バンクーバーのマナー・文化-バンクーバーの一般的なマナーや文化、チップの習慣の有無など - Latte

バンクーバーのマナー・文化

カナダ旅行の際は、特に難しいマナーはなく日本で注意しているマナーを気をつけていれば基本的に問題ありません。

しかし、やはり日本では馴染みのないマナーやカナダ独特のマナーもあるため、旅行前にチェックしておくと良いでしょう。



●レディファースト

日本ではあまり意識しないことが多いですが、カナダでは大切なマナーです。

女性は、そのような気遣いを受けた場合“Thanks”などのお礼を忘れないようにしましょう。


・扉は男性が開き、扉を押さえて女性をエスコートして後から中に入ります。


・レストランなどで、男性は女性が着席をした後に着席をします。



●自己主張

・日本では、心の中では嫌でもはっきり言葉にすることはありませんが、カナダでは嫌だと思ったことは遠まわしに言うのではなくきっぱりと自分の意思を伝えましょう。


・答えにくいことでも曖昧な笑顔でその場をやり過ごそうとせずに、自分の考えをはっきりと述べましょう。

日本人は、自分の意見を表にあまり出さないので、海外では日本人は何を考えているか分からないと思われています。



●挨拶・会話・ジェスチャー

・レストランやカフェなどお店に入った時は、スタッフに向かって“Hi”や“Hello”と声をかけるのがマナーです。

また、退店する時も“Thank you”や“Bye”など一言添えましょう。


・エレベーター内で全く知らない人と会ったときも挨拶をすることがマナーです。


・人にぶつかってしまった時や、混雑している中を進む時(エレベーター内など)は“Excuse me”と必ず一言添えるのがマナーです。


・人を呼ぶ時はファーストネーム(下の名前)で呼ぶのが一般的です。


・初対面の人とは挨拶の際に握手をするのが一般的であり、親しい仲ではハグやほほにキスをするのが一般的です。


・他人に手の甲を見せながらピースをすることは、侮辱の意味があるためご注意ください。



●テーブルマナー・レストラン

・レストランなどに行った場合、スタッフが席に案内するまで勝手に着席してはいけません。


・テーブルごとに担当スタッフがいるので、注文やお願いがある場合は自分のテーブルの担当スタッフに声をかけましょう。


・スタッフを呼ぶ際に大きな声で呼ぶのはマナー違反です。

スタッフが来るのを待つか、アイコンタクトで知らせるのが一般的です。


・レストランによってはドレスコードが定められている場合があります。

その場の雰囲気を崩さないような服装を心がけ、高級レストランに行く場合は予めドレスコードを確認しておきましょう。


・食事中の人の前を横切って調味料や食べ物を取るのはマナー違反です。

その場合は、取ってもらえるようにお願いをしましょう。食事をしている人の手を止めてものを取ってもらうのはカナダではマナー違反になりません。

“Please pass me the ~?(プリーズ パス ミー ザ ~?)”


・パンは一口分を手でちぎって口に運びます。


・スープや麺類を食べる時に音を立てないようにしましょう。

また、お皿に口をつけるのもマナー違反です。

もちろんくちゃくちゃと音を立てるのもやめましょう。


・ゲップはカナダでもマナーがないとされています。

万が一出てしまった場合は“Excuse me”と一言添えるようにしましょう。


・食事中に中座をするのはマナー違反です。

トイレなどは食事の前に済ませておきましょう。

また、携帯電話の電源をオフにするかマナーモードの設定にしておきましょう。


・お会計はテーブルで行うのが一般的なので、お会計の際はスタッフに“Can I have the bill please?(キャナイ ハブ ザ ビル プリーズ?)”と言うと伝票を持ってきてくれます。



●喫煙

・公共の場での喫煙は基本的に禁止されています。

喫煙をする場合は所定の場所で喫煙するようにしましょう。


・レストランやバーも禁煙になっているのでご注意ください。


・喫煙所で喫煙する場合でも周囲に注意しましょう。

近くに子どもなどがいる場合は、“May I smoke ?(メイ アイ スモーク?)”など声をかけるようにしましょう。


【ブリティッシュコロンビア州の禁煙法】

・公共施設内は禁煙となり、レストランなどのパティオも禁煙です。

・公共施設内ではタバコの販売が禁止されています。

・19歳未満が簡単に買うことができるような場所では、タバコの陳列は禁止されています。

・扉や開いている窓、通風孔から6m以内は禁煙となっています。



●飲酒

・喫煙同様に、公共の場での飲酒は禁止されています。

公園や路上での飲酒はやめましょう。


・運転中は、車内に開封したアルコールを置いておくことも禁止されています。


・他人の前で泥酔することはカナダではマナー違反です。

そのような状態で街中を歩いたり、レストランなどで騒ぐのはやめましょう。

あまりにひどいと警察に通報されることがあります。



●チップ

・レストラン:料金の15~20%ほどのチップを渡すのが一般的です。

しかし、サービスが気に入らなかった場合は小額のチップで問題ありません。


・タクシー:メーター料金の15%ほどのチップを降車時に一緒に渡します。


・ホテル:部屋まで荷物を運んでもらった場合はC$2ほどのチップを渡しましょう。

ルームキーパーへは、C$1ほどのチップを枕付近やサイドテーブルに置いておきましょう。


●その他

・トイレは使ったら扉を開けたままにしておきましょう。

扉が閉まっているということは使用中と意味になります。


・美術館や博物館には大きな荷物を持って入館することができない場合があります。

大きな荷物はクロークに預けるようにしましょう。


・周囲の人たちが理解できない外国語で話すことはマナーがないとされています。

数人で集まる時は、みんなが理解できる言葉で話すようにしましょう。


・割り込みはマナーがないとされており、カナダの人たちは激しく嫌う傾向があるのでご注意ください。


・公共交通機関では、優先席でなくてもお年寄りや女性に席を譲るように心がけましょう。


・エスカレーターは、右側に立って乗り、左側は急いでいる人のために空けておきます。


・タクシーの扉は自動開閉ではないので、自分で開け閉めをしなければいけませんが、半ドアを気にして思いっきり扉を閉めるのはカナダでは不思議がられるのでご注意ください。


 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ