恋愛慣れしていない男性へ!好きな女性の気を惹く、3つのアプローチ方法

恋する男性必見!好きな女性の心をつかむ効果的なアプローチ方法を紹介。彼女との距離を縮めるための3ステップや、女の子が誘いに乗りやすい誘い方を学んで、片思いを卒業しましょう。

執筆者: 雪見かおる 職業:ライター/コラムニスト
好きな女性の心を掴む、効果的なアプローチ方法

好きな人ができたら、あなたはどうやって彼女との距離を縮めますか?

今まで恋愛経験が少なく、異性との接し方に慣れていないと、アプローチをするにも不安になってしまうでしょう。

とは言っても、頭で考えているよりも、まずは行動です。

相手を見ているだけの状況では、一向に相手との距離は縮まっていきませんからね。
今回は、好きな女性の心をつかむ効果的なアプローチ方法をご紹介します。

 

ERIKA AKIYAMA/DECO

 

STEP1 声をかけることから始めよう
まずは、挨拶を交わす関係に

まずはひと声、相手との関係に応じて声をかけてみましょう。

たとえば、仕事関係者なら「お疲れ様です!」と、ひと言挨拶を交わす仲になるだけでも一歩前進ですよね。


すると、相手にあなたの存在が目に留まるので、脈アリならそれだけでも気になる対象として見られるかもしれません。

 

次に、会話の中で共通点を探る

言葉を交わす関係になれたら、話題はなんでもいいので、相手と会話ができるといいですよね。

仕事関係者なら、たとえばこんな風に聞いてみましょう。

 

  • 「今どんな仕事しているのですか?」
  • 「最近なにかハマっていることありますか?」
  • 「お昼はどんなもの食べました?」

 

質問の狙い目は、お互いのなかで共通点を探ること。

共通の趣味を持っていれば話が弾みやすく、距離も縮まりやすいですよね。

出身地が近い、好きなドラマやタレントが同じ、甘いものが好物など、共通点はどんなに些細なことでも構いません。

 

●関連コラム

会話が続かない人はTRY!初対面でも"自然と"話が続く3つの方法

 

女性も、まんざらでもない気持ちに

また、このように男性から積極的に話しかけること自体が効果的です。

女性にとっては、それが嬉しいのです。

相手に好意を持たれ、口説かれることに楽しさを感じ、それが相手のことを気になるきっかけになることもあるからです。

STEP2 ある程度話す間柄になったら、飲みや食事に誘う

顔が覚えられて、ある程度話す間柄になったら、今度は飲みや食事に誘ってみましょう。

 

誘うときのポイントは「さり気なく」

いきなり「今日、飲みに行かない?」と誘っても、相手は構えてしまうので、話が尽きないときや話が盛り上がったところを狙うのがポイント。

 

  • 「飲みに行きます!?」
  • 「お腹空きましたよね~。何か食べに行きますか?」

 

また、初めは相手も緊張するでしょうから、長時間の食事や飲みはしないように。

あくまで3時間程度、またはランチですと気軽ですので誘いに乗ってきてくれます。

 

相手が乗り気でない場合、無理強いするのはNG!

相手が消極的なタイプなら、ムリに誘ってしまうと引かれてしまう可能性があります。

相手の調子に合わせて、「じゃあまた今度行こう!」と一歩引くことも大事です。

STEP3 実際に食事に行ったら…
食事は、初めは奢るか多めに支払ってあげましょう

賛否両論ありますが、なんだかんだで相手に奢ってもらえると、女の子は嬉しくなります。

 

「私のことを女性として大事に扱ってくれた」と感じられ、好感度アップに繋がる可能性が高いようです。

中には「気を遣うから」と奢りを拒否する女性もいますが、第一回目くらいは大目に支払って間違いはないでしょう。


あくまでも奢ってあげた態度をひけらかさず、スマートにさり気なく行動ができるといいですね。

 

恋はアタックしなきゃ始まらない!

振り返ってみると、いたって基本的なパターンですよね。

ですが、人間関係はあれこれ小癪な技を使うより、ストレートに好意を示し、相手の反応を見て、嫌がることをせず、適度に距離感を保つ。これに尽きます。

 

すべてがこの手順通りに進むとは限りませんが、少なくとも恋はアタックしてなんぼです。
自分の好意を相手に見せられるよう、どんどんと恋を前向きに楽しんでいきましょう。

 コラムニスト情報
雪見かおる
職業:ライター/コラムニスト

はじめまして。
Webメディアのニュース記事を執筆しています、雪見かおるです。

小さいころに男女のあり方について疑問を抱いて以来、「性別ってなんだろう?」「人を好きになることってどういうこと?」と、あれこれ思いを巡らせてました。

真面目に考えると頭がパンクするので、適度にゆる〜く世の中のまかり通っている恋愛、ジェンダー論について検証していきたいと思います。

よろしくお願いします。

ブログ:http://airbook431.blog.fc2.com/