スウェーデンの入出国手続き-スウェーデン旅行・観光時の入出国手続き、ビザ(査証)情報など - Latte

スウェーデンの入出国手続き

スウェーデンへの入国手続き

飛行機でスウェーデンに入国する場合には、到着した空港で下記の流れで入国手続きをすることとなります。



(1)日本からの出発

日本での出国手続きを参照



(2)到着

空港に到着したら順路に従ってイミグレーションカウンターに向かいます。



(3)入国審査

パスポートのみを入国審査官に提示し、入国スタンプを押してもらいます。

パスポートを返却されたら、スタンプが押されているかどうか確認しましょう。

一般に、パスポートの写真と同一人物であることを確認される程度ですが、稀に旅行目的や滞在期間を質問されることもあります。



(4)荷物受け取り

入国審査が終わったら荷物受取り所へ向かいます。

荷物が出てくるターンテーブルは飛行機の便名ごとに別れているので、案内板で搭乗便名の表示があるターンテーブルを探し、搭乗した便名が記載されているターンテーブルで自分の荷物をピックアップします。

似たような荷物を間違えて取らないように注意しましょう。


自分の荷物が出てこなかったり、破損しているなどのトラブルが生じた場合は、空港係員にチェックイン時に渡されたクレーム・タグ(荷物引換証)を提示し対処してもらいましょう。



(5)税関申告

通常ほとんどノーチェックですが、ごく稀に荷物をチェックされることもあります。

これで到着の手続きは終了です。



(5)到着ロビー

到着ロビーには、両替所や観光案内所などがあります。



スウェーデンでの出国手続き

飛行機でスウェーデンを出国する場合には、到着した空港で下記の流れで出国手続きをすることとなります。

2時間前には空港に到着しておきましょう。



(1)搭乗手続き(チェックイン)

航空会社によって異なりますが、チェックインは通常出発の2時間前から開始となります。

カウンターでは、パスポートと搭乗券またはeチケットの控えを提示し、機内預けにした荷物のクレームタグ(荷物引換証)を受け取ります。


※免税手続きが必要な荷物は必ず機内持ち込み荷物にしましょう。



(2)税関審査

申告すべき物がある場合は窓口へ行きます。



(3)手荷物検査(セキュリティチェック)

機内に持ち込む手荷物をX線検査機に通します。

時計や貴金属などゲートで反応しそうなものはあらかじめ外しトレイに入れておきましょう。



(4)出国審査

出国審査のカウンターへ行き、審査官にパスポートを提示します。

本人であることが確認されたら、パスポートに出国スタンプが押され返却されます。

質問されることはほとんどありません。



(5)搭乗

出発時刻の30分前までに搭乗口に向かい、飛行機に搭乗しましょう。



(6)日本での入国審査

日本での入国審査を参照


スウェーデン旅行でのビザ(査証)

シェンゲン条約加盟国内で、滞在日数が6ヵ月以内90日間の場合はビザは不要です。


※ビザやパスポート等の情報は予告なく変更することがありますので、大使館や旅行会社などで必ずご確認ください。


スウェーデン旅行でのパスポート

入国時に必要なパスポートの有効残存期間は3ヵ月以上あることが必要です。

出入国カードや税関申告書はありあせん。



※ビザやパスポート等の情報は予告なく変更することがありますので、大使館や旅行会社などで必ずご確認ください。


 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ