ディズニーランドの年パス活用術!TDL&TDSの年間パスポート購入方法・特典・裏ワ... - Latte

  ディズニーランドの年パス活用術!TDL&TDSの年間パスポート購入方法・特典・裏ワザ

執筆者: 平島裕希 平島裕希
はじめに

子供からお年寄りまで、誰もが大好きなディズニーリゾート。

何回行っても飽きませんよね。

 

今回はさらにディズニー大好きな方のために、いつでも行ける年間パスポート(以下年パス)のマル秘テクをご紹介します。

 

 

まずは年パスを購入!

年パスを購入できる場所は、東京ディズニーリゾート・チケットセンターか、ディズニーランドのイーストゲート・レセプションの2か所です。

 

ダッフィーと一緒のパスが作れる!

作成の際に写真撮影をし、自分の顔写真が入る特別なパスポートになります。

車の運転免許証とは違い、ミニーちゃんのカシューシャをかぶっての撮影や、ダッフィーなどのお気に入りのぬいぐるみと一緒に撮影してもらうことができます。

 

作成の際はキャストに一言声をかけてみてはいかがでしょうか?

1年間、お気に入りの写真で遊ぶことができますよ。

 

入場制限も怖くない!

土日祝日や、運動会等の振替休日になりやすい月曜日など、来場者が多く入場制限がかかる恐れがあります。

事前に日付指定のパスポートを買っていれば入場することが可能ですが、舞浜駅に到着した時に気付いて何時間も待たなければいけない…なんてことも。


また入場制限対策で日付指定のパスポートを買ったけれど、当日悪天候だった。

しかし指定してしまっているので行かなければいけない…なんて場合でも、大丈夫!


年パスであれば、入場制限中でも入場でき、悪天候なら予定を天気が良い日に変更することが出来ます。

 

2パークの場合はご注意を

なお注意点はディズニーランドとディズニーシー2パークに入れる年間パスの場合は、入場することが出来ません。

 

片方だけ入場制限がかかっているなら、制限がかかっていない方へ行けますが、両方だと入場できないため、若干余分にお金をかけられるならディズニーランド・ディズニーシー別々の年間パスを買うことをお勧めします。

ファストパスを超効率的に取れる!
実質待ってる感覚0分!

ディズニーと言えば長い待ち時間。

それを解消してくれるのがファストパスですが、ファストパスの指定時間までやることがない…なんて時、ありますよね。


2パークの年パスであれば、ディズニーランドとディズニーシー両方のファストパスを取得することが出来るので、朝ディズニーランドのファストパスを取り、時間まではディズニーシーで遊ぶ、なんてこともできちゃいます。

 

 

両パークでファストパスを同時に取れる

しかもファストパスは、一回取ったら次のファストパスを取れるまで何時間かありますが、ディズニーランドとディズニーシーは別々に取れるので、両方のパークで同時に取ることが出来てしまうのです。

 

ショーの座席抽選も効率よく

ディズニーランドのワンスアポンアタイムや、ディズニーシーのビッグバンドビートなど鑑賞エリアの座席が抽選のものも、一日に両方のパークでチャレンジできるので、当たればショー漬けの一日を送ることも可能です。


なお、1つのパークの年パスを持っている場合は、持っていない側のパークのワンデーパスポートを買っても同じ遊び方ができます。

 

実は限定グッズやイベントがある

実は年パスホルダーだけが購入することが出来るグッズや、行った回数に応じてさまざまなグッズが貰えるスタンプラリーがあったりと、不定期のイベントが行われています。

 

希少なグッズを集めるチャンスでもあり、世のディズニーコレクター達にはお金以上の価値があるものです。

おわりに

「年パスを買う程遊びに行かないけれど、年何回か行く」という方は、ぜひ一度買ってみてください。

 

実は買うと暇なときに行くようになり、年パスを持っていない時より確実に行くようになります。

自然とディズニーに行くようになり、沢山歩くので楽しみながらダイエットができたりします。

 

ただし、美味しいものも沢山あるのでご注意を!

 
 

 関連エリア

 旅行の準備のコラムランキング

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ