【夢占い診断】社会人が見る「学校」の夢の意味は?授業やテストに遅刻する、迷う、友達、教室、先生etc…

学校にまつわる夢占い診断まとめ。特に大人が昔通っていた学校の夢を見るのは、よくあることです。その意味とアドバイスを探ります。

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家
社会人がよく見る夢の1つ「学校」の意味とは?

昔通っていた学校の夢。

学校の夢は、基本的に「規律、ルール、モラル、やるべきこと、あなたが今いる社会」などを意味します。

大人になってから繰り返し見る人は、深層心理下でこのようなことを考えているそうです。

 

よく見るパターン別に見ていきましょう。

 

 

学校に遅刻しそう、遅刻する

社会人が良く見る夢のパターン1位です。

 

授業やテストに遅刻しそうな夢は、あなたが現在抱えている仕事やタスクに不安があり、失敗するのではないか、達成できなかったらどうしようと不安に思っている気持ちを意味します。

 

試験を受ける

夢の中の試験は、そのままあなたが感じている現実での評価を意味します。

 

試験の勉強をしている

現実の問題や課題に対して、準備を怠っていない証拠です。

自信をもって挑みましょう。

 

試験の準備が出来ていない、勉強をしていない

現実でも、問題や課題に対して対策方法が見つからず、焦っている証拠。

自分一人で解決の糸が見つからないなら、第三者に話してみると意外なアドバイスが貰えるかも。

 

試験が好調である

テストが簡単、受かる、早く終わる。

これらの夢は、現実では残念ながら逆の意味であることが多いのが特徴です。

 

問題や課題に対してあなたの姿勢は少々甘い、軽く見ている傾向にあると忠告しています。

 

試験が不調である

夢の中で問題が難しい、解けそうにない、ミスをする、点数が悪い、落ちるなどネガティブな場合、現実では厳しすぎるほどに用意周到になっていたり、心配のし過ぎ、取り越し苦労、努力は報われる傾向を意味しています。

 

現実では落ち着いて自分の力を信じることで、よい結果が出やすくなるでしょう。

 

テストに遅刻する夢もよく見やすい

遅刻しそう、遅刻している夢は、現実でも実力を発揮しきれず失敗するのではないかと焦りが出ている証拠。

遅刻しそうな割に焦っていない夢は、あなたがハナから現実の問題を受け止める気がない、諦めていることを意味しています。

 

試験官になる

現実でも常に誰かから試されている状況へのストレスや、少し周囲に対して傲慢になっていることへの警告です。

 

知らない人が試験に受かる、落ちる

夢の中の「知らない人」は、自分では気づいていないもう一人の自分、またはあなたの周囲の人間全体を代表しています。

 

知らない人が試験に受かる夢は、現実でも問題や課題を解決できるということ。

逆に知らない人が試験に落ちる夢は、あなたが見落としている問題や油断を意味していますので、より慎重な状況分析と対策を行いましょう。

 

学生生活を送る
楽しいイメージが強かった場合

現実でも意欲が湧いており、様々なことにチャレンジしたり、実力を試したいと考えている時に見やすいようです。

チャンスが来たら挑戦するとき。

 

マイナスイメージが強かった場合

現実でも体力、気力ともにマイナスになりがち。

睡眠、食事、リラックスを心掛け、自分のやるべきことを洗い出し、コツコツ努力していく必要性を意味します。

 

先生が現れる

夢の中での教師は、あなたの模範となるべき存在を意味します。

先生が口にした言葉を思い出してみてください、それは今の現実での課題や問題点に対するアドバイスになります。

 

嫌なイメージの先生だった

あなたの現実での態度を改めるべきという意味。

また、現実に自分を押さえつける威圧的な存在がいて、ストレスが溜まっている証拠でもあります。

その場合も、相手のようにはならないと、ポジティブな意味で学ぶと良いでしょう。

 

良いイメージの先生だった

運気上昇、チャンス到来、意欲的に活動できることを意味します。

 

先生に怒られる

何か後ろめたいことがある証拠。

自分が行った言動に不安や後ろめたさを覚えているのでは?

 

自分が先生になる

自己中心的になっていませんか?

 

生徒をまとめ、クラスで絶対的な権力を持つ教師。

自分が先生になる夢は、あなたが今、自分中心の視点で物事を見ているため、少し周囲の意見に目を向けなさいというアドバイスです。

 

学校で授業を受ける

真面目に授業を受ける夢は、あなたの意欲や知識欲が高まっており、新しい物事にチャレンジしやすい状況を意味します。

逆に授業を怠惰に過ごしている夢は、現実の問題から逃げたい、やる気がないことを意味します。

 

教室の座る位置にも注目

教室の前の方に座る夢は、毎日をきちんと規則正しく生活していることを意味します。

ルールやマナーを守り、真面目に過ごしていますが、少し自主性や積極性を出すと、さらに成果や充実感が得られるでしょう。

 

逆に、後ろの方に座る夢は、あなたが現実でのルールやマナーを軽く見ていたり、違反している証拠。

自分でも本当は気づいているのではないでしょうか?

改めていくことで、周囲の評価も改善されていくことでしょう。

 

同級生や友達が出てくる

クラスメイトは、現実におけるあなたの周囲の対人関係を意味します。

昔のクラスメイトは今の人間関係を反映しており、相手が同性の場合は友人を、異性の場合は恋愛における人間関係を意味することが多いようです。

 

夢占い「同級生」については、別途別記事にて。

 

卒業式に出る

人生における転換期を意味しています。

仕事や周囲の人間関係、移住など、環境が変わるかもしれません。

 

良いイメージの卒業式

良いイメージの卒業式でしたら、これからの人生が好機に恵まれ、問題が解決していくことを意味します。

特に、涙を流し、すっきりした印象が残るようなら大吉夢。

 

悪いイメージの卒業式

逆に悪いイメージだったり、卒業できないなどの夢は、環境が変わってもあなた自身の習慣や考え方が変化しないと、現実でも問題は解決されにくいことを意味します。

 

卒業証書

卒業証書は、現実におけるあなたの努力や成果の象徴。

それを貰うということは、あなたが自らの努力や成果を自覚しており、これからの人生にそれを生かしてステップアップできる証拠です。

 

卒業証書を渡してくれる相手の態度が好意的なものであったり、表彰されているなら、周囲にもその努力や成果は認められることを意味します。

 

文化祭の夢

文化祭の夢は、現実でも楽しい出来事や人間関係が舞い込むことを意味します。

楽しく準備をしている、イベントに参加する夢は、対人関係の上昇や交友関係が広がり、充実した日々が訪れそう。

 

逆に、文化祭が楽しくなかった、失敗するなどの夢は、対人関係で自信を持てていなかったり、社交的な性格になれないことへの不安や焦りを感じているようです。

 

学校をサボる

普段はマジメな性格の人がこの夢を見る場合、現実の問題や課題から逃げたいストレスを意味します。

夢の中でサボることで、ストレスを解消していると想像できます。

 

しかし、普段から逃げ癖があり、サボっている人が見る場合、深層心理ではそれらの行為を後悔している、後ろめたく思っている証拠。

現実ではサボらないようにすると、運気が開けていくでしょう。

 

まとめ

昔通っていた学校を夢に見る。

それは、現実の問題や課題をどう感じていて、どのように解決していくべきなのかを暗示しています。

 

まだまだ学ぶべきことが多くあり、それらを学んでいくうちに道が開けていくことでしょう。

 
 

 生活のコラム

 趣味のコラム