城崎温泉にて、ゆっくりと温泉につかる! - Latte

城崎温泉にて、ゆっくりと温泉につかる!

  • 旅行期間: 2018/03/01 ~ 2018/03/02
  • 作成日:2018/03/05 16:58
/static/img/space.gif
大阪からコウノトリ5号で約3時間の旅、暖かくなりましたが所々雪が残っていました。城崎温泉の老舗「山本屋」に一泊しました。
2018
31
2018
32

JR城崎温泉駅に到着!

 時間があり先ずは、奥の温泉寺へ

 立派な山門が

 温泉寺は千三百年の昔(養老年間)に城崎温泉を開いた道智上人により開創された古刹です

 本堂へ、かなり雪が残っていました



 あちこちに足湯が

こちらは城崎温泉元湯です


 駅舎温泉 さとの湯

 湯楽旅館・湯楽は、厳選した食材を「競り」に立ち仕入れる旬のお料理が人気です

 朝市広場です、

 カニ蟹かに


 湯楽旅館


 お土産を

 木屋町小路は、個性豊かな10店舗が集合した癒しの空間で、街歩きの途中に立ち寄るのにぴったりの場所です。


弓形橋

温泉街の中心を流れる大谿川にはレトロな橋が架かっています。

一の湯

海内第一泉と言われたほど、その泉質は評価の高い温泉です。 ここの温泉の特長は、洞窟風呂。

七つの外湯は一の湯、御所の湯、まんだら湯、地蔵湯、

鴻の湯、柳湯、さとの湯

 麦わら細工伝承館

 温泉街並み

 一番大きな一の湯

 江戸中期温泉医学の創始者後藤艮山の高弟香川修徳がその著「薬選」の中で当時新湯といったこの湯を、天下一と推賞したことから名づけられた。

 弓型橋 

 上流の大橋から、愛宕橋、柳湯橋、桃島橋、弁天橋の弓形橋群はすべて鉄筋コンクリートでつくられた橋である。

 温泉街並み

 老舗旅館 山本屋に泊まりました

 一泊して朝豊岡に




  • ※ボタンを押すとコメントを投稿します。
 

 旅の地図

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ