旅客機着地時にドスンと下りるのは…飛行機の滑走路の知られざる雑学トリビア (1/2)

執筆者: 奥之園 誠 職業:航空アナリスト
はじめに

空港といえば、皆さんとても広い場所のイメージをお持ちだと思います。

羽田空港は敷地面積だけで、大田区全体の1/3の広さと言われています。

 

空港で思い浮かべる中に滑走路があると思いますが、今回は滑走路についてお話しようと思います。

 

 

国内空港の滑走路

現在の日本国内の各空港の滑走路ですが、小型ジェット機が就航可能な滑走路の長さが1500~2000m、中大型機で2500~3000m、国際線になると、燃料の搭載量も多くなりその分離陸滑走距離が伸びるため4000mが必要と言われています。

 

羽田空港の滑走路

羽田空港は、3000mが2本(A、C滑走路)、2500mが2本(B、D滑走路)の構成となっていますが、2014/11/14からC滑走路が延長され3360mとなります。

 

たかが360メートル、羽田からアメリカ東海岸への飛行は出来ませんでしたが、滑走路延長により可能となります。

 

滑走路ってどんな材質で出来ているの?

航空機は小型機ですら30t、大型機になると200t~300t位にもなります。

離発着の多さから、当然頑丈な材質で出来ていると思いますよね。

 

一番に思い浮かべるのは、コンクリートではないでしょうか?

答えから先に言いますと、アスファルトなのです。道路と同じ材質ですね。

 

コンクリートとアスファルトの違い

ではなぜ強固なコンクリートを使わないかと言いますと、アスファルトは敷設後直ぐに固まりますが、コンクリートは固まるまで時間が掛かります。仮に滑走路の一部に欠損が出た場合、アスファルトなら数時間で硬化するので、夜中に航空機の離発着が無い時間帯に工事を行い、日中の運航に影響が出ないようにできます。

 

しかし、コンクリートでは硬化するまで滑走路が使えないということになります。

 

そのような理由で、滑走路の材質はアスファルトが用いられているのです。

しかし、道路のアスファルトとは比較にならない位、アスファルトの層は厚く作られているのです。

 

強固な滑走路作り

道路では砂利や砂の上に数㎝のアスファルトが敷かれているのが普通ですが、滑走路の場合まず基礎部分をコンクリートにし、その上に基礎を含め2~3mの厚さのアスファルトで施工します。

 

アスファルトを敷いては巨大なローラーで敷き固める、それを繰り返すことで強固な滑走路を作りだすことが出来ます。

滑走路は平面ではない

滑走路は航空機が離発着する場所なので、平面だと思う方も多いと思います。

イメージとしてスケートリンクのような、少しの凹凸も無いまっ平な場所というイメージではないでしょうか?

 

しかし、雨が降った場合どうでしょう。

まっ平なので降った雨の逃げ道がなく、滑走路が水没してしまいます。

 

ハイドロプレーニング現象

「ハイドロプレーニング現象」という言葉を聞いたことのある方も多いかと思います。

車でいうと、雨天時高速で走行するとタイヤと路面に水が入り込み、車が路面に浮く形となりブレーキの利きが悪くなる現象です。
これは、ある条件化では航空機にも当てはまりますが、現在は、さまざまな対策が講じられ、この現象が起きる可能性は低いと言われています。

 

対策のひとつとして、滑走路には、雨水対策のための仕掛けがあります。

横方向(長い方)では高低差が作られており、縦方向(短い方)では中心部分を少し高くして両脇に傾斜をつけ、更に「グルーピング」と呼ばれる溝を掘って、雨水を排水する構造となっています。
グルーピングは、ブレーキの利きを良くする制動効果の目的もあります。

 

下の図は、羽田空港のD滑走路の平面図と側面から勾配を示した図になります。

 

 

 
 コラムニスト情報
奥之園 誠
性別:男性  |   職業:航空アナリスト

航空ブロガー、航空検定1級。

はじめまして。
ご覧頂きありがとうございます。
こちらで航空・飛行機についてのコラムを担当することになりました。
どうぞ宜しくお願い致します。

このコラムでは、飛行機を中心とした航空関係の様々な話題や疑問等を判り易く情報提供していきたいと考えております。気軽に読んで頂ければ幸いです。

尚、私のブログにおいても情報発信しておりますので、よろしければ合わせてご覧ください。
ブログタイトル JA8094's航空機Diary
URL:http://ja8094.jp/

 

 旅行のコラム

 趣味のコラム