2度目の修学旅行 レッツ!トルコ - Latte

2度目の修学旅行 レッツ!トルコ

  • 旅行期間: 2014/10/25 ~ 2014/10/29
  • 作成日:2015/05/18 14:49
/static/img/space.gif
行き先は、航空券の安さと世界遺産が豊富で見所いっぱいのトルコに決定。
仕事の関係でたった5日間だけなので、イスタンブールのみを満喫。
食べて、遊んで、騙されて。
外見はおばちゃんだけど、気持ちだけは学生時代に戻って思いっきり楽しみました。


2014
1025
2014
1026
2014
1027
2014
1025

関西空港からイスタンブールまで、トルコ航空で約13時間。

この時のCAさんと意気投合して、その後イスタンブールのCAさん家にお邪魔して夕食をご馳走になるという、嬉しいハプニングでおばちゃん修学旅行は始まった。




翌朝、目にしたのはガイドブックで見たイスタンブールと言えばこれ!

『ブルーモスク』

青空をバックにそびえるミナレットと青いタイルが美しい。


その後は足取りも軽く、『トプカプ宮殿』へ見学に。

宮殿へ入るなり、警備のトップだというおじさん(これは本当だった)が「案内してやるからついて来い」というので、ガイド料が無料なのを確認してお世話になる。



一生縁のない数々の宝石や金銀の宝物や、裏庭から眺める絶景のポスポラス海峡など、見所は多い。

見学が終わると「一緒に夕食をどうか?」と言われて、散々案内してもらって断りにくいムードに負けて、じゃあ一緒にという事になった。



夜に再度待ち合わせをして、車で港近くのレストランに連れて行かれ、言葉が分からないのを良いことに5皿全て魚料理を注文された。

ものすごく魚好きのおじさんらしく幸せそうに食べているが、私達はその後当分魚は見たくもないほど、うんざり。

食事代は安かったもののおじさんは全く払う気が無く、支払い後に4人で「タダほど高いものはない」事を実感した。




旧市街地を楽しんだ翌日は新市街地へ行ってトラムに乗り、ガラタ塔をガラタ島だと思っていた友人に大笑いして、トルコ料理を食べ、ローズウォーターやオリーブオイルのハンドクリームなどお土産を買うために、足が棒になるほど歩いた。修学旅行というよりは、だんだん修行の旅のようになってきた。


ホテルに帰ると、棒になった足のために三段腹を水着に押し込んで、地下のハマムへ行ってのんびりする。

プールで泳ぎ、ジャグジーでマッサージして、サウナで汗をだらだら流す。

30年来の付き合いだが、裸の付き合いをするのは初めてかも知れない。




もちろん、トルコ料理も飽きるほど食べた。


そして翌日、行きの機内でご招待頂いたCAさんの家にお邪魔すると、お母さんがトルコ料理を作って歓迎してくれた。

見ず知らずの旅行者のために、なんでこんなに?と思うほど温かいおもてなしを受ける。

トルコが親日家というのは本当らしい。


たった5日間だったが、たくさんの思い出と写真を高校の修学旅行の写真の隣にしまっている。

そしてまたいつか、この写真の隣に置く新しい写真が増えたら良いなと思っている。


  • 木村 雄太

    仲のいい仲間と共に過ごす時間。
    言葉では言い表せないほど貴重ですね!

    4年前 | いいね! 0
  • > 木村 雄太様
    木村様

    コメントを頂き有難うございます。
    書いてくださっている通り、とても貴重な体験でした。
    しかし楽しい時間は過ぎるのが早くて…。

    4年前 | いいね! 0
  • ※ボタンを押すとコメントを投稿します。
 

 旅の地図

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ