「彼氏と喧嘩した…もう別れそう…」恋人とのケンカをプラスに変える、仲直りの3か条

仲の良いカップルでも喧嘩することもありますよね。彼と険悪なムードになってしまったときに考えたいことを3つ紹介。ケンカの仲直りができるだけでなく、より絆が強まるかも。

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
彼と険悪ムードになったら考えたいこと

付き合っていれば、相手と意見が食い違うことも出てきますよね。

そうした時に、穏便に話し合いができればいいのですが、時として口論に発展してしまうことも。

ですが、喧嘩って悪いことだけではないはずです。

もちろん、喧嘩をしている時は気まずいですし、「彼と合わないのかな…?」とふたりの関係を考えてしまうこともあると思います。

 

 

それでも、大事なのは喧嘩の原因と仲直りの方法です。

どんな人と付き合っても喧嘩はあるもの。

 

今回は、彼と険悪ムードになったら考えたいことをご紹介します。

その1 喧嘩は、相手のことを知るチャンス!
意見の食い違いは、あって当たり前

上記で触れたように、赤の他人と付き合っている以上、自分と考え方、価値観の違いはあって当たり前です。

 

もし、喧嘩の原因が些細な意見の食い違いにあるなら、「喧嘩をきっかけに、お互いのことをさらに知ることができた」と前向きに考えた方がいいかもしれません。

相手のことを知るきっかけは、デート、会話といったものだけに留まりません。

相手が気分を害したとき、どんな反応を取るのか。

恋人としてどうしてあげるべきか―。

 

そうした判断材料は、喧嘩をしなければわからないことですよね。

それこそ、喧嘩にならないための工夫、喧嘩になったときの仲直りの仕方も自然と見えてくるでしょう。

ぜひ意味のある喧嘩として捉えてみてください。

その2 彼への気持ちを大切に

喧嘩をすると、相手との相性や、彼との今後の関係を心配してしまう女性は多いと思います。

具体的には「彼とは合わないんじゃないか」「彼と付き合っていて、うまくやっていけるかな」と不安になるのが、まさにこれに当たるでしょう。

そんなとき大事にしたいのは、不安になる気持ちよりも、彼への気持ちです。

もし、喧嘩をしても彼との関係を繋ぎとめたいと思うなら、仲良くやっていくための意識を持ちましょう。

 

例えば、次のような点に心当たりはないかチェックしてみてください。

 

彼に甘え過ぎていないか

自分勝手になっていないか

ワガママになっていないか


自分に至らない点があるとわかったなら、喧嘩をきっかけに自分の身の振り方を改めることができるはず。
また「私、つい◯◯に甘えちゃうから、ごめんね」「これからも仲良くやっていきたいから、きちんと話し合おう?」と、前向きに彼と仲直りすることもできるのではないでしょうか?

 

その3 喧嘩の捉え方を共有できれば、絆が強まる!

できれば、こうした考え方をふたりで共有できると、喧嘩をしても不安になることが少ないと思います。

ふたりの関係を確かなものにするには、ふたりの間の絆(信頼感)を強くすることです。

 

同じ喧嘩の内容でも、信頼の置ける相手から言われた言葉と、そうでない相手から受けた言葉は、受け取り側の印象も違いますよね。

そうすれば、喧嘩の原因が大きくなってきても、最終的には相手のために許すことができて、ふたりの関係はどんどんと深まっていくでしょう。

おわりに

好きな人とケンカになると、慌ててしまい、そして悲しくなってしまう女性も多いでしょう。
そんな時は、こうしたポイントで喧嘩について考え、彼と仲直りができると良いですよね。

 

 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/

 おすすめ新着コラム

     生活のコラム