ベトナムの治安・トラブル-ベトナム旅行・観光でよくあるトラブル・犯罪情報など - Latte

ベトナムの治安・トラブル

ベトナムの治安

ベトナムは、犯罪に関しては比較的安全な国といえます。

スリやひったくり、盗難、詐欺などの金品に絡む犯罪は多いですが、銃や刃物を使っての殺人や凶悪犯罪は全国的に少ないです。

近年の経済発展に伴う急激なインフレや、地方貧困層の都市部流入などに伴い治安状況は悪化しています。


旅行者がベトナム旅行中に遭うトラブルや犯罪で最も多いのが、スリ、ひったくり、置き引きなどの盗難、詐欺、強盗などです。

なかでも、シクロやタクシー、土産物屋、ホテル、レストラン、旅行会社などの詐欺やぼったくりのトラブルに遭うケースが多いので、レシートをもらったらその場で内容と金額を確認するようにしましょう。

特に観光客で賑わうハノイやホーチミンなどの都市部の治安は悪化してきているため注意が必要です。

観光客で賑わう場所や人が多い市場、空港なども気をつけましょう。

人込みに入る場合や長距離列車では、絶対に貴重品から目を離さないようにしましょう。

また、夜道の一人歩きも大変危険ですので充分に気をつけましょう。

日本人は貴重品を狙われるケースが多いので、貴重品の管理は各自でしっかり行ないましょう。

ホテルでは貴重品をフロントに預けずに自分で管理するなどの対策が必要です。


ホーチミンのドンコイ通り、グエンフエ通り、デタム通り周辺、貧しい人たちが暮らす4区、ハノイのホアンキエム湖周辺、水上人形劇場前、ハノイ駅周辺はベトナムの危険エリアとなっています。

市場など人が集まるところや旅行者が集まるところは犯罪多発地域ですので充分注意しましょう。

また、川沿いは不法滞在者が住みつきスラム化しているところがあるので立ち寄らないようにしましょう。


旅行中も最低限の自衛は日本にいる時同様に気をつけ、常識をもって行動することが大事です。

貴重品は肌身離さず持ち歩き、緊張感をもって常に注意を怠らないように行動しましょう。

旅の開放感から油断していると、スリやひったくり、置き引きなどの被害に合う可能性があります。油断せずに常識をもって行動し、自分の身はしっかり自分で守りましょう。


治安状況は常に変化していますので、出発の前に最新の現地状況をベトナム大使館や外務省海外安全ホームページで安全情報や注意事項等を必ず確認しましょう。



ベトナムのトラブル

●スリ

観光客の多い通りや市場などで多発しており、最近ではストリートチルドレンによる集団スリも多くなっています。

物売りの子供たちが笑顔で近寄ってきて、話に気をとられている隙に財布などを盗んでいきます。

スリに狙われやすいのは会話に夢中になって歩いている人ですので、物売りの子供たちが笑顔で近寄って来たら気を引き締めましょう。

貴重品は首からつるすなどして、体から絶対に離さないようにしましょう。



●ひったくり

バイクに乗った2人組みが追い越しざまにバックやポケットに入れた財布などをひったくって逃走する手口です。

斜め掛けのバックも強引にひったくり、転倒や引きずられたりなどして怪我や骨折などの重傷を負う被害者も出ています。

最近では、タクシーの乗降りの際の隙を狙った犯行も発生しています。

ひったくりの被害に遭わないよう、なるべく車道から離れたところを歩きましょう。

また、町を歩くときは必要最低限のお金だけを持ってでかけるようにしましょう。



●置き引き

ホテルでのチェックイン・チェクアウト時、空港、買い物などで、たくさんの荷物を持っているときに足元に置いていたバックが盗まれたという被害が発生しています。

また、ホテルのレストランなどのバイキングの際も注意しましょう。

料理を取りに行くときも必ず貴重品を持ち歩くようにしましょう。

油断は禁物ですので、バックなどは目が届く場所へ置き、決して手から離さないようにしましょう。



●強盗

恐喝や睡眠薬入りの飲食物を口させ金品を奪うという手口も発生しています。

また、最近では暴力や銃、ナイフなどを使った強盗などの犯罪も増えています。

見知らぬ人に話しかけられても安易に信用しないようにしましょう。

常に周囲の雰囲気に気を配り、人通りの少ない道を歩くのは避けるようにしましょう。



●詐欺

<アイスクリーム詐欺>

ベトナム人の少女が日本語で話しかけてきて、話しているうちに親しくなりアイスクリームを買ってくれます。

アイスクリームを勧められるままに食べていると、少女の母親らしき人物が現れてベトナム語で少女を叱りだします。

少女に「アイスクリームをごちそうしたことを怒られてしまったので、アイスクリームの代金1本$5を返してほしい」言われ、旅行者は気の毒に思い支払いますが実は市価の20倍以上もの金額だったというものです。

ホーチミンのドンコイ通りや統一会堂周辺で多発しています。


<いかさま賭博詐欺>

20代後半のベトナム人女性が英語で話しかけに来て、日本語を交えて話し出し「来月から仕事で日本に行くのだが、日本はどんなところなのかと心配しています。あなたに日本の様子を話してもらい、両親を安心させたい。」と頼まれるままにタクシーに乗り、彼女の家へ行くことになります。

家へ行くと歓迎され談笑が始まり、そこへ外国でカジノのディーラーをしている親戚と称する男が現れ、カードゲームへの参加を勧められます。

最初はおもしろいほどに勝つのですが、気がついたときには大損をしています。

これがいかさま賭博の手口です。

手持ちの現金がない場合は、クレジットカードで貴金属を買わせたり、日本から送金しろと言われて脅迫されます。



●ホテル

最近では、ホテル内での盗難も増えています。

ホテルでは貴重品をフロントに預けずに自分で管理したり、外出時は必ずスーツケースに施錠するのを忘れないようにしましょう。

ホテルだからといって安心せずに、貴重品は各自しっかり管理しましょう。

また、ホテルの部屋のドアは相手が誰か確認するまで絶対に開けないようにしましょう。

チャイムが鳴ったらまずはのぞき穴から見て確認し、怪しいときはドアのチェーンキーをかけたまま確認しましょう。

ホテルの従業員が部屋に訪ねてくることは基本的にまずありません。



●マッサージ師

観光客向けのマッサージ店のなかには男性マッサージ師に施術させるのが女性客へのサービスと考えているお店もありますが、セクハラまがいの施術を受けたとの声もあります。

男性マッサージ師だと不安というかたは、最初に女性マッサージ師がいいということを明確に伝えておきましょう。



●シクロ

ベトナムでは、シクロを利用する際のトラブルが多発しており、以下のような実例があります。

最も多いのは、乗車前に料金を交渉したにもかかわらず、降車時になると交渉額以上の料金を請求させられたというトラブルです。

また、運転手の紹介する店に連れて行かれて法外な飲食代を請求させられ、支払いを拒否すると暴力的に時計や貴金属を奪われたという被害も発生しています。

このようなトラブルに遭わないよう、あらかじめ値段の相場をホテルのフロントなどで聞いておき、交渉金額をメモして残しておくなどの対策をしましょう。

旅行者はなるべくシクロは利用しないことをお勧めします。



●タクシー

加算金額が小額でもメーターの上がりかたが異常に早いと感じたら、メーターが細工されている可能性が高いです。

このようなことをするドライバーは英語で文句を言っても英語が分からないフリをしてくるので、あきらめて早めに降りることをお勧めします。



●交通事故

ベトナムでは交通事故が日常茶飯事です。

基本的に横断歩道や歩道橋などがないので、通りを渡るのでさえも慣れるまで苦労します。

道を渡るときのコツは、急がないことです。一歩ずつ止まりながらゆっくりと渡りましょう。

また、後戻りは大変危険ですのでやめましょう。



●売春

ベトナムでも売春はもちろん違法行為です。

近年取り締まりが厳しくなっていますが、夜の町にはホンダガールと呼ばれるバイクに乗った売春婦が町を旋回し、ひっきりなしに声をかけています。

安宿のなかのは売春宿と化しているところもあるので注意しましょう。


●麻薬

ベトナムでも麻薬の所持・使用は禁止されています。

外国人であろうと麻薬に関する処罰は大変厳しく死刑になることもあります。



 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ