"普通蒸し煎茶・深蒸し煎茶・釜炒り茶"の違いと特徴(製法・茶葉の形・お茶の色・味)

日本茶の代表とも言える「煎茶」の主な3種を紹介。「普通蒸し煎茶」「深蒸し煎茶」「釜炒り茶」の特徴(製法・茶葉の形・お茶の色・味)をそれぞれ、見ていきましょう。お気に入りはどの煎茶?

執筆者: 柳澤ゆり子 職業:日本茶サロン主宰/日本茶アドバイザー/煎茶道師範
煎茶の中の代表的な3種を紹介

こんにちは、「季節の和菓子と楽しむ日本茶茶論(サロン)」主宰の柳澤ゆり子です。

 

近年、日本茶が世界的に大ブームとなっているそうで、日本茶を特集した雑誌もよく目にするようになりました。
そんな日本茶の代表とも言える「煎茶」ですが、一言に煎茶と言っても様々な煎茶があることをご存知ですか?


今回は、その煎茶の中の代表的な3種をご紹介します。

 

 

普通蒸し煎茶

摘みたての茶葉を蒸気で蒸して発酵を止め、揉みながらまっすぐに伸びた形状のお茶にしたものです。

日本茶の中で最も飲まれており、全生産量の80%を占めると言われています。


産地や季節で味わいは違いますが、日本茶の持つ「香り」「旨味」「渋味」といった特徴をバランスよく配する優等生で、一番身近な煎茶と言えるでしょう。

 

お茶の水色は、薄い黄緑色です。

煎茶って、皆さんが思っているよりも実は黄色なのです。

 

 

深蒸し煎茶

一般的な煎茶より長時間蒸すため、香りは弱いのですが、渋味が抑えられ、濃厚なコクのある味わいになります。

静岡で開発された製法で、関東エリアでは人気のお茶です。


蒸し時間を多めに取ることで茶葉が細かいので、短時間で抽出でき、お茶の水色も緑色が濃い目に綺麗な色となり、味もまろやかになる点が好まれる所以です。

 

茶葉が細かいために急須が目詰まりすることがありますので、茶こしを使用すると良いでしょう。

 

 

釜炒り茶

中国から北九州地方に伝えられた製法で、一般的な煎茶が「蒸す」ことで発酵を止めますが、蒸す代わりに「炒る」ことで発酵を止めて作られる煎茶が「釜炒り茶」です。

 

宮崎県・熊本県・佐賀県などが主な産地で、入手は簡単ではありませんが、見つけたらぜひお試しになってみてください。
炒ることで発生する独特の香ばしい香りが特徴のため、蒸し煎茶より香りが高く、味は渋みや苦みがなくさっぱりしています。

 

水色は蒸し煎茶より黄色みが強く、黄緑というより、山吹色に近い色となります。

また、茶葉はコロコロと丸まった可愛らしい形をしています。

 

 

おわりに

一言に「煎茶」といっても様々です。

産地や茶葉の種類によってももちろん違うのですが、今回のように製法の違いによっても味や香りが違ってきます。
ぜひ、様々な日本茶をお試しになり、ご自分のお好みのお茶を見つけてくださいね。

 
 コラムニスト情報
柳澤ゆり子
職業:日本茶サロン主宰/日本茶アドバイザー/煎茶道師範

自宅サロンにて「季節の和菓子と楽しむ日本茶サロン」及び「風呂敷塾」主宰。
身近な日本茶や和菓子・風呂敷から、四季のある日本で暮らす幸せを再認識して頂けたら♡と思い「美味しく楽しく美しく♪」をモットーに活動中。

煎茶道師範としても(まだまだ駆け出しではありますが)お稽古をさせて頂いております。ふろしき研究会所属。

ブログ:柳澤櫻園の『和の茶論(サロン)』かまくら http://wanosalon7.exblog.jp

 

 グルメ・レストランのコラム

 生活のコラム