メイク前にお肌に日焼け止めをつける女性は多いですが、髪にもつけたいくらい、紫外線は髪と頭皮に悪影響を及ぼしています。ヘアトリートメントをしているのに枝毛、切れ毛が多い人は見直してみてください。

夏の紫外線対策、髪にもしていますか?

顔や肌への紫外線対策はしっかりしていても、髪の紫外線対策はあまりしてないことも多いのではないでしょうか?

髪は顔の5倍以上も紫外線の影響を受けています。
今回は、紫外線が与える髪への悪影響や、対策・ケア法をまとめました。

 

 

紫外線が与える髪への悪影響
枝毛、切れ毛

毛髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質というのは、アミノ酸の結合により構成されていますが、紫外線を受けることにより、この結合がほどけてしまいます。


その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し、枝毛、切れ毛、などのダメージヘアの原因となります。

退色

髪の毛が黒く見えるのは、メラニン色素が内部にあるからです。
紫外線はこのメラニン色素も分解してしまいます。


これが毛髪の退色となり黒髪であれば赤茶っぽく、カラーリングしている髪も色が抜けてしまいます。

 

必ず行いたい髪の紫外線対策
トリートメントでコーティングする

UVカット効果のあるシャンプーやトリートメントなどもありますが、オイルタイプの洗い流さないトリートメントがオススメです。


紫外線を防ぎながらツヤ髪にもなれます。

帽子や日傘をかぶる

紫外線から髪を守るためには、紫外線に当たらないのが一番。
そのためには日傘や帽子を上手に利用しましょう。


日傘の場合は、濃い色の厚手の布のものを選ぶといいです。
帽子は黒い色だと熱がこもり頭皮が蒸れやすくなるので、薄めの色で通気性の良いものを選ぶといいのではないでしょうか?

 

髪をまとめる

帽子も傘もないときには、できるだけ髪をまとめて、紫外線を浴びる髪の表面積を少なくするのも効果的です。

シンプルですがしっかり効果もあります。

 

夏のレジャーでの髪の紫外線対策

普段の生活の時も夏のお出掛けの時も、紫外線対策を忘れずにしましょう。

海での注意点

海水がついたままの髪は、浸透圧で髪の内部の水分がどんどん外へ出てしまい、とても乾燥しやすくなります。


そのまま紫外線を浴びてしまったら、髪はパサパサになってしまうので、なるべく早めにシャワーで海水や汗を洗い流しましょう。

 

山での注意点

標高が高くなると紫外線が強くなります。
直接体に届きやすくなるので、海より意識した方がいいかもしれません。


日焼け止めを使い、帽子をかぶって、しっかりと紫外線対策を行ってください。

 

髪にも日焼け止めを塗りたいくらいですね

お肌も髪も紫外線からキチンと守って、楽しい季節を過ごして下さいね。

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

ヘアスタイル
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ