恋愛で後悔する女性の特徴は「もっといい人がいるかも」という心理!彼氏と別れる前にチェック (1/2)

今の彼氏よりもっといい人がいるかも…と思って別れたのに、元カレと別れなければよかったと思う女性は意外と多い。付き合っても別れる・破局を繰り返し、恋愛タラレバで後悔する女性には「もっと良い男性との出会いがある」という心理があるのかも。次の恋愛を成功させる秘訣とは?

執筆者: LATTE COLUMN

 

「~してれば」「~してたら」って、恋愛タラレバで後悔ばっかり…。

 

 

話題の漫画・ドラマ『東京タラレバ娘』より、一気に浸透した「タラレバ」という言葉。

タラレバとは、「あの時~してたら」「あの時~してれば」と、人生や恋愛において後悔の言葉を口走ること。

 

株式会社エムスタイルの「健康美人(http://b-h.jp)」による、「「タラレバ」どこまで共感できる?」の調査結果が、女性なら思わずあるあると唸ってしまうものばかり。

あなたも"恋愛タラレバ思考"になっていないかチェックしてみてください。

 

 

「キレイになったら、もっと良い出会いがある」と思ったことはある?

 

「キレイになったら、もっと良い出会いがある」と思ったことはある?
・ある(79%)
・ない(21%)

 

なんと約8割の女性が、容姿や内面が美しければ、もっと良い出会いがあるのでは?と思っている結果に。

キレイな容姿になることで、安定した職の男性や、高収入の男性、自分好みのルックスの男性など、理想の男性と出会う可能性が高くなると思ったことがあるそうです。

キレイになったら、もっと良い出会いが"ある"」と回答した女性は、自分の容姿を客観的に判断し、どこかで妥協してしまっているのかもしれません…。

 

 

「あの人と別れなければ…」と思ったことはある?

 

「あぁ、あの人と別れなければ…」と思ったことはある?
・ある(62%)
・ない(38%)

 

喧嘩や価値観の違いなど、不満の積み重ねで別れを選ぶことはもちろん、他に好きな人ができた、もっと他に素敵な男性がいるかもしれないと目移りしてしまって別れるなど、別れの理由は女性それぞれ。

約6割の女性が、過去に付き合った男性に対して「あの人と別れなければ…」と後悔した経験があるとのこと。

もっと良い男性がいるはずだと思って別れたはずなのに、別れた後に元カレの存在の大きさや優しさ、さらには男性としての価値に気づかされることも…。

1つ1つの恋愛に真剣に向き合い、後悔のない付き合い方を心がけたいですね。

 

 

「好きになれれば、結婚できる」と思ったことはある?

 

「好きになれれば、結婚できる」と思ったことはある?
・ある(55%)
・ない(45%)

 

学生時代や若い頃は、見た目だけで好きになったり、色々なことを知っている大人な男性を好きになったり、何かきっかけがあれば好きになることのハードルはそこまで高くなかったはず…。

ですが大人になると、「好きな人ができない!」「どうやったら好きになれる?」といったように、好きになる方法を見失ってしまう女性が多いように思えます。

それは恐らく、結婚に対する現実味や男性に求める条件が具体的になってきたからではないでしょうか。

好きになれれば、結婚できる」と思っていながらも、好きになるまでがむずかしいんですよね…。

 

 

昔振った男性に対して「あの時付き合っていたら…」と思ったことはある?

 

「あの時付き合っていたら…」と思ったことはある?
・ある(48%)
・ない(52%)

 

約半分の割合で、過去に振った男性に対して「あの時付き合っていたら…」と思ったことがあるようです。

恋愛に悩みを抱えていたり挫折した時に、昔振った男性が魅力的になっていることを知ったら後悔してしまうかもしれませんね…。

「あの時」は魅力を感じず、「今の姿」に魅力を感じているので、過去に振った男性を魅力的にしてくれたのは、他の女性の力かもしれません。

そう思えれば、後悔の気持ちが和らぎそうです。

 

 

女友達と集まると「~してれば」「~してたら」という話になる?

 

女友達と「~してれば」「~してたら」という話になる?
・なる(69%)
・ならない(31%)

 

やっぱり女子はタラレバ話をしてしまうという結果に。

「あの時~してればなぁ」「あの時~してたらこうなってたのに」など自分の後悔を語りながら、「わかるよ~私もさ」と共感してもらうことが安心につながります。

男性からしてみれば、愚痴っぽく聞こえてしまうかもしれませんが、女性にとっては共感し合える話題の一つとして、つい無意識にタラレバ話をしてしまうのかもしれません。