青森県料理-青森県の伝統的な料理や名物料理、定番料理、青森県レストランなど - Latte

青森県の料理・食事

青森県の料理・食事

青森県は地域によって風土が大きく異なることから、各地域ごとに独自の食文化が伝わっています。

古くからの穀倉地帯である津軽地方では、米ともちを使ったが料理が中心、気象条件が厳しく稲作に適さない県南地方と下北地方では、雑穀や粉食主体の料理がよく見られます。また、日本海、太平洋、津軽海峡、陸奥湾といった沿岸部では、魚介類を使った料理が中心となります。

伝統的な青森県料理
料理名 説 明
せんべい汁だし汁の中に野菜や南部せんべいを入れて煮たもの。県南地方を代表する郷土料理で、「B-1グランプリ」に出展した八戸市のせんべい汁が有名です。
十和田バラ焼き十和田市を代表する郷土料理。下味を付けた牛バラ肉と大量のタマネギを鉄板で焼いた豪快な料理です。
いちご煮主に沿岸部で食べられていた料理で、ウニとアワビといった高級食材を用いたお吸い物です。
飯ずしご飯、米麹、魚介類などを混ぜて発酵させた「なれずし」の一種。
イカのポンポン焼き八戸市や沿岸部に伝わる郷土料理。イカの肝、ねぎ、しょうが、みょうがなどを味噌やお酒を加えて焼き、イカの胴体に詰めたものです。
けいらん主に下北、県南地方に伝わる郷土料理。醤油味のだし汁の中に、鶏卵の形をした餡入りの餅が入った料理です。
べこもち5月の端午の節句に作られる餅菓子。下北地方でよく食べられています。
いももちのじゅねあえ乾燥させたジャガイモの粉を使って作った餅に、じゅね(えごま)みそをかけて食べる料理です。
マダラの子あえだいこん、にんじん、タラの子で和えた料理です。
桜鍋馬山地として有名だった十和田市を中心とした名物料理。馬肉をすき焼き風にして食べる鍋料理です。
じゃっぱ汁じゃっぱ(アラ)、大根、にんじんを一緒に煮たもの。津軽地方の正月に欠かせない料理です。
けの汁根菜類と山菜を味噌味の汁で煮たもの。津軽地方を代表する郷土料理の一つです。
すしこもち米と野菜の漬物などを混ぜて発酵させて、珍しいお米の漬物。
津軽漬け数の子、昆布、スルメを醤油で漬け込んだ、津軽を代表する郷土料理です。
つつけそば粉を使った「ほうとう」のような食べ物です。
ねりこみ根菜類を砂糖を使った甘めの出汁で煮込み、とろみを付けた津軽地方に伝わる精進料理の一つです。
ひっつみ鶏肉や野菜をいれた汁に、小麦粉をこねたものをちぎって入れた、すいとんのような料理です。
貝焼きみそ大きなホタテの貝殻に、だし汁、味噌、卵を入れて焼いた料理です。
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ