空気が読めないKY女子め!「気遣い下手」と思われる女性の特徴3つ

気遣いができないと思われてしまう女性の特徴を紹介。気が利く、気遣い上手な女性になるために必要なこととは?気配りのできる女性は、職場での好感度が上がったり、プライベートでモテたりすること間違いなし!

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
自分優先、周りの空気を読むのが苦手な「気遣い下手女子」の特徴

あなたは気遣い上手なほうですか?

それとも気遣いベタですか?

 

よく「気遣い上手な女性はモテる」と言いますよね。

その話を聞いて、気遣い上手な女性になりたいと思う女性は多いでしょう。

ですが、思ったところで何をどうすれば気遣い上手になれるのか、ピンと来ない女性もいるのでは。

そこで今回は、気遣いベタな女性の特徴を挙げながら、少しでも気遣い上手な女性になる方法を探ってみたいと思います。

 

 

周りの空気が読めない
相手が何をしたがっているのか、察する力をつけよう!

気遣い上手な女性は、常に周りを観察しています。

あの人がいま何を考えていて、あの人はいま何を思ったのか、注意深く相手の行動を見ているのです。

そうしたことを無視して「え、私それイヤだ~!」と場違いな発言をしたり、わがままを言ったりすると、「この子は空気読めない」という印象を持たれてしまうのも無理はないでしょう。

 

好き嫌いが多い人、特に自分の好き嫌いをわざわざ発言してアピールしてくる人は、わがままで周りをコントロールしようとしています。

 

ワガママな性格にイラつく!好き嫌いが激しい人との上手な付き合い方を、臨床心理士が解説


親しい友達同士でも、これをやってしまうと相手はかなり気を遣います。

特に仕事場・初対面同士では、相手が何をしたがっているのか、気を配ってみてください。

相手が自分より目上で年上ならなおさら。

相手がしたい行動の二歩先を読むくらいで配慮できると、「この子は気が利く」という印象を持たれると思います。

 

自分から進んで行動ができない
受け身モードはNG!

気遣い上手な女性は、自分から率先して行動できます。

反対に気遣いベタな女性は、常に受け身モードで、自分から行動することができません。

 

自分の普段の生活を振り返ってみてどうでしょうか?

 

気が利く女性を見習って、率先して動いてみること

周りで気が利く女性がいたら、ぜひその人を見習って行動してみましょう。

気が利く女性になりたいと願うなら、「得意じゃないから…」「できないから…」と言い訳をするのはやめましょう。

 

頭でアレコレ考えるのではなく、まずは「私やる!」と主張することです。


友達との遊ぶ時も「じゃあ、◯◯する?」「予約してみるね!」と率先して呼び掛けて、気が利く女性を目指してみて。

 

笑顔が欠けている

気遣い上手な女性は、フットワークが軽いです。

フットワークの軽さは、前向きな気持ちが原動力になります。

普段からポジティブ思考を大事にしましょう。

 

話しかけづらい雰囲気の人は「気遣い上手」には見られない

いきなり実践するのが難しい方は、とにかく笑顔を心掛けること。

無表情ではキツイ印象を持たれてしまいます。

 

優しい雰囲気を自分から出していき、親し気な印象を周りに与えられるよう、意識してみましょう。

いくら気遣い上手でも、話しかけづらい根暗っぽい雰囲気では、気遣い上手とは思われにくいですからね。

 

ブスの25箇条
1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.目が輝いていない
5.精気がない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることをしらない
10.声が小さくイジケている
11.自分が最も正しいと信じている
12.グチをこぼす
13.他人をうらむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人を嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなくゴウマンである
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことにキズつく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.存在自体が周囲を暗くする

 

ブス度チェックしてみて!宝塚「ブスの25箇条」から学ぶ、内面美人のメソッド

 

おわりに

恋愛は、初対面時の印象が大事です。

「あの子、気が利くし、キレイだし、かわいいよ」という印象を抱かれれば、男性はあなたのことを放っておかないでしょう。

また、こうしたポイントは年齢を増してくると、さらに大切になってきます。

ぜひ年齢を重ねても素敵な女性になるために、気遣い上手な女性を目指してみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/

 

 生活のコラム

 恋愛のコラム

 ビジネス・経済のコラム