【心理テスト】口癖からわかる性格診断!無意識な口癖からあなたの性格がバレる。

口癖からあなたの性格を診断します。無意識に言っている口癖から、あなたの性格や心理状況がバレる!でも、だから、要するに、なんかね、まぁ、はいはい、だけど、いや、ていうか、マジで、なるほど、逆に、などそれぞれの口癖からわかる性格を分析しました。口癖からわかる性格をチェックしてみよう!

執筆者: 釘崎アンナ 職業:サブカル研究家

 

その口癖、性格がでちゃってます。

 

 

日常で無意識に言ってしまう口癖。

実は、性格と口癖には深い関係があったんです。

あなたの性格が、口癖からバレているかも!?

 

 

①なんかね

「なんか」=会話の接続として使っている傾向があります。

頭の中で話す言葉を考えている間、話しを繋ぐために発しているようです。

 

★マイペース

話しながらも自分のペースを保っているので、自由でマイペースといえます。

 

 

②でも

相手が発したことに対して「でも~」と返してしまうこの口癖。

否定する気はなくても、「でも」と付けることで否定的に聞こえてしまいますよね。

相手からも嫌な印象を抱かれてしまいます。

 

★ネガティブ気質

日頃から物事をマイナス思考に捉えがち。つい口癖となってでてきてしまっているようです。

 

→関連記事

会話前の「でも」を直したい!口癖「でも」の心理と直し方

 

 

③いや

こちらもまた否定的に聞こえてしまう口癖。
「でも」とは違い、意図的に否定的な発言をしている可能性も。

 

★プライドが高い

人に共感することが少なく、同調することが苦手なタイプ。

 

→関連記事

口癖の心理学。「いや」「まぁ」が口グセの人の性格って?

 

 

④~だけど・~けど

予定を聞くと「空いてるけど・・」、お願いをしてみると「いいけど・・」。

いいんだかダメなんだかよく分からなくなる口癖「~だけど」「~けど」。

 

★自信がない

自分に自信がなく、発言の中にも自信の無さが表れています。「~けど」と最後に予防策を張りがち。

★関わりたくない

あまり喋りたくない、距離を置きたい相手には「~だけど。(何か?)」という意味が込められていることも。

 

→関連記事

口癖の心理学!語尾に「~けど」をつける人の性格傾向と対処法

 

 

⑤だから

「そうじゃない!」「なんでわかってくれないの?」という苛立ちの表れ。

自己主張が強く、自分よりも目下の人に対して使う傾向があります。

 

★苛立ちやすい

自分が求めている内容と反した言葉が返ってくるだけで、イライラしてしまうようです。

 

 

⑥ていうか・てか

「ていうか」「てか」は、話のテーマを変える際によく使われる口癖です。

 

★かまってちゃん

唐突に使ったり、話し途中に挟んでくる場合は、注目してほしいという気持ちの表れです。若干のかまってちゃんかもしれません。

 

 

⑦要するに・要は

「要するに~」「要は~」と話をまとめて終結に導く口癖。

頭の回転が早く、理屈っぽい人に多い傾向があります。

 

★論理的

データに基づかない、根拠のない話が大嫌い。感情論を好まない性格。

★せっかち 

無駄な話を自らまとめることで、話を早く終わらせたいと思っています。せっかちな性格かも。 

 

 

⑧まぁ

「まぁ、いいんじゃない。」少し聞いて不快な気持ちになる口癖。

その気はなくても上から目線な発言に聞こえてしまいます。

 

★支配的

「まぁ」と短く付ける人は、自己中心的。会話を自分のペースに持っていきがちです。

★面倒くさがり

「まぁ」「とりあえず」「一旦」などその場をやりすごす意味で使う場合も。こういった人は面倒くさがりであるとともに、問題と向き合うことが苦手。

 

→関連記事
口癖の心理学。「いや」「まぁ」が口グセの人の性格って?

 

 

⑨はいはい

人の話に対して「はいはい」と返事。

聞いているのか聞いていないのかよく分からない、不安な気持ちになる口癖です。

 

★興味がない

とりあえず聞いている風の相づち感覚で使っている可能性があります。

★協調性がある

聞いているように装えるため、協調性があるといえます。

 

 

⑩マジで

さほど驚いているわけでもないのに「マジで」と言ってしまう。

近年増えた口癖の1つです。

 

★楽観主義

大したことない話にも「マジで」、問題に対しても「マジで」。どんな状況でも感情がブレない楽観的な性格といえます。

 

 

⑪確かに・なるほど

相手の発言に対して「確かに」と肯定することで、相手の気分が良くなる口癖。

「なるほど」も同類の口癖です。

 

★受け身

相手に同調している姿勢をみせて、トラブルなく、物事を円滑に進めたい平和主義タイプ。

 

 

⑫逆に

物事の裏を読み解く言葉として最近流行りだした言葉。

「逆に」という言葉を使うことで、視点を変えた話しを持ち出すのが特徴です。

 

★負けず嫌い

相手よりも上回っていることをアピールするために、違う視点で話を切り出す傾向があります。

★柔軟性がある

色々な視点で物事を考えられるので、柔軟性があり想像力が豊かといえます。

 

 

あなたがよく使う口癖はありましたか?

 

 

口癖には性格があらわれていた!

うざいと思われないように、印象の悪い口癖は早めに直した方がいいかも・・