ミラノのトイレ情報-ミラノの公衆トイレやトイレの呼び方、表示・マークなど - Latte

ミラノのトイレ事情

ミラノも他の観光エリア同様に公衆トイレはあまりありません。

また、トイレの利用は有料の場合が多いです。


観光中にトイレに行きたくなった場合は、公衆トイレよりもバール(Bar)を探すのが一番です。

公衆トイレや駅などの公衆トイレは必ずと言っていいほど有料です。

なので、街中で簡単に見つけることができるバールでトイレを借り、カフェを一杯飲むの方がトイレも利用できおいしいカフェでほっと一息つけるので一石二鳥です。

エスプレッソの値段はトイレの利用料とほぼ同じくらいなので、この方法が一番損をした気分にならない方法です。


その他、博物館や美術館を利用した時にトイレを利用することができますが、トイレも有料の場合があります。

しかし、街中でなかなかトイレを見つけることができないので観光で行った場合はトイレを利用しておくと良いでしょう。


観光客で賑わっているトイレは、“リナシェンテ”というデパートの7階にあるトイレです。

このトイレは無料で利用することができますが、それ故に沢山の人が列をつくっているので待ち時間が長いのがデメリットです。

また、デパート内にはトイレはありますが日本の様に各階にトイレが設置されているわけではありません。

デパートの最上階や地下にある場合が多いので、デパート内でトイレを探す時はご注意ください。


街中に数箇所ある公衆トイレは、有料の上にさほど清潔ではないので公衆トイレを利用するのであればバールを探すことをお勧めします。


ミラノでもトイレを探すのは一苦労なので、ホテルを出発する前、レストランなどを利用した際にトイレを利用することをお勧めします。


※イタリア語で、トイレのことは「servicio(セルビシオ)」や「Bagno(バーニョ)」といいます。 また、男性用はUomo(ウォーモ)、女性用はDonna(ドンナ)と表記してありますので間違えないようにしましょう。

 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ