

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家

 

世の中のアラサー女子が発狂した。

 

 

「きせかえユカちゃん」「海月姫」などでも大人気の漫画家、東村アキコ先生が描く
アラサー女子3人が、恋愛や仕事に悩み奮闘する姿を描いた漫画。それが「東京タラレバ娘」。

独身アラサー女子はもちろんのこと、世の中の女子の心をえぐるような名言がたっぷりなこの漫画、
2017年1月には、吉高由里子さん主演でドラマ化も決定しています!

そんな「東京タラレバ娘」から、厳しくて鋭い…でもわかるー!という名言を紹介します。
漫画をまだ読んでいない人の心にも、グサグサと刺さることでしょう♡

 

そう、タラレバばっか言ってるからこうなった。

 

nekoさん(@nekoneko8914)が投稿した写真 -

 

「〇〇だったら」「〇〇してれば」そんな事ばっか、女子で集まって話してませんか?
「あの元彼と続いてたら…」「あの時別れなければ…」「あの人と付き合っていれば…」なんて、もう遅いんです!
「タラレバ」話は、なんの進歩もないってこと。むしろ前に進めないだけなのです。

 

酔って転んで男に抱えてもらうのは25歳までだろ

 

.αzusαさん(@harumarua)が投稿した写真 -

 

もう、現実を見なきゃ。

自分では変わってないつもりでも、世間の目は変わってるのです。

若いキャピキャピは通用しないのが現実…。

 

いくらマシを数えたって私の人生全然幸せじゃない

 


「あの女より顔もスタイルもマシ

「やりたい仕事でメシ食えてるだけマシ

「もう33歳だけど40オーバーの独身女よりは全然マシ

そんな風に思い込んでみたって、やっぱり納得できない…。愛が欲しい!


相手の条件は「①人間②生きてる③死んでない」

 

 

年を重ねるにつれて、どんどん理想は高くなってくばかり…。

もうこの際、条件はこの3つに絞ってみてはいかが?

 

アラサーの片思いほどキモいもんはない

 

 

最高に傷つく一言。

でも、きっと現実はそうなんです。若い子の片思いは爽やかで可愛い。

アラサーの片思いなんて…。