2014FIFAブラジルワールドカップ クイアバ編 - Latte

2014FIFAブラジルワールドカップ クイアバ編

  • 旅行期間: 2014/06/12 ~ 2014/06/27
  • 作成日:2015/05/07 21:34
/static/img/space.gif
「一生に一度は行きたい」という4年に一度あるサッカーの祭典
FIFA World Cup2014 BRASILへサッカー好きな母と二人で行きました。
2014
621
2014
622
2014
624
2014
625

ナタルを深夜に出発しブラジリアを経由して昼前にクイアバに到着。


ホテルはMATO GROSSO PALECE(マト グロッソ パレス)

市街地にあり部屋からは街が見えました。


翌日クイアバの街を散策。

教会に入りました。



こちらは美術館で、無料開放してました。



シャッターが降りてるのがわかると思いますが、ブラジルは日曜日はお店であっても営業はしていません。

忘れてました(笑)


一軒だけ営業しているお店があったのでカップラーメンを買ってみました。


試合当日の朝、見事な快晴でした。


キックオフは17時、またまた日本人サポーターと共にバスでスタジアムへ移動します。

ホテルのロビーでバスを待っていると、同じホテルに宿泊しているコロンビアサポーターが一緒に写真を撮ろうと声をかけてきました。

試合では敵ですがこういった交流が出来るのもW杯ならではです。



グループステージ最後のスタジアム、Arena Pantanal(アレーナ パンタナール)に到着。


コロンビアのゴール裏だったので周りはコロンビアサポーターばかり…

ですが、全力で日本代表を応援しました。


が、試合結果は4-1で日本はグループリーグ敗退となりました。

終わったんだ、と呆然とピッチを見ているとコロンビアサポーターや現地ブラジルサポーターが写真を撮ろうと言ってきて撮影会状態になりました(笑)

一人のコロンビアサポーターの女性がハグをしてきて、背中をトントンとした瞬間泣きそうになりました。

試合が終わった後は敵も味方もなくなりお互いのチームの健闘を称えました。


ブラジル渡航前は危険だと聞かされてましたが、自分で気を付けていれば何の問題もありません。

金目の物を身に着けない、ファヴェーラ(スラム街)に近寄らない、荷物から目を離さない、どこの国に行っても同じだと思います。

レシフェ、ナタル、クイアバと3都市を訪問しましたが、お世話になったガイドさん、ホテルの従業員、タクシーの運転手、商店のお父さん、スタジアムのスタッフ、現地サポーター、皆陽気で楽しく笑顔が多い人達が居ました。


おまけ

ブラジル国内の移動でお世話になったタム航空


マットはどこの空港もピッチ柄

  • ※ボタンを押すとコメントを投稿します。
 

 旅の地図

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ