[イタリア在住の実体験]イタリアで多発するスリ・ひったくり事件!荷物強奪の手口と対... - Latte

  [イタリア在住の実体験]イタリアで多発するスリ・ひったくり事件!荷物強奪の手口と対処法

日本人観光客は要注意!イタリアで、スリ・ひったくりなどの軽犯罪がますます横行!どんな手口でやられてしまうのか、実際にあったケースを紹介。

執筆者: OTA YUKI OTA YUKI 職業:Enoteca Lombardi スタッフ/イタリア旅行アドバイザー
イタリアで多いスリ、ひったくりなどの犯罪手口と対処法

ヨーロッパに「戦争難民」と呼ばれる人々が流入し、経済的にも不況と言われているイタリアでは、ひったくりなどの軽犯罪がますます横行しています。

テロ対策の為、軍事警察が街角に立つ現在でも、なくなることはありません。


一体、どんな手口でやられてしまうのか、実際にあったケースをご紹介したいと思います。

 

 

CASE1 お祭り騒ぎの中で…

それは、まさに年越しのお祭り騒ぎの中で起こりました。

 

イタリアの年越しは、友人などと祝いの杯をあげるため、発泡酒を片手に街の広場に繰り出します。

知っている人も知らない人も、挨拶を交わしながら、街の中を闊歩します。

 

普段以上に人が溢れる街中では、すれ違う人とぶつかっても無礼講。

人々は新年が明けた喜びにあふれ、すれ違う人とハグしたり。

散々飲んで、楽しんで家路につくのです。

 

ポケットに入れてあったはずの携帯が…

さて、翌日。

ポケットに入れてあったはずの携帯が無い。

電話をかけてみても繋がりません。


楽しい宴の後の痛手は、予想以上に大きいことを後で知ることとなったのでした。

 

CASE2 夕暮れの通りで…

グンと冷え込むイタリアの冬は、ポケットに手を突っ込んで、寒さをしのぎながら歩きます。

 

ある日、小さな手提げバッグを腕にひっかけ、ポケットに手を突っ込んで、彼女は歩いていました。

一方通行の多い狭い道を、無断に駐車している車をよけて歩きます。

 

 

歩道に駐車している車を避けて、車道に出た瞬間!

それは、歩道を歩けない程の狭さで駐車している車を避けるように、車道に出た瞬間の事でした。

後ろからいきなり突き倒されたのです。

 

転ばないようポケットに突っ込んでいた手が、自然に体を支える瞬間、手提げバッグは強奪されたのでした。

相手は自転車に乗っていて、あっという間に去っていきます。

 

人の通りがある場所でも、この一瞬の出来事では誰も助けることは出来ません。

後で戻ってきたのは空になったお財布だけでした。

 

CASE3  夜遅くのひとり歩きで…

その日、彼女はいつもより遅く仕事を終え、家路につきました。

降りたバス停から彼女の家の玄関までわずか100m。

バス停からは見えるところにあります。

 

いつものように歩いている道。

不審に思うことはありません。

 

 

すると、ガツン。

突然、頭を後ろから殴られたのでした。

うずくまると、その瞬間、持っていたバッグを奪い取られてしまったのです。

 

CASE4 家に入ろうとした瞬間後ろから…

また、家に入ろうとした瞬間、後ろからひったくられる事がありました。

これは私が実際に遭った出来事です。

 

その日、日本から来た友人も含めて、楽しい食事を終えて帰る時でした。

日本からのお土産と小さな手提げポーチを片手に、良い気分で家路につく筈でした。

 

新築のアパートが建ち並ぶ、この辺りは煌々と電灯も灯っています。

外には、犬の散歩をしている人、ジョギングを楽しむ人たちが数人いて、それは普段とたいして変わらない光景でした。

 

何者かに、グイッと後ろから引っ張られて…

アパートの正面玄関を開け、一歩踏み出そうとした瞬間、私は何者かにグイッと後ろから引っ張られたのです。

突然の出来事でしたから何が何だかわかりません。

 

しばらく、引っ張り合いの後、ポーチだけをあっさり取られてしまったのでした。

「しばらく」と闘っている時は思いましたが、一瞬の事だったのかもしれません。

 私の手には、破れた友人からのお土産の袋しか残っていなかったのでした。

 

イタリアに長く滞在していても、こういう被害に遭うことがあるのです。
まだまだ、きっと他にも、キョーレツな体験をしている人たちがいるのでしょう。

 

荷物強奪の対処法

こんな強行な手口に、どんな対処をしたら良いのか?

それをちょっと考えてみました。

 

人混みの中に行く時には、貴重品を全部、持ち歩かない。

特に、夜の外出では、必要以上のお金やパスポートは持ち歩かない方がいいでしょう。

 

自転車やバイクでのひったくりには、無理な抵抗はしない。

取られそうになったバッグを離すまいと、引きずられて、大きな怪我をしたり、はたまた、命を
落とすことになったりする被害もあります。

取られるのは、悲しいですが、自分の身を守ることが一番だと思います。

 

夜遅くのひとり歩きはしない。

何かあっても、助けてくれる人や証人を見つけにくい、深夜のひとり歩きはやはり危険です。

遅くなった時には、少々高くついてもタクシーで帰るとか、友人と行動を共にするなどして、ひとりで行動することは出来るだけ避けた方が良いでしょう。

 

被害に遭ってしまったときのために。

旅行時には、パスポートやカード番号などを別に控えておくことも、後の処理で役立ちます。

 

おわりに

被害は突然遭うものです。

本人が大丈夫と思っていても、そうでない時もあります。

 

このコラムが、被害を未然に、あるいは最小限に防ぐために、少しでも役に立てれば幸いと思いつつ、自分自身も気をつけていきたい日々であります。

 関連エリア

 海外旅行のコラムランキング

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ