マカオの治安・トラブル-マカオ旅行・観光でよくあるトラブル・犯罪情報など - Latte

マカオの治安・トラブル

マカオの治安

マカオの治安は、1999年中国返還以来安定しているといえます。

マカオでは、凶悪犯罪は極めて少なく、最も被害が多いスリや置き引きなどの窃盗や詐欺などの被害に遭うケースが多いです。また、近年ではカジノ関連の犯罪が急増しています。

旅の開放感から油断していると被害に合う可能性があります。最低限の自衛は日本にいる時同様に気をつけ、常に注意を怠らないようにしましょう。

旅の前に、外務省海外安全ホームページで安全情報や注意事項等を確認しましょう。

マカオのトラブル

●スリ、置き引き

観光地やカジノ近辺の公園などで窃盗の被害が増えています。支払いのときや両替のときは周囲に見られないようすぐにしまい、不必要に大金を持ち歩くのはやめましょう。一瞬の油断で被害に遭ってしまうことが多いので、貴重品は肌身離さず身につけることが大事です。

また、人がいない場所や夜間の単独行動などは絶対に避けましょう。


●パスポートの紛失、盗難

近年マカオでは、パスポートの紛失、盗難が多発しています。香港とマカオを結ぶフェリー船上、観光地、カジノや飲食店などでは充分注意しましょう。

マカオでは、身分を証明するものを常に携帯することが義務付けられていますので、安全のためにパスポートのコピーを準備しましょう。貴重品は肌身離さず身につけるようにしましょう。


●タクシー

マカオはタクシー不足のため乗車拒否がよくあります。また、指定したレストランに対して閉まっているなどの口実をつけ、別のレストランに連れて行き、そのグルのレストランからバックマージンを受け取るというケースも多いです。そのようなレストランでは高額な料金をふっかけてきますので、充分に気をつけましょう。


●いかさま賭博

近年では、日本人観光客を狙っていかさま賭博が多発しています。東南アジア系の女もしくは男が親しげに話しかけ、仲良くなったところでホテルの一室などに連れて行かれます。トランプゲームを行い、最初のうちは勝てるがだんだん勝てなくなり多額のお金を巻き上げられるといった手口です。

見知らぬ人に話しかけられても立ち止まらず無視しましょう。

 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ