鳥取県料理-鳥取県の伝統的な料理や名物料理、定番料理、鳥取県レストランなど - Latte

鳥取県の料理・食事

鳥取県の料理・食事

鳥取県は豊かな自然に恵まれた土地柄、様々な海・山の幸があります。

鳥取県の名産として知られているのが“梨”“ラッキョウ”“ぶどう”です。

また、冬の味覚“松葉ガニ”も鳥取県の名産として知られています。

伝統的な鳥取県料理

【ご飯類】

・いがいめし

鳥取市青谷町夏泊に伝わる郷土料理です。

青谷町夏泊で獲れたいがいを具として作る炊き込みご飯です。


・ののこめし

できあがり形が綿入れの「布子(ぬのこ)」に煮ていることから、それがなまって「ののこめし」と呼ばれるようになったと言われています。

大きな三角形の油揚げに、生のお米と具を混ぜ合わせたものを詰め込み、味付けただし汁で炊き上げたものです。


・豆腐めし

乾煎りした豆腐、大根、菜っ葉、山菜を炊き込みご飯にしたものです。


・大山おこわ

大山のふもとを中心に、県西部に古くから伝わる郷土料理です。

季節の山菜や野菜など大山の自然の恵みがたっぷり詰まったおこわです。



【麺類】

・大山そば

大山山麓で栽培されたそば粉を使用したもので、約800年前から伝わる郷土料理です。



【甘味】

・とちもち

とちの実をもち米と一緒に蒸して杵でつき、小豆で作った餡を包み込んだ鳥取の伝統銘菓です。



【その他】

・とうふちくわ

鳥取県東部に伝わる郷土料理です。

豆腐と魚のすり身を混ぜて蒸し上げたものです。


・いぎす

天草の一種で「えごのり」とも呼ばれる「いぎす草」を使った料理です。

精進料理には欠かせない逸品です。


・こも豆腐

倉吉市周辺に伝わる郷土料理です。

薄切りにした豆腐に細長く切ったニンジンやゴボウを入れワラで包んで煮込んだ料理です。

 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ