その節約方法、実は無駄かも!節約下手がやりがちな”逆にもったいない行動”とは

節約下手がやりがちな間違った節約方法を紹介。少しでも安くあげようと頑張ったつもりが出費が増えていませんか?セルフチェックしてみましょう。

執筆者: 鍋谷萌子
節約下手さんがやりがち!間違った節約方法とは?

「節約してお金を貯めたい」というのは、だれもが思うこと。
ですが、その節約は、やり方次第では逆に無駄な出費に繋がるかもしれません。

 

そこで今回は、節約下手さんがやりがちな間違った節約方法をご紹介します。

セルフチェックしてみてくださいね。

 

 

「安いから」って、結局高くついてない?

節約をしようとすると、とにかく安い物を選ぼうとしてしまうもの。

もちろんこれ自体は間違いではありませんが、ちょっと気を付けてほしいことがあります。

  • 安いからといって、品質のあまりよくないものを買ってしまっている
  • 安いものを買うために、わざわざ遠いところまで出かけてしまっている
  • 安いからといって、食材を買いすぎて腐らせてしまっている


上の3つのどれかに当てはまるようなら、少し注意が必要です。

 

「安物買いの銭失い」ってこのこと…

消耗品、たとえば綿棒であるとかトイレの芳香剤であるとか、こういったものは安い値段のものでもそれほど気にはなりません。

 

ですが、洋服や調理器具など、値段によって品質が大きく変わるものは要注意。

これらはランニングコストを考えると、高いものの方が安上がりになることもあります。

 

遠くに買い物に行くより、近所で買った方が安いかも?

健康維持をかねて、遠いところまで歩いたり自転車に乗ったりして買い物に出る、というのはいい方法です。

ですが、「電車で出かける」「車で出かける」「自分の脚で出かけているけれど、ついついジュースなどを買ってしまう」という人は注意が必要です。

 

また、時は金なりと言います。

数十円のお得のために複数のスーパーを駆け回り、結局数時間のロスになっていると、節約自体が疲れてしまいませんか?

 

食べられる量だけ買おう!

最ももったいないのは、3つめかもしれません。

食材などを買いすぎて、余らせて腐らせてしまうというもの。

 

これは非常にもったいないですし、食材にも申し訳ない気持ちになってしまいます。

冷凍ができないものは、買う量を調整しましょう。

エアコン、つけたり消したりしてない?
エアコンをこまめに消すのはNG!

電気代を気にするあまり、家にいるときでも、エアコンを切ったりつけたりする人もいます。

実は、これは逆効果。

 

電気は稼働し始めたときに多く使われますし、下がってしまった(上がってしまった)室温を戻すためにも電力がたくさん消費されます。

そのため、少なくとも家にいるときは、ずっと同じ温度に保っておきたいものです。

 

テレビのコンセントも抜かなくていい

また、かつては「お出かけのときにはテレビのコンセントを抜くのが理想」と言われていましたが、現在では「そのままでもよい」とされています。

 

現在はテレビも優秀で、待機電力があまり使われなくなったからです。

コンセントを抜くことで、録画機能なども動かなくなってしまうので、そのままにしておきましょう。

 

おわりに

せっかく節約モードで頑張ったつもりが、結局出費が増えてしまったらショックですよね。
無駄な努力をせずに、賢く節約してお金を貯めましょう。

 
 コラムニスト情報
鍋谷萌子

フードコーディネーター・フードアナリスト・コムラードオブチーズの資格を持ち、200件を超える食事系記事を手掛けてきました。
「速い・安い・おいしい」の料理記事、お任せください。
また、美容関係の記事も4000記事以上、福祉・医療・健康の分野でも各500記事以上のライティング経験を誇ります。
IT・骨董品・不動産(建築)・葬儀にも明るく、さまざまな質問にお答えすることができます。


ブログ:【記事屋】猫の手も借りたい
http://nabemoe-witer2012.seesaa.net/

 

 生活のコラム

 お金・資産運用のコラム