ミラノの治安・トラブル-ミラノ旅行・観光でよくあるトラブル・犯罪情報など - Latte

ミラノの治安・トラブル

ミラノの治安

ミラノの治安は、南イタリアや他のヨーロッパの都市に比べると比較的治安は良いとされています。

しかし、ミラノでも観光客を狙ったスリや盗難などの軽犯罪は多く、南部に比べて重犯罪の件数は少ないようです。

しかし、ミラノの治安も徐々に悪くなっているのは事実です。

観光客は目立ちやすく、ターゲットになりやすいです、しかし、観光客が重犯罪に巻き込まれることは稀であり、自分自身が注意をしていると軽犯罪はある程度防ぐことができます。

ミラノの街を観光するときは、常に緊張感を持っ軽犯罪に巻きこなれないようにご注意ください。


注意しなければならないエリアは、Stazione Cetrale(中央駅)やPia Padova(パドヴァ広場)です。

特に中央駅周辺は工事などで道路が狭くなっており視界が悪いので、犯人が身を隠していてもあまり気付かないこおがあります。

駅の近くのホテルはとても便利ですが、中央駅付近のホテルは控えることをお勧めします。

また、このエリアは風俗やゲイのお店が集中しているため、遅い時間の利用が控えましょう。中央駅の利用は、夕方前までの利用をお勧めします。


スリなどの犯人は、観光客を油断させるために子どもや赤ちゃんを抱いた女性の場合もあります。

ぱっと見はスリをするような人に見えなくても実際にトラブルの実例があるので、油断をすることなく常に緊張感を持って行動することが大切です。


万が一トラブルに巻き込まれそうになった場合は、イタリア語でなくても大きな声で叫ぶことが大切です。

また、ミラノに限らずどこでも注意する点を気をつけていればトラブル回避につながります。

・貴重品は分散して持ち、大金を持ち歩かないこと

・遅い時間帯に出歩くのは控え、移動はタクシーを利用すること

・一人行動は避け、複数人で行動すること

・カバンはしっかり持ち、目を離さないこと


ちょっとした注意で回避できるトラブルなので、自分の身は自分で守らなければいけないという意識を持ち油断せずに緊張感を持ちながら観光をお楽しみください。



ミラノのトラブル

●スリ・ひったくり・置き引き

・混雑している公共交通機関の中ではスリなどが多発しているため、自分の荷物は前の方でしっかりと持ちましょう。

万が一スリに遭った時は、恥ずかしがらずに大声を上げましょう。バス内であればドライバーが扉にロックをかけてくれるので貴重品などが戻ってくる確率が高いです。

しかし、犯人は扉が開く間際を狙っているので常に細心の注意が必要です。

※トラブルが置きやすい場所

・観光地ドゥオーモの周辺や、中央駅、マルペンサ空港など

車内だけではなくバス停でもトラブルは発生しています。ご注意ください。


・深夜のドゥオーモ周辺や中央駅周辺では、ナイフなどで脅されたり暴力を受け貴重品を盗まれる事例があります。

遅い時間帯の外出はなるべく控え、犯罪発生率が高いエリアには行かないようにしましょう。


・地下鉄内に乗り込んできた老人が、メガネを落としそれを拾うフリをしながらポケットやカバンなどから貴重品を探る手口もあります。

自分の周りで地図を広げたり、物を落としたり、前後をふさいで勧めなくする人がいたら怪しいと思い荷物をしっかり持つこと、危険を感じたら周りの人に助けを求めることが大切です。


・スリは暴力的、無理矢理カバンをひったくるだけではありません。

堂々と話しかけてきて、会話をしている最中に気付かぬように財布などを抜き取るという手口もあります。

見知らぬ人に親しげに話しかけられても注意力は失わないようにしましょう。


・オートバイなどで横を通り過ぎながらカバンなどをすられることがあります。

カバンは車道側とは反対側で持つようにし、また、車道から少し離れたところを歩くようにしましょう。


・スリは男性だけが犯人ではありません。

小さな子どもたちの集団や、子どもを抱えた母親の場合もあります。

子どもたちの集団は、手元を隠すためにダンボールや新聞紙、上着などを持っていることが多いです。

このような人たちが近づいてきても動揺せずに、しっかりとカバンを持っておくことが大切です。

また、大人数に囲まれた時は大声を上げて日本語でもいいので反論することが大切です。


・ショッピングの最中、試着などをしている間にいていた荷物を持っていかれることがあります。

店員が近くにいるからと安心せず、自分の荷物は自分でしっかりと管理するようにしましょう。



●盗難

・ホテル内で盗難に遭うトラブルが多発しています。

置き引きはもちろん、ホテルのセイフティボックスも解錠されてしまうこともあります。

手口は、アジア系の犯人が宿泊客を装って解錠をセイフティボックスを解錠させる堂々としたものもあります。

ホテルのランクに関わらずこれらのトラブルは発生しているので、4つ星、5つ星だから安心という考え方は捨てましょう。



●詐欺

・見知らぬ人に親しげに声をかけられ、紹介されたお店(ピアノバーや女性が接客するお店など)に一緒に行ってみると高額な請求をされ、支払わないと暴力を振るわれることがあります。

このターゲットになりやすいのは、20~30代の男性一人旅の方です。

お店を利用する時は事前に金額をチェックし、見知らぬ人には安易についていかないことが大切です。



●偽警官

ドゥオーモの近くの地下鉄乗り場では、警察官により検査がよく行われており、麻薬や偽札の捜査をしていると言ってパスポートやクレジットカード、現金を提示するように求められます。

お札のチェックなどをしている間、至近距離で観察していてもいつすり取られているか分からないほど巧妙な手口です。

正規の警察官が道端でお財布の中身をチェックすることはあまりないので、財布の提示を求められた場合は日本大使館などで対応してもらうよう話しましょう。

しかし、この時本物の警察官か偽警察官がはっきりしないうちから横柄な態度を取るの新たなトラブルの種になります。偽警察官とはっきりするまで丁寧に接することが必要です。



●睡眠薬

親しげに話しかけられた外国人(イタリア人だけとは限らずアラブ系の人もいます。)に勧められた食べ物や飲み物を口にした後意識を失いその間に貴重品を盗まれるトラブルがあります。

見知らぬ人から食べ物を勧められても容易に口にしないようにしましょう。



●ミサンガ売り

ドゥオーモ付近には、親しげに寄ってきては無理矢理ミサンガを手首に巻き高額な料金を請求されることがあります。

また、それ以外にもミサンガ代を払おうとお財布を出した時にお財布ごと盗まれることもあります。

そのような人が近寄ってきた時はあいまいに断るのではなく、きっぱりと断りましょう。

また、複数人に囲まれたら大声を出すことが大切です。


また、ミサンガではなくハトのえさを勝手に手の上にのせてはあとから代金を請求されることもあります。

毅然とした態度できっぱりと“No”という姿勢が大切です。



●両替・ATM

現地で両替をした際には必ず受け取ったその場で金額を確認しましょう。

日本人はあまり確認をしないという印象があり、少ない金額を渡している場合があります。

また、両替だけではなくおつりにも同じことが言えます。

実際にあったトラブルには、おつりを後々確認してみると以前の通過リラで渡されていることもあります。


・ATMで現金を引き出した際に、その現金とカードを盗まれるトラブルがあります。

犯人は後ろから暗証番号を盗み見ている可能性があり、カードを盗まれた直後に大金を引き出されてしまうことがあります。

ATMは室内にあるものと室外にあるものの2種類があります。

室外のATMは引き出した現金やカードを盗まれる被害が多発しているので、なるべく室内のATMを利用しましょう。

その場合、ドアにカードを挿入しないと開かないようになっています。

また、ATMは一人で利用せず複数人で行き周囲をチェックしてもらうと良いでしょう。


・ATMにカードが飲み込まれてしまうことがよくあります。

そのため、ATMの利用は銀行営業時間内に利用するようにしましょう。また、閉店間際でこのようなトラブルに遭っても対応してくれない場合があるので、なるべく早い時間帯が望ましいです。



 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ