飲み会続きでお金がない!飲み代の節約方法。「飲み会のお金は高いしもったいない」派もTRY

飲み会にかけるお金を少しでも安くしたい人の節約術!飲み会のお金が高いので「もったいない」と考えている人も、断らずに交際費節約を!

執筆者: 鍋谷萌子
飲み会続き!交際費を少しでも節約するコツ

忘年会から新年会、そして歓送迎会 ―― 楽しいものではありますが、同時にお金が出ていくのも事実です。
このようなとき、交際費を少しでも節約する方法はあるのでしょうか?

 

 

幹事になってカードで支払い、ポイントを貯める

飲み会のときに幹事を買って出て「カードで支払い、ポイントをゲットする」というのは、かなりお勧めの方法です。

 

確かにカードからお金は引き落とされますが、周りからお金を徴収することができます。

飲み会の人数は多くなることも多く、一回に出ていく金額も多いでしょう。

そのため、自分だけの買い物で使うときよりも、ポイントはずっとずっと貯めやすくなります。

この方法は、誰も傷つけないですし、皆からありがたがって貰えるという点でも評価できます。

「飲み会はしたいけど、幹事をするのは面倒だ」と思っている人も多いからです。

 

みんなから感謝されてオトクにもなるので、ぜひやってみてください。

クーポンを賢く利用して、飲食代を安くする

1と合わせ技で使えるのが、この方法です。

クーポンを利用することによって割引などが適用され、総合的に支払わなければならない金額を安くすることができます。

 

この方法の場合、食事の代金が10パーセント引きになったり、幹事1人分の飲食代がタダになったりと、かなり恩恵が大きいのも魅力です。

クーポンのあるなしはかなり大きいので、よくチェックしましょう。

ホットペッパーなどの冊子や、インターネットのグルメサイトのクーポンが使い勝手がよいと思われます。

また、福利厚生を利用すると、一気に料金が下げられるというメリットもあります。

「家飲み」も考慮に入れてみて

ある程度気心の知れた仲間での飲み会であるのなら、「家飲み」を提案するのも一つの方法です。

家で飲む場合は、お酒を持ち寄ったり、料理を持ち寄ったりすることで、コストを大幅に下げることができます。

後片付けの問題がありますが、これも皆で協力すれば問題ありません。

 

次のような条件をクリアできれるようであれば、家飲みの開催が可能です。

 

一軒家、もしくは防音がしっかりした家であること

ある程度の広さの部屋があること

料理や飲み物の用意ができること。

 

なお、料理ができなくても、各自で持ち寄ったり、デリバリーを利用したりしてもOK。
みんなでスーパーに買い出しに行くのも楽しいものです。

お腹一杯食べて飲んでも、3000円程度で事足りるでしょう。


ただ、家族がいる家で開催する場合は、家族にも気を使わないといけませんから、その点についてはご注意を。

 

おわりに

「家飲み」は、場所代や人件費がかからない分大幅に安くできるので、条件が合えばぜひ試してみてください。

楽しい交際だからこそ、お金の面でも気を付けていきたいものですね。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 お金・資産運用のコラム

  このコラムに関するタグ