• Latte
  • Fashion
  • コラム
  • CELINE(セリーヌ)ラゲージはダサい?世間のイメージはどうなの?

本記事では、女性から絶大な人気を誇るCELINE(セリーヌ)ラゲージがなぜダサいと言われるのか、その真相に迫ります。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

世界中のセレブや有名人から愛され、日本の女性からも憧れのブランドとして人気を博しているセリーヌ。

 

2011年に登場したラゲージは、今やセリーヌの代表作といっても過言ではありません。

 

ですが、一部の女性からは「ダサい」といったお声もあるようです。

 

女性から絶大な人気を誇るラゲージが、なぜダサいと言われるのか。本記事では、その真相に迫ります。

 

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

CELINE(セリーヌ)ってどんなブランド?【世間のイメージ】

 

セリーヌの歴史は、1945年にオープンした「オーダーメイドの子供靴専門店」から始まりました。

 

その後、業績の悪化したセリーヌは1987年にフィナンシェル・アガッシュ社に買収されます。

 

最終的にはLVMH(ルイ・ヴィトンやティファニーなどの親会社)グループの参加となり、創設者であるセリーヌ・ヴィピアナは退任。

 

以後、セリーヌを代表する3名のデザイナーの活躍もあり、大きな飛躍を遂げることになったのです。

 

とても歴史のあるブランドですが、現代女性からはどのようなイメージをもたれているのでしょうか。

 

少し探ってみたいと思います。

 

世間のCELINE(セリーヌ)ラゲージに対するイメージは?

 

世間一般の女性がラゲージにどのようなイメージをもっているのか、リサーチしてみました。

 

下記のとおりです。

 

ブランドなのに、昔は安かったんです!まさかLVMHに買収させて、販売価格を底上げするとは思わなかった・・・
使いやすい代わりに、高級ブランド的な個性強いデザインではなく、ちょっと弱めですね

 

私もラゲージは今更だと思います。

私も発売されてすぐに飛びつきましたが
あまりに流行っていて、セリーヌのコンセプトと
全く相容れないファッションの人まで持っているのを街で見掛けて
何だか嫌になってしまい、、、
欲しがっていた友人に譲ってしまいました。

一世風靡したイメージが強いので、今から買う程のものでもないかと思いますよ〜。
凄く流行ったものって、やっぱりその時代が終わると古いと思います。

 

実物の方が断然可愛かったです。

 

ずっと欲しくて憧れていたCELINEのラゲージ ナノサイズ。
見た目はコンパクトなのに必要な物は全て入る収納力の高さ!やはり期待していた通りでした。
一生大切に使いたいBAGです。

 

昔からラゲージを知っていた方からすると、「昔より高級品になった」「時代遅れ」といった印象もあるようです。

 

逆に、若い女性からすると今でも憧れの対象であることがわかりますね。

 

 

CELINE(セリーヌ)ラゲージがダサいと言われる3つの理由

 

セリーヌのラゲージについて調べていると、ダサいと言われる理由が明らかになってきました。

 

その理由を3つご紹介します。

 

理由①:デザインがロボットの顔に見える

 

ラゲージを正面から見ると、ロボットの顔に見えないこともありません。

 

事実、とあるご夫婦の間でこんな会話があったそうです。

 

ロボットがよだれを垂らしているようにしか見えない...(旦那さん)

 

もし仮に、長年貯金した末に購入したバッグをこんな風に言われたら、ちょっとショックですよね(笑

 

以上、ラゲージがダサいと言われる1つめの理由でした。

 

理由②:高級感があるので、年齢によってはミスマッチを感じる

 

セリーヌのラゲージは、海外のセレブが愛用するほど高級感のある質感とデザインが特徴です。

 

年齢層でいうと20代後半から30代以降の女性に愛用者が多いブランドなので、10代の女性からすると「ダサい」と感じてしまうかもしれませんね。

 

とはいえ、ラゲージはサイズから材質まで様々な種類が存在します。

 

自分に合うバッグが必ず見つかると思うので、もし「ラゲージのバッグが欲しいけど自分には合わない」と感じても、決して諦めないでくださいね。

 

理由③:時代遅れの印象を受ける

 

先述したとおり、セリーヌのシリーズは業界人や海外のセレブにも愛用者が多数います。

 

例えば、2015年公開の映画「マイ・インターン」でアン・ハサウェイがセリーヌのバッグを着用していたことでも有名です。

 

これだけ話題性のあるブランドなので、2022年現在は時代遅れと感じる方がいても不思議ではありませんね。

 

とはいえ、セリーヌの人気は一過性のものではなく、もはや定番といっても過言ではないと思います。

 

 

CELINE(セリーヌ)ラゲージのおすすめ商品【サイズ別】

 

最後に、ラゲージのおすすめ商品をサイズ別にご紹介します。

 

4つのサイズに展開されているので、きっとお気に入りのバッグが見つかるはずですよ。

 

 

ナノショッパー【18924 3DRU】

引用:楽天市場

 

ナノショッパーのサイズは縦20cm、横20cm、奥行き10cmで、ラゲージの中でも一番小さくなっています。

とはいえ、財布やスマホ、口紅などを持ち歩くには十分なサイズ感です。

近場のデートやカフェでお茶する程度なら、問題なく使えると思いますよ。

 

また、素材にはドラムドカーフ(シワ加工されたレザー)を使用しているので、傷がついても目立ちにくく型崩れしにくいタイプとなっています。

 

>>【楽天市場】18924 3DRU レザー ショルダーバッグ Blackをチェック

 

 

マイクロショッパー【18979 3DRU】

 

引用:楽天市場

 

マイクロショッパーのサイズは縦27cm、横27cm、奥行き15cmで、普段使いに最適なレギュラーサイズとなっています。

A4サイズのノートが収まるサイズ感なので、図書館に行ったりカフェで勉強したりなど、色々な場面で気軽に使えそうですね。

 

>>【楽天市場】 189793 DRU レザーバッグ Blackをチェック

 

 

 

ミニショッパー【189213 DRU】

引用:楽天市場 

 

ミニショッパーのサイズは縦31cm、横31cm、奥行き18cmで、マイクロショッパーより一回り大きいバッグです。

A4サイズのノートがすんなり収まるサイズ感で、12インチのノートパソコンなども収納可能となっています。

少し重量もありますが、収納力があるので荷物の多い方におすすめですよ。

 

>>【楽天市場】189213 DRU レザーバッグ Blackをチェック

 

 

ファントムショッパー

 

ファントムショッパーのサイズは縦29cm、横30cm、奥行き25cmで、ラゲージの中でも一番大きくなっています。

マチも大きめになっているので、お弁当箱や水筒を入れたりといったヘビーユーズも可能。

会社に出社する際や1泊程度の旅行など、幅広いシーンで活躍することは間違いないでしょう。

 

※2022年6月現在、公式ページはファントムのサイズは確認できませんでした。

 

 

 

CELINE(セリーヌ)ラゲージはダサい?まとめ

 

本記事では、セリーヌのラゲージがダサいと言われる理由を3つご紹介しました。

 

一部の女性からは「大流行したイメージが強く、今は時代遅れに感じてしまう」といったお声もありましたが、少数的な意見だと思います。

 

というのも、ほとんどの口コミは、

 

  • ずっと欲しくて憧れていた

 

  • 一生大切に使いたいBAG

 

  • 見た目はコンパクトなので収納力抜群で使いやすい

 

といったように、ブランドイメージから実際の使用感に至るまで高評価だったからです。

 

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのバッグをゲットしてくださいね。

 

 

Tagこのコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム