• Latte
  • Fashion
  • コラム
  • ハンカチのプレゼントは嬉しくない!?注意点などもまとめて公開します

プレゼントとして定番なハンカチ。喜んでもらうにはいくつか知っておくべきポイントがありますので、この記事で情報をお伝えします。ぜひ参考にして喜んでもらえるハンカチを選んでくださいね。

 

プレゼントの定番であるハンカチ。

ハンカチであればちょっとしたプレゼントとして渡しやすいですし、高級ブランドを選んでも、それほど高額ではないので、手を出しやすいですよね。

価格帯も1000円から1万円以上を超えるものもあり、予算に合わせて選べるのでプレゼントとしてはオススメです。

今回はハンカチをプレゼントする上での注意点やオススメのハンカチギフトなどをご紹介します。

 

 

ハンカチギフトは嬉しくない!?嬉しい?

 ハンカチは、気軽に渡せて喜ばれやすいプレゼントの一つですが、実はもらっても嬉しくないという意見も一部あるんです。


そこで、ハンカチはベストなプレゼントなのか知るために、もらって「嬉しい」という意見と「嬉しくない」という意見について調査しました!

 

ぜひハンカチを贈る際の参考にしてみてくださいね。

 

嬉しい1:高級ブランドのハンカチは自分では手が出せないので嬉しい

 Hermes、CHANEL、バーバリーなど、普段は少し手を出しづらい高級ブランドでも、ハンカチであれば5000円ほどから購入することができます。

 

ハンカチで5000円となると、自分で買うにはハードルが高いですが、プレゼントとしてはちょうどよく、受け取る方からも評価が高いようです。

 

嬉しい2:ハンカチは自分で買わないので助かる

 ハンカチを紛失してしまったり、敗れてしまったりしない限り、なかなかハンカチを買いに行こうとなるタイミングはないですよね。

 

よくみられた意見としては「自分では買わないのでずっと貰ったものをつかっている」というものがありました。

 

それを踏まえると、ハンカチはとても実用的ですし、もらって困るものではないので、喜んでもらいやすいプレゼントの代表格ですよね^^

 

嬉しくない1:趣味に合わないから嬉しくない

 身に着けるものは個人の好みが色濃く出ますよね。

 

あまりに好みからかけ離れているものをプレゼントすると、趣味に合わず使いづらいと感じる方もいるようです。

 

ハンカチをプレゼントする場合は、必ず相手の好みを事前にリサーチするようにするとよいでしょう。

 

嬉しくない2:安そうだから嬉しくない

 ハンカチのブランドにもよりますが、1000円ほどのお手頃なハンカチは嬉しくないという意見もありました。

 

自分でも買える価格帯になるため、それであれば自分好みのものがいいとなるようです。

  

全体的にプレゼントとして嬉しい声があったものの、あまりにお手軽な価格帯ではなく、プレゼントとして喜ばれるよう3000円以上のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ハンカチをプレゼントする上での注意点

 

ハンカチのプレゼントは嬉しくないと感じる人もいますが、それは一部の方の意見で喜ばれることがほとんどだと思います。

 

ですが、プレゼントとして渡す上で知っておきたい点があります。

 

実は、ハンカチは別れを意味するのです。


その由来はハンカチを漢字で書くと「手巾(てぎれ)」となり、読み方の通り、別れを意味することにあります。

また中国ではハンカチを贈ることを「送巾離根」と呼び、関係を断つ意味を持っています。

日本だと「ハンカチ=別れ」と連想する人は少ないですが、中国の方にプレゼントするときは注意しておくとよいでしょう。

 

喜ばれること間違いなし!プレゼントにオススメのハンカチ3選

ハンカチの意味をお伝えしましたが、日本ではハンカチから別れを連想する人は少ないので、あまり気にしなくていいと思います。

 

これまでお伝えした通り、ハンカチは喜ばれやすいプレゼントなので、ぜひ候補として検討してみてくださいね!

 

そして、ここからは、おすすめのハンカチを紹介していきます。

 

どれも人気の商品ですので、きっとプレゼント選びの参考になるはずです^^

 

おすすめのハンカチ1:ハンカチーフ 《デッラ・カヴァッレリア・フィネス》 by Hermes

ハンカチーフ 《デッラ・カヴァッレリア・フィネス》 by Hermes


「びっくり箱から飛び出したような魔術的な仮装行列」をデザインしたというハンカチ。


ローマのカーニヴァルの山車を描いた18世紀の版画からインスピレーションを得ています。


お値段は少々張りますが、自分ではなかなか手を出せないハンカチなので、プレゼントとしてはピッタリです。

 

おすすめのハンカチ2:ブルーム ハンカチ by Paul Smith


ブルーム ハンカチ by Paul Smith


Paul Smithのアーカイブにインスパイアされたクラシカルな花をマルチカラーのように再構築した柄が素敵なハンカチ。

90年代のグランジの雰囲気漂う色あせた明るさの色合いがポイントです。

ビンテージ感のあるファッションが好きな女性にどうでしょうか^^

 

おすすめのハンカチ3:ハンドタオル by Dior

 

ハンドタオル by Dior


マリア・グラツィア・キウリがディオールのシグネチャーコードを再解釈した、バスリネンのオリジナルコレクション。

 

メゾンのアイコニックな「カナージュ」モチーフを同系色のコットンジャカードであしらったマストアイテムの数々が、リラックスタイムを彩ります。

 

心地良い生活とウェルビーイングの精神を讃える、エレガントなハンカチです。

 

 

まとめ:ハンカチのプレゼントは嬉しくない!?

いかがだったでしょうか。

 

ハンカチは比較的、喜んでもらいやすいプレゼントです。

 

プレゼントする相手の好みや予算とも相談しながら、ぜひともピッタリのハンカチを見つけてみてくださいね。

Tagこのコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム