• FASHION NEWS2014/07/10

パリでの日本企画展に「サカイ(sacai)」「ビームス(BEAMS)」など100を超える日本ブランドが参加

パリの老舗百貨店ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュが、2014年8月30日から10月18日まで衣・食・住・アートにまつわる日本を紹介する「ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ」展を開催。

 

画像上・「サカイ(sacai)」×「ギズモビーズ(Gizmobies)」、画像下・ポケットがポーチになって折りたたむことが出来るカプセルコレクションのカーディガン


メインゲストに、ベネッセアートサイト直島と建築家・安藤忠雄氏、「サカイ(sacai)」を迎え、「ビームス(BEAMS)」や「ディーアンドデパートメント(D&DEPARTMENT)」、「東急ハンズ」などがポップアップショップとして登場するなど、100を超える日本ブランドが参加する。今回ボン・マルシェの3階部分に、安藤忠雄氏が設計を手掛けた直島の建築を再現し、直島を体感いただける空間が出現。エコールブール国立工芸学校の学生によって再現された直島における安藤建築の模型に、映像・ライト・音を駆使。また、スクリーンでは、ベネッセアートサイト直島の開発を指揮した福武總一郎氏と安藤忠雄氏の出会い、現代建築の天才・安藤忠雄氏の作品を発見する旅が幻想的に繰り広げられる。ハイブリッドなスタイルでファッションの世界を魅了している「サカイ(sacai)」デザイナー阿部千登勢は、ウィメンズの「サカイ(sacai)」、「サカイ ラック( sacai luck)」、メンズの「サカイ(sacai)」の秋冬コレクションとともに、今回のためにデザインされたカプセルコレクションと限定アイテム(ウィメンズのみ)を「サカイ(sacai)」が考える空間で披露。カプセルコレクションは異素材の組み合わせを取り入れたカーディガン、パーカーなど5型で、ポケットがポーチになり収納して持ち歩くことができるポケッタブル仕様のデザイン。そして限定アイテムでは東京ベースのアーティストやブランドとコラボレーションした様々なアクセサリーやグッズが登場。

 

 「サカイ(sacai)」らしい配色やグログランテープを使用した「ポーター(PORTER)」とのコラボレーション。 

 

今回のル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ展で唯一、ファッションからライフスタイルまでトータルで提案するセレクトショップとして参加する「ビームス(BEAMS)」は、会場内でフランスでは初となるポップアップストアを展開。日本の職人技や東京のカルチャーを感じさせる限定商品もリリース。

 

画像左上・「一心堂本舗」歌舞伎フェイスマスク、右上・「東急ハンズ」世界最高品質とも言われる”ツバメノート”と東京スカイツリーのコラボノート、画像右下・世界で活躍するデザインオフィス「nendo」と西武・そごうが共同開発するブランド「バイエヌ(by | n)」、左下・「ディーアンドデパートメント(D&DEPARTMENT)」ロングライフデザインをテーマに、日本で長く作られ、使われている普遍的なデザインの生活用品を選定。

 

 【イベント概要】

ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ展(Le Japon Rive Gauche)

開催期間:2014年8月30日から10月18日

場所:ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュ(Le Bon Marché Rive Gauche)

所在地:24, rue de Sèvres 75 007 Paris FRANCE
電話番号:+33 1 44 39 80 30

GALLERY

Tagブランド・ショップ・メーカー関連タグ

Tag関連タグ

関連ニュース

NEW Column