ディズニーランドのキャストが使う隠語&専門用語17選!この雑学、アトラクション待ち時間に話したくなるっ

ディズニーキャストの間で使われている隠語や専門用語を紹介。これでマニアの仲間入り♪ ディズニーランドに遊びに行く前に知っておくと、より楽しめるかも。

執筆者: 雨宮あすか
ディズニーキャストが使う専門用語

ディズニーキャストの間では、様々な隠語や専門用語が使われています。

マニア同士の間ではそこそこ有名なようですが、当然のことながら、普通の人だと意味が理解できない言葉がほとんどです。

 

ここでは、そんな専門用語をいくつかご紹介します。

 

 

こんな意味なんだ!
インパーク

ディズニーランド・シーのパーク内にゲストとして入場することを指します。

キャッスル

ランドにあるシンデレラ城のことを言います。

フラッシュ3333

ゲストからの質問に答えられないとき、キャストが使う内線電話のことです。

 

ゲストは世界各国から来ているので、キャストが答えられない質問をされることも多いようです。

キャストはゲストからの質問にはできるだけ答えるように教育されているため、わからないときには、この電話を使ってオペレーターに質問します。

 

フロート

パレードで使われる乗り物のことです。

ファイブスターカード

すばらしい対応をしたキャストだけが貰えるカードです。

ファイブスターカードを貰ったキャストだけが参加できるパーティーもあるのだそうです。

CFA

中央救護室のことを指します。

 

C=セントラル、F=ファースト、A=エイドでCFAです。

開演中はずっと稼動している救護室です。

ブレイク

休憩をとることです。

キャストは「ブレイク行ってきます」と言ってから休憩に入ります。

リード

キャスト達を束ねるリーダーのことです。

 

キャストの多くはアルバイトとして雇われていますが、リードはオリエンタルランドの正社員か契約社員、もしくは派遣社員であることが多いです。

 

ステーション

ゲストがアトラクションに乗ったり、アトラクションから降りたりする場所です。

101(ワンノーワン)

アトラクションが停止している状態のことです。

故障や停電でアトラクションを動かせないときに使います。

102(ワンオーツー)

停止していたアトラクションが復旧したことを意味します。

 

ゲスコン

ゲストコントロールの略。

パレード時にゲスト(お客様)を誘導したり、整理するキャストのことです。

 

バルーンベンダー

パーク内で風船を売っているキャストのこと。

「ベンダー」は「売り手」という意味。

 

Qライン

待ち列のこと。

「Qライン」の「Q」は、列を意味する「queue(キュー)」の頭文字。

 

SCSE(エスシーエスイー)

キャスト全員が習う行動基準のこと。

「安全」が最も優先すべきプライオリティであることを、研修でも叩き込まれます。

 

  1. S…Safety(安全)
  2. C…Courtes(礼儀)
  3. S…Show(パフォーマンス、ショー、人を楽しませること)
  4. E…Efficiency(効率)

 

マジックフェザー

キャストから貰える魔法のカード。

貰ったばかりの風船を割ってしまったり、ポップコーンを一口も食べれず転んでぶちまけてしまった時…そっとキャストから貰えることがあります。

 

買ったお店に持っていくと、同じ商品が受け取れます。

 

ナイトカストーディアルキャスト

採用情報に書かれてあるので隠語ではありませんが、知らない人も多いかと思います。

ナイトカストーディアルキャストとは、閉園後、パーク全体を清掃するキャストのこと。

 

おわりに

ディズニーキャストが使う専門用語をご紹介しました。

 

ディズニーリゾートに行く前に、これらの専門用語を知っているとより楽しめそうですね。

もしよろしければ覚えてみてください。

 
 

 旅行のコラム

 生活のコラム

 趣味のコラム