「ファッションやおしゃれに興味がある男性」と「服にこだわりがない男性」の心理を解説。両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

おしゃれに興味がある男性、興味がない男性の心理は?

好きなファッションブランドがある方も、特にこだわりがない方もいらっしゃると思います。

自分に合ったファッションって意外と難しく、自分らしいスタイリングを見つけるのも大変ですよね。

それがファッションの難しさであり、楽しさでもあります。

おしゃれに対する考え方は個人によりますが、毎日着る服に悩む男性もいる一方で、「とりあえず着れるならいい・特にこだわりがない」という方もいます。

ファッションに対する興味の有無も人それぞれですが、実は心理にもちょっとした違いがあります。

 

 

ファッションに興味がある男性の心理は?
自分磨きにも熱心である

まずファッションやおしゃれに興味がある男性は、意外と自分磨きに熱心な方が多くいらっしゃいます。

「自分磨き」といっても方法はさまざまですが、内面はもちろん、外見もしっかり磨こうと意識している場合が多いようです。

割と清潔好き

また、おしゃれを意識している方は、身なりにも気を使っています。

興味がない方と比べて清潔好きが多く、中には少しのホコリも許せないと、潔癖症並の方もいます。

おしゃれを意識すると、最終的に見た目に行き着きますが、清潔感とファッションは切っても切れない関係にあるため、ごく自然なことかもしれません。

ファッションにお金もかける

また、おしゃれを意識すると、ファッションにかけるお金も変わります。

おしゃれする男性は、興味のない男性と比べて衣服に対する支出が多く、他の支出を切り詰めている方も中にはいます。

一方、ブランドへのこだわりは人それぞれで、近年はあまりこだわらず、自分が欲しいと思ったアイテムを選んで買う方が多い傾向にあります。

好きなブランドがあっても、そこに欲しいアイテムがなければ他のブランドを選ぶということですね。

意識しすぎの「ナルシスト」な場合もある

ただ、おしゃれを意識することは確かに重要ですが、逆に"意識しすぎてしまっている"男性も少なからずいます。

周囲から見て、「自分をよく見せているだけ・過度の背伸び」と思われたり、ファッションにこだわりを持ちすぎるあまり"意識高い系"に見られてしまったりする場合も。

「自分をよく見せたい」と考えるあまり、行き過ぎてしまった結果とも言えます。

意識しすぎることも考えものですね。

 

ファッションに興味がない男性の心理は?

一方、ファッションに興味がない人は、大きく分けると次の3パターンのどれかに当てはまります。

 

  1. 単におしゃれに興味が無い
  2. 他の趣味に熱心で興味が回らない
  3. 敷居が高いと感じている

 

服装にこだわりがない方の多くは 1のパターンで、ただおしゃれに興味がない、あるいは惹かれるものがないと考えている場合がほとんどかもしれません。

 

また、2のパターンのように、他の趣味に熱心なあまり、身なりにまで気が回らない方もいます。

人間つい夢中になると、他のことまでは注意が及ばなくなりますよね。

これは仕方ないことかもしれません。

ファッションに対して敷居の高さを感じる人もいる

それ以外に、自分に似合うファッションが分からず迷っている方、ファッションに対して抵抗を感じている方も少なくありません。

結局適当なスタイリングで済ませ、周囲から「ファッションにこだわりがない」と思われてしまう男性もいます。

判断が難しいところですが、確かにある種の抵抗はあると思います。

おしゃれは奥が深いため、正解自体ありませんし、だからこそ、あえて興味を持たないようにしている方もいます。

多少はおしゃれに興味を持ったほうがよい?

おしゃれをする、しないは個々の価値観によるものですが、単純化すると、ファッションへの興味の有無が関わっています。

モテ度へ影響しますから、清潔感を出すならおしゃれに気を使うべきですし、多少は興味を持ったほうがよいでしょう…とは言い切れないのがファッションの難しいところ。

興味が無くても、自分に合った服・自分が着たい服を着ることが"本来のおしゃれ"です(と筆者個人は考えています)。

個人の価値観による部分が大きいため非常に難しい問題ですが、普段と違う服装をしたり、清潔感を意識したりする場合は、"おしゃれに興味がある人"と捉えることもできるのではないでしょうか。

Tagこのコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム