大人の急な高熱!何が何でも翌日下げたい人のための対処法

風邪?インフルエンザ?まさか知恵熱?大人の急な発熱、なんとかして翌日までに下げたいときの対処法を紹介。

執筆者: 鍋谷萌子
大人の急な高熱!何が何でも翌日下げたい人のための対処法

大人になると、風邪をひいてもなかなか寝ていられないこともあります。

もちろん風邪をひいたときは安静にし、会社を休み、子どもを家族に任せられるのが望ましいのですが、そうできないときはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、大人の急な発熱をなんとかして下げたいときの方法について模索していきます。

 

 

本当は、2~3日かけてゆっくりと治していくのがベスト!

「どうしても翌日までに熱をさげたい!」という気持ちは理解できますが、医師は「基本的には対処療法をしつつ、2~3日くらいかけてゆっくりと治していくのが一番よい」としています。

熱の出る原因はさまざまですし、熱は体の防衛反応の一種。

体が有害なウイルスなどと戦っているから起きるものであり、それ自体は極めて自然なことです。


そのため、「早めに病院に受診をして、薬をもらったり対処方法を教えてもらったりして、きちんと治していくこと」が重要です。

 

 

「それでも熱をすぐに下げたい」というときは?
ワキや首のまわりを冷やす

それでも熱をすぐに下げたいという場合は、ワキや首のまわりを冷やすのがよいとされています。

こうすることによって、熱を持ったリンパを冷やすことができます。

 

解熱剤を使う

なお、熱がひどすぎてまったく活動ができないという場合は、解熱剤を使いましょう。

解熱剤を使っても、風邪が長引くことはありません。

 

もちろん解熱剤を使ったからといって風邪そのものが治るわけではありませんが、対処療法としては極めて有用です。

 

インフルエンザのときの注意点

ただし、インフルエンザのときには使ってはいけない薬もありますから、判断がつかない場合はやはり病院に行った方がよいでしょう。

 

ちなみに、インフルエンザの場合は、汗をかくことでウイルスの弱体化を促すことができます。

ですが、汗をかいたままの状態だと逆に症状が重くなるので、汗をかいたときにはきちんと着替えをしましょう。

 

点滴は風邪の「万能薬」ではない

また、「点滴をしたらラクになった」という意見も聞きますが、点滴が風邪の「万能薬」なのかというとそうではありません。

 

たしかに点滴には体をある程度落ち着かせる作用や、体に水分を入れられるという効果はありますが、解熱効果自体は経口摂取タイプ(口から飲むタイプ)の薬の方がよいと言われています。

 

とは言え、点滴を打つとかなり気持ちがラクになりますよね。

「病は気から」という言葉がありますが、この「気持ちがラクになること」は風邪を治療するうえでも非常に重要です。

 

おわりに

人間の体からすぐに熱をなくすのはやはり難しいもの。
ただ、「どうしても」という時は、対処療法を駆使して立ち向かっていきましょう。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 生活のコラム