ハノイ紀行(フリータイム PM) - Latte

ハノイ紀行(フリータイム PM)

  • 旅行期間: 2014/07/01 ~ 2014/07/04
  • 作成日:2015/05/31 16:00
/static/img/space.gif
ホアンキエム湖には2つの島がある。一つは石塔(亀の塔)だけの島で渡れない。もう一つはお堂があって赤い橋を渡って行ける。
岸辺の木にこどもたちが。いい面構えだ。
彼らがこれからのベトナムを背負っていくのだろう。
user
Latte ユーザー

目が覚めたら午後3時、1時間位は寝たのだろうか、
「3時というのは、何をしようと思っても、常に遅すぎるか、
または早すぎる時刻だ。午後の奇妙なひととき。
今日はそれが耐えがたい」
(ジャン=ポール・サルトル『嘔吐』)
どうするか 奇妙なひとときに沈んでいるいるのも耐え難い。
歩こう、ハノイ旧市街へ行こう。
スマホに入れたナビアプリ、やっぱりホーチミン市を指したままだ。左上に現在地アイコンがある。
タップすると、おー現在地だ。歩けば地図の矢印も追従する。
だがスマホの画面オフ、オンでまたホーチミン市。
現在地をタップすれば何とか使えそうだからひとまずよしにしよう。

旧市街地へ、とりあえずハノイ駅へ
ホテルからの数分歩くとそこは職人街。
水周りのブロック(キッチンシンク、洗面台、便器等)、エクステリアのブロック(レンガブロック、玄関?ドア)、インテリアのブロック、(壁材、床材)、鍵・チェーンのブロック。
午後のこの時間は資財の出し入れも客の出入りもなくて閑散としている。日本の地方都市を歩いているような錯覚に陥る。その通りを抜けると小さな間口の飲食店街。フォーとお茶とコーヒーがどの店でも。それに続いて果物、乾物の店が。干し海老が売っている、帰りに買おう。

駅が近くなって、線路がみえてきた。
人も車も往来しているというのに、遮断機がない。
どこを見回してもあのアームバーの遮断機がない。
私の記憶違いだったかと今日調べてみると、遮断ゲートを作業員が引っ張りだす形。
http://s.ameblo.jp/ns500/image-11543962137-12562719186.html
そういえば踏切脇に線路と平行してゲートがあったような記憶が。
駅前のロータリーはタクシー、バイクでびっしり。
だが駅構内はひっそり。ホームには寝台列車が。
19時発 ホーチミン行きのSE1。
ハノイ駅、静かだった。
ぼくは構内の売店でペプシコーラを飲みながら
中国の広州の駅前を思いだした。20年近く前になるか

群衆が広場に座り込んでいた。疲れきった顔して、
そんな足の踏み場もないような広場をネグリジェ姿の女が
数人歩いていた。
当時、「盲流」と称された、中国内地から職を求め都市へ流れ込んだ人たち。ほとんどの人々が当てもなく都市へ流れ込み、職も得られず、他の都市に流れるか多くは内地へ戻って行く。だが列車は少ない。切符は取れない。
もう一度広州に行きたい、あの広場はどう変わっただろう

次の目的地は ホアンキエム湖。
湖とは言うが、平地で周囲1.8Km、池と言うレベル。
紅河デルタで本流から取り残された池。
本流と繋がったり切れたり、最後は植民地として統治していた
フランスによって埋め立てられ紅河と完全に切り離された。
市民の憩いの場。市民が散歩したり、ジョギングしたり、肉体を鍛えていたり、たがベンチで読書?する青年も、ちょっと深刻そうだ。

ホアンキエム湖には2つの島がある。一つは石塔(亀の塔)だけの島で渡れない。


もう一つはお堂があって赤い橋を渡って行ける。
岸辺の木にこどもたちが。いい面構えだ。
彼らがこれからのベトナムを背負っていくのだろう。



赤い橋を丹塗りの橋といえば日本の神社仏閣風になるか。日本も
ベトナムも中国の影響を強く受けている。
お堂は中国伝統の関帝廟。お堂の前の壺には燃えあがる炎が、
ゾロアスター教(拝火教)がペルシャ、中央アジア、中国へ
渡ってなども云われることだが、人類が火を得て守ってきた
伝統がここにもあるとも云える


お堂を出て、黄昏の街に。
甘くだるいベトナムコーヒーの匂い、焙煎している店が。
そうだベトナムコーヒーを買って帰ろう。ホーチミンでも買ったっけ、豆を500gも買って飽きてしまったから、ハノイでは200gでいいか。通りには欧米人の観光客が三々五々歩いている。
どこの国の観光客が多い?と店主に、
アメリカと即。ホーチミンでもそしてハノイでも、
アメリカ人は何故ベトナムに勝てなかったか知りたがっていると

風船売りの女が交錯するヘッドライトの中でたたずんでいた。


コーヒー店を出てすぐにとTシャツの店があった。
胸に「SUPERDRY」の文字が、
速乾性の機能を前面に出した商品なのだろうか、触った感じでは汗を吸い取りそうだ。
ホーチミンで買ったTシャツは汗を吸い取らなかった。
ベトナムの人は汗をかかないのだろうか、僕がダラダラ汗を流していても彼らは涼しい顔をしていた。だから汗を吸わないTシャツでいいのかもしれない。
Popular in Japanと後ろから店員が声をかけてきた。
えー日本で人気? Unpopularと思わず。店員は何も言わずに笑っている。で買ってしまった。店を出たら袋をさげた女が待っていた、そうTシャツ買えと。
つきまとわれ、4枚もTシャツを買う。店で買ったSuperDryのシャツと合わせて5枚。
暗がりの露天で肉まんを買い、立ち食い。
歩いて帰る気力もなくなって、通りかかったバイクタクシーに乗った。
この青年も若いころのホーチミン似。


  • ※ボタンを押すとコメントを投稿します。
 

 旅の地図

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ