販売員が「恥ずかしがり屋」を克服する方法を紹介。販売員にとって、接客時に恥ずかしがることはマイナス!売り上げを上げるためにも、ストレスを溜めないためにも、苦手意識を克服しましょう。

めざせ接客上手!販売員が「恥ずかしがり屋」を克服するには?

人の目を見て話すのが苦手だったり、大勢の前ではつい緊張することはありませんか?

程度の違いはあれど、誰でも恥ずかしさを感じることはありますよね。

 

ただし、販売員にとって恥ずかしがることは一番の敵。

思うように接客ができず空回りすることもあれば、自分でもどかしさを感じてストレスが溜まることも。

緊張しないように、なるべくカバーしたいところですよね。

では、どうやってカバーすれば良いのでしょうか?

 

 

話すのが苦手なら「しゃべる練習」を!

話すのが苦手な方は、誰かと喋る練習をしてみましょう。

 

仲の良い友達でも構いませんが、お店のスタッフが適任かもしれません。

特にお客さんは年代がバラバラですから、慣れ親しんだ人と話すよりは、スタッフのほうが良い練習になります。

 

何を話せば良いか分からないなら「軽く世間話」からスタート!

お客さんと何を話したら良いか分からないときは、当たり障りのない話題から入るのが最適です。

無難に世間話を振ってみると、お客さんが反応を返してくれる場合があります。

もし反応がなくても、気まずい空気が和らぐ場合も。

 

「恥ずかしいけど気まずいのはヤダ!」というときは、一声だけでも掛けてみましょう。

余計恥ずかしくなるから「目線を意識しない」

接客中を含め、販売員は誰かに見られることだってあります。

ですが、それを意識すると緊張してしまいますし、余計恥ずかしくなります。

誰かが見ているとしても、目線は意識しないようにするのが望ましいでしょう。

特に毎日大勢が来店するお店の場合、目線を意識すると緊張して上手く話せなくなることも。

「今は自分と接客中のお客さんしか居ない」程度に考えておけば、目線を気にせず済む場合もあります。

顔を見て話すのが苦手なら「立ち位置」を変えてみる

立ち位置は意識していますか?

接客する場合、意外と立ち位置が重要です。

特に恥ずかしくて顔を見て話すのが苦手な方は、真正面に立たず、斜めに立つようにしてみましょう。

例えば、お客さんの少し前に出て、お客さんのほうへやや体を向けると、立ち位置が斜めになります。

目線は斜め前へ向けましょう。

顔を見ないで済む位置に立てば、緊張感も和らぎます。

自信を持つことが大切だから「自分を低く評価しない」

恥ずかしがり屋だからと、自分を低く評価しないようにしましょう。

自分に自信を持つことが何より大切です。

人によっては、自意識過剰になる位でも問題無いかもしれません。

 

あまり自分を低く見せると、自信が無くなり、恥ずかしさが増してしまう場合もあります。

 

おわりに

人と話すのが苦手な恥ずかしがり屋の方は、接客するのも大変だと思います。

ですが、恥ずかしがり屋は頑張れば克服できます。

立ち位置を意識したり、話し方を練習して、少しずつ慣れていくと良いでしょう。

最初は困難な仕事に思えるかもしれませんが、接客を通じて徐々に人馴れしていけば、自然と人見知りも直り、自分に自信が付いてくるものです。

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム

NEW Column