韓国料理-韓国の伝統的な料理や名物料理、定番料理、韓国レストランなど - Latte

韓国の料理・食事

韓国の料理・食事

韓国料理は日本と同じく主食はご飯です。野菜をたくさん使い、ごま油を多様したヘルシーな料理が多いです。韓国の日常の食卓には、ご飯・汁物・チゲ(鍋)・キムチ類・焼き魚や肉が並びます。調味料は唐辛子、みそ、コチュジャン、朝鮮醤油がよく使われます。

韓国料理は、キムチをはじめとした健康食として世界各国で注目を集めています。周辺の日本や中国の料理と比べ、スープ類が多く唐辛子を用いた料理が多くなっています。

韓国料理の特徴のひとつとして、ビビンバやクッパなどの混ぜる料理が多いです。そのため食事にはよくスプーンがついてきます。

伝統的な韓国料理

・ビビンバ

野菜やお肉が入った混ぜご飯で、辛いコチュジャンやたまごを一緒に混ぜて食べるのが一般的です。

石焼ピビンバは“トルソッピビンバ”と言います。


・クッパ

スープの中にご飯が入っている韓国料理です。


・キムパブ

キムパプは日本の海苔巻きのような料理で、チーズキムパプやキムチキムパプなどがあります。

表面の海苔にごま油が塗られているのが特徴で、その香りが食欲をそそります。


・クジョルパン(九折板)

クジョルパンとは、9つに分けられたお皿のことを言い、そこに9種類の細切りの野菜や肉などが盛れているものです。

中央部には、たまごなどで作ったクレープのような生地があり、それで具材を巻いて食べます。

ドラマ「チャングムの誓い」などでも登場し、宮廷料理を提供するお店で食べることができます。


・シンソルロ(神仙炉)

シンソルロも宮廷料理を提供するお店で食べることができる料理です。

しゃぶしゃぶ用の鍋のような形をした鍋の中に、野菜や肉団子、鱈などの白身魚など様々な色とりどりの具材をいれ、牛肉のスープを入れて鍋のようにして食べる料理です。


・冷麺

零面には、平譲(ピョンヤン)冷麺と咸興(ハムン)冷麺があります。

平譲冷麺はそば粉を、咸興冷麺はジャガイモやサツマイモのでんぷんによって作られています。

コシが強く、麺が長いので食べる前にハサミで切るのが特徴です。

ピビン冷麺は、スープではなく、辛いタレと面を混ぜて食べる冷麺です。


・ホンオフェ

全羅南道の郷土料理で、エイを壷に入れて、10日間ほど発酵させた料理です。

発酵させることでアンモニアが発生するので、初めて食べる人には好まれないことが多いです。

現在、ソウルなどでも食べられますが、その場合はただのエイの刺身であることが多いです。


・ミルミョン

ミルミョンは、釜山の郷土料理で冷麺のような料理です。

牛肉や豚肉からダシを取った冷たいスープに、モチモチとした食感の麺が入っています。

麺は小麦粉から作られており、さっぱりとした味わいです。


・メミルジョンピョン

そば粉で作ったクレープのような生地に、野菜を巻いて食べる料理です。

この料理は、江原道の郷土料理です。


・スンデ

スンデは、豚肉のソーセージで、豚肉や野菜と一緒に豚の血が混ざっているのが特徴です。

現在はソウルなどでも食べることができますが、元々は寒い地方(咸鏡道/ハンギョンド)の郷土料理として食べられていました。


・パジョン

日本でもよく食べられているチヂミで、パジョンはネギを使ったものです。

シーフードを使ったものは、ヘムルパジョンと呼ばれています。


・トッポギ

棒状のお餅(トク)を甘辛いタレで炒めた食べ物で、屋台“ポジャンマチャ”などで気軽に買うこともできます。


・サムゲタン

若鶏を丸々一匹使った雑炊で、内臓を取った若鶏の中にもち米やナツメグ、高麗人参などを詰めて作る料理で、韓国を代表する料理の一つです。


・プデチゲ(部隊チゲ)

色々な具材を辛いスープで煮込んで食べるチゲ料理です。

具材には様々な野菜やスパム、ハム、キムチなどが入っています。

この鍋は、戦争後に米軍から流出した具材で作られたためスパムなどの材料が使われています。

プデチゲにはインスタントラーメンを入れて食べるのが一般的で、チーズなどを入れてもおいしく頂けます。


・パッピンス

パッは小豆、ピンスはカキ氷を意味しています。

以前はシンプルなパッピンスが人気がありましたが、現在は色々なフルーツが入ったものやアイスが入ったものなども出ています。

パッピンスはサイズが結構大きめなので、一つを二人で分けても十分な量です。


 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ