遠距離恋愛は"別れる"確率が高い!別れた理由・別れの原因7選。

遠距離恋愛は成功率がかなり低く、別れるカップルの確率が高い…。別れそうなイメージが強い…。恋人と会えない、連絡頻度が減る、お金がかかる、寂しい、浮気、他に好きな人ができたなど、遠距離恋愛で別れる原因・別れた理由をまとめました。

執筆者: 鈴木愛乃

 

遠距離恋愛は、別れる確率が高い。

 

 

大好きな恋人と遠距離恋愛となってしまった。

「私たちならきっと乗り越えられる」なんて思っていても、大半が別れてしまうのです。

遠距離恋愛で別れてしまう理由とは?

 

 

①会う回数が減ったから

 

 

はじめは月1程度で会っていたのに、徐々に2ヵ月に1度、3ヵ月に1度と頻度が減ってきた。

大好きな人であれば、無理をしてでも時間を作って会いに行くはず。

お互い自然に会う回数が減った、向こうがスケジュールを合わせてくれなくなった。

会う回数が減るということは、時間やお金を使ってまで会いたい存在ではなくなってしまったということ。

 

 

②連絡の頻度が減ったから

 

 

はじめは毎日連絡を取り合っていたのに、気がついたら1日置き、1週間に数通のやりとりのみにどんどん減少。

すぐに連絡を返してくれなくなったり、電話に出てくれなくなったり。

「今頃なにしているのかな?」と恋人の行動が気になることもなくなり、関心が薄くなってしまったようです。

恋人以外の心の拠り所を見つけてしまった、他に好きな人ができてしまったなどの理由が多いです。

 

 

③お金が掛かるから

 

 

会いたいとは言え、遠距離恋愛にはお金が掛かります。

距離が離れるほど交通費も跳ね上がり、たくさん会いに行けないのがリアルな悩みです。

交互に行き来していたはずが、自分からしか行かなくなった(相手から来なくなった)場合は別れが近いです。

お金を掛けてまで会いたいとは思えなくなったのでしょう。

 

 

④寂しさを解消することができなかったから

 

 

遠距離恋愛に寂しさは付きものです。

恋人に会えない寂しさを、友人との交流や趣味などで埋める努力が必要です。

会えない不安・不満が溜まり文句ばかり言う(言われる)ようになってしまった。

つい寂しくて代わりになる異性との出会いを求めてしまった。

寂しさと上手く付き合い、自分の時間として有効活用できないと、遠距離恋愛はむずかしいです。

 

 

⑤ネガティブ発言が増えたから

 

 

電話する度に、会う度に、ネガティブな発言ばかり聞くようになった。

会えない不安・不満を解消できず、やってはダメだと分かっていても恋人にぶつけてしまう。

遠距離恋愛では、お互いが癒しを与えられるようでないと長続きしません。

せっかく2人の時間を楽しみたいのに、暗い話ばかりでは会っても疲れるだけになってしまいます。

 

 

⑥浮気されたから

 

 

会えない状況の中では、相手の行動を監視することはできません。

「きっと大丈夫」「浮気なんてするわけない」と、遠距離恋愛は"信頼すること"で成り立っています。

そんなときに浮気の証拠を見つけてしまったら、信頼関係は崩壊します。

1度は許した(許された)としても、やはり信頼できずに別れるカップルが多いようです。

 

 

⑦他に好きな人ができてしまったから

 

 

恋人と会えない寂しさを埋めるために、色々な人と出会い交流していくうちに気になる人を見つけてしまった。

遠く離れている恋人よりも、近くにいる好きな人と過ごす時間の方が楽しく思えるようになってきた。

徐々に恋人への態度が冷たくなったり、連絡の頻度が減ったりしていくことでしょう。

長く付き合っている恋人を簡単に切り捨てることもできず、ダラダラとした関係に陥りやすくなります。

恋人よりも大切な人ができてしまったことが、遠距離恋愛の別れの理由にとても多いです。

 

 

遠距離恋愛の別れ方って?

 

 

遠距離恋愛の別れ方で多いのが「自然消滅」です。 

徐々に連絡の頻度が減り、会話の数が減ってきたなら、そのまま別れることになるでしょう。

連絡の頻度が減っているにも関わらず、お互い何も指摘しないようであれば、別れに同意していると考えられます。

 

 

会えないことによる不安・不満・寂しさが別れの原因だった。

 

 

恋愛において、やっぱり距離は大切。

会いたいのに会えないことによる不安・不満・寂しさが発端となって、別れにつながるのです。

遠距離恋愛を成功させるには、お互いが寂しさと上手に付き合うことが欠かせません。

 

CHECK!

 

 
 コラムニスト情報
 おすすめ新着コラム