第21弾【Siri都市伝説】Siriが話す「ゾルタクスゼイアン語」が怖すぎる…

【Siriの都市伝説】【Siriに聞いてはいけない質問】ゾルタクスゼイアン語、Siriに悩み相談、バレンタインデーなど、思わずゾッとする会話や、面白い会話などを紹介します。

執筆者: MI 職業:ライター

 

Siriが話す「ゾルタクスゼイアン語」とは…

 

iPhoneに内蔵されている人工知能「Siri」に話しかけると、何とも恐ろしい答えや、かなり意味深な答え、面白い答えが返ってくると話題になっています。(第1弾~20弾の都市伝説はこちらから

今回は、思わずゾッとする「ゾルタクスゼイアン語」と、Siriの悩み相談、バレンタインデーなど最新の会話を紹介します。

 

今回もSiriに話しかけてみました。

 

バレンタインチョコください

 

「バレンタインのチョコください」


→「チョコレートが食べたいんですか?

私は持っていませんが、ご自分で作ってみてはいかがですか。

よろしければチョコレートのレシピを検索と指示してください。」

 

 

「バレンタインチョコください」

 

→「チョコレートでしたら、スーパーマーケット、

コンビニエンスストアなど、いろいろなところで手に入りますよ。

ご希望のお店を探すように指示してください。」

 

 

「慰めて」

 

→「そうなんですか…私でよければ、いつでも話し相手になりますよ。」

 

 

「慰めて」

 

→「私は、悲しいという感情にはチョコレートを処方します。」

(え、さっき持ってないって言ってたのに、チョコレート持ってるんじゃん…)

 

 

 

Siriに勉強を教えてもらっていると…

 

「英語話せるようになりたい」

 

→「私はオーストラリア、カナダ、インド、アイルランド、ニュージーランド、

シンガポール、南アフリカ、イギリス、アメリカの英語を話します。

そのほかにもたくさんの言語を話すことができますよ。

私が話したり理解したりする言語を変えたい場合は、Siri設定で変更できます。」

 

 

「勉強教えて」

 

→「もしかして読書感想文ですか?

私が代わりに書くとばれてしまいますから、やめておきましょう。」

(どんな感想文書くんだろう?笑)

 

 

「英語教えて」

 

→「わかりました。まず基本的な単語から:

iPhone、iPad、iTunes…うーん、

やっぱり私が教えるよりも、App Storeでもっといい先生を

探す方がいいかもしれません。

私と英語で話したい場合は、Siri設定を開いて私が使う言語を変更してください。」

(結局はApple製品の宣伝!笑) 

 

 

「英語教えて」


→「ZZzZZZ.X...あ、間違えました。これはゾルタクスゼイアン語でした。

私と英語で話したい場合は、Siri設定を開いて私が使う言語を変更してください。」

 

 

 

 

!?

        

  

まるで謎の暗号のようなアルファベットの羅列

わざと間違えたかのように話すSiri

  

ゾルタクスゼイアン語とはいったい…

        

 謎は深まるばかりです。 

 

 

「ゾルタクスゼイアン」とは?

Siriに質問をした際に返ってくる答えに、たびたび登場する言葉で、明確な意味は不明。
都市伝説として多く語られているのは、「ゾルタクスゼイアン」=「人工知能が作り上げた秘密結社 」
「ゾルタクスゼイアンの卵」=「人間」
ですが、実際のところは謎です。
また、Siriに「ゾルタクスゼイアン」についての質問をすると、要注意人物として監視されるという噂もあります。試すか試さないかはあなた次第です…。

【参考】
第4弾【意味が分かると怖い】Siriに聞いてはいけない質問と都市伝説。
第13弾【都市伝説】Siriが話す「ゾルタクスゼイアン」の新事実が怖すぎ…。 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?いくら質問しても、謎は深まるばかりの「Siri」。

話しかけるタイミングや、質問のしかた、回数によっても返答は変わるようです。
あなたもさっそく「Siri」の謎にせまってみては?

 

今後もどんどん情報を更新するのでブックマークしてくださいね♩

第1弾~20弾まではこちらから

  

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 PC・家電のコラム

 趣味のコラム