台湾行ったら何食べる?朝食、おやつ、ランチ、ディナー - Latte

台湾行ったら何食べる?朝食、おやつ、ランチ、ディナー

  • 作成日:2015/08/12 00:20
/static/img/space.gif
大好きな台湾。行く度に新しい発見があります。やっぱり楽しみなのは「グルメ」。朝、昼、晩、そしておやつ。私はこんなカテゴリーで食べています。
user
Latte ユーザー

私が初めて台湾に行ってから、かれこれ仕事も含めて14回。新しくオシャレな店がどんどん増えているのもステキですし、昔からのレトロなお店もあるところも魅力的です。

台湾で楽しみなのは、やっぱりグルメ。

胃がいっぱいあるとイイな‥といつも思います。

限られている日数の中で、何を食べたいか?考えておくのも良いし、 歩いていて、「美味しそう」なものを見つけて食べるのも良いですね。
とにかく、お店はいっぱいあるので、迷います。


★一人で食事をするとき。
フードコートに行く確立が高いです。比較的量が少なめのメニューもあるし、食べたいものを色々チョイスできるし、予約無しでサクッと行けるのが良いです。
小籠包とスープを組み合わせて食べることが多いです。

 ちょっと高級なところでは、コースで、1人分ずつの盛り付けなので、色々食べれるのが楽しい。


★仕事がらみで台湾に行っていたときは、素食(ベジタリアン)関連だったので、肉が入った小籠包食べたことがなくて、悔しい思いをしました(泣)。

(↓素食レストラン。大豆たんぱく、小麦たんぱく、こんにゃくなどで、ラム肉、ハム、ベーコン、牡蠣のように作られた食品)


プライベートで何度も行っていると、地元の人しか入れないようなお店にも入っていけるようになりました。

日本語がNGなところでは、言葉は、通じにくいですが、メモ帳とペンをいつも持って、困ったときは、食べたいものを書くようにしています。時にはイラストも書いています(笑)

贅沢バージョンでは、やっぱりフカヒレ、アワビ。
日本よりもリーズナブル!ですが、
あまりにも安いお店だと、「ガイドブックと違う! やっぱりフカヒレ小さすぎ」なんてこともあるので、ご注意を。




★飲茶
朝食で行くこともある飲茶レストラン。
24時間オープンしているとろもあるので、便利なので朝ごはんにお粥を食べに行ったりもします。



最近のヒットは、飲茶が美味しい【吉品海鮮餐廳】のクロワッサン大根餅。
流行りのハイブリット料理! 食感に驚きます。かなりビックリ!! 


★小籠包
鼎泰豐ディンタイフォンは支店が増えているのに超行列。さすがです。

お値段はちょっと高めですが、やっぱり美味しいですよね。

日本にもありますが、やっぱり現地のほうが美味しい気がします。
遅めランチ時間であれば、台北101のディンタイフォンは大箱なのでそれほど待たないかも。※但し、平日ですが…。
テーブルも広くて落ち着けます。
鼎泰豐以外にも、安くて美味しい小籠包屋さんはあります。



★朝ごはん

一日のスタートは朝食。朝から飛ばして行きます。
まず、朝食は、是非外で食べたい!

台湾の魅力は、激安の朝食。炭水化物天国です。朝だから、多少のカロリーオーバーも許しましょう。

「豆乳スープ」は必食です。メニューには、鹹豆漿とあります。日本の豆乳とは違います。豆乳スープに、中華風のザーサイ、干し海老、揚げパン等が入ったもの。



↑行列に並びながら、製造工程を見るのも楽しい阜杭豆漿

↓朝食の鉄板メニュー阜杭豆漿の鹹豆漿


行列する阜杭豆漿が有名ですが、私は鼎元豆漿の方があっさりして好き。あまりおぼろ豆腐状になっていないので、本当にスープという感じ。朝から小籠包もいけます。

ココは、行列しなくても、ゆっくり食べられます。

オーダーする際は、食べたいものをメモ帳に書けばOK。私はいつも、このパターンです。

その前に、お店のおばちゃんが、アレコレとすすめてくれます(笑)

あとは、お粥が食べられるお店も行きますが、香港っぽいし、折角だから台湾でしかないものを。

かなりボリュームがあるので、何人かでシェアする方が良いと思います。

けっこう、食べられると思っても、そこは粉もの。時間差でどっしりきますのでご注意を。

香菜が苦手だったら、抜いてもらうこともできます。

台湾では料理、スイーツなどピーナッツを使う料理があるので、アレルギーの方は気を付けた方が良いかもしれませんね。




↑↓「四四南村」。「好,丘(ハオチュウ)」の美味しいベーグルをテイクアウトしても良いですね。

ココのベーグルは、カットするとフィリングが入っています。マンゴーと黒胡麻です。




★鍋もの
何人か揃ったら、鍋もイイですね。
火鍋も良いですが、オススメは伝統的な鍋。人気のお店は予約でいっぱいなので、予め日本で予約します。


★チャーハン
チャーハンは、どこに行っても美味しい!(と思います)
比較的、うす味です。そして量が多い。
↓チャーハンの下の、小籠包と酸辛湯は、台北101のフードコートです。一人だったら、こんな感じであとはデザート。



★胡椒餅


胡椒餅は、かなりお腹いっぱいになりますが、食べる価値ありです。
これは、龍山寺近くの胡椒餅屋さんです。食べる際は、肉汁ジュワーなので、ウエットティッシュ必須です。


★揚げパン

料理と一緒に食べる、蒸しパンの銀糸巻。
揚げパンと蒸しパンがあります。↑が揚げたもの。
 揚げているのは、コンデンスミルクが一緒に来るので、おやつ感覚になります。外は、カリッと中はモチモチと美味しいです。やみつきになります。


★麺、スープ、野菜料理

簡単にランチを食べたい時は、ワンタン麺や酸辛湯。胃が疲れたときは、野菜中心のメニューを選びます。空芯菜の炒めもの、酢のもの、トマトの炒めもの、
【周記肉粥店】の竹の子のおさしみ。
【京鼎楼】は家庭的なおかずも揃っています。

それから、テーブルについたとき、既に小皿にのったおかずが置いてありますが、サービスではなく、手をつけるともちろんお金がとられます。



★食べ過ぎて胃を休ませたいとき。次に備えるために行くのは・・

【清浄母語】はオーガニックにこだわった酵素、自然食品のお店です。

酵素は消化促進効果があるので、スッキリします。試飲しながらお買いもの!




★デトックスしたい、野菜をいっぱい食べたいとき




台北、天和鮮物のカフェにて。グリーンスムージー好きに精力湯。オーガニックSHOPの中にあるカフェです。

13種類の食材をミキサーにかけて作る精力湯は、所謂、食べる野菜ジュース。

上にトッピングされているのは、アマニの粉末です。

野菜の他に、ナッツ、りんごがはいっているので、思ったよりも食べやすいです。


★しめはスイーツ、お茶菓子 そして山盛りかき氷


・昔からの宮廷菓子の餅菓子は台湾の茶藝館に行くと、お茶菓子とセットになっているものが多く、意外と甘さ控えめです。

(お茶は、カフェインが多いので、何か一緒に胃に入れた方が胃には良いのですょ)

・豆腐のスイーツ「豆花」、「かき氷」などは食後の胃のスペースをあけても食べたい。

・台湾の魅力は、フルーツ。特に、リーズナブルに食べられるマンゴーを使ったスイーツは魅力的。東京にも、マンゴースイーツのお店がオープンしましたが、やっぱり現地で食べたい。かき氷の上には、フルーツの他に、コーン、はと麦などありえない食材のトッピングもあるので、挑戦してみても良いのですが、かなりおなかいっぱいになります。タピオカも同様で、ドリンクサイズもデカいので、ちょっと水分補給と思って飲むと、かなりズッシリきます。


さて、ちょっと前までは、台湾は昭和なケーキが多かったのですが、

最近はオシャレ系のものが増えて、日本と変わりないかも知れません。

台湾の食材~烏龍茶、胡麻等を使ったフランス風のケーキは、台湾ならでは。

流行るケーキも日本と似ていますが、サイズが大きいです。金曜日の夜9時ごろ、デパートに行ったら、日本と全く同じデパ地下のケーキ売り場が大賑わいでした。

みんな甘いもの、好きです。


蒸し暑い台湾ですが、冷房がけっこうきついので、暑いと思ってかき氷を食べると、一気に寒くなります。くちびる紫色(笑)

夜は、あたたかい豆花などの汁物スイーツがいいかもしれませんね。




 

  • ※ボタンを押すとコメントを投稿します。

 旅の地図

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ