韓国で気をつけたい食事マナー!食事代は男性が払うもの?お酒を飲むときの作法は? - Latte

  韓国で気をつけたい食事マナー!食事代は男性が払うもの?お酒を飲むときの作法は?

韓国旅行と言えば観光や買い物はもちろん、韓国の美味しい料理も楽しみ!韓国の食事マナーやレストランでのエチケット、日本との作法の違いを学びましょう。

執筆者: 田口 知枝 田口 知枝 職業:旅行業界勤務
在韓日本人が教える、韓国で食事をするときの注意点

お隣の国、韓国

日本と韓国は似ている点も多いと言われていますが、文化が違えば生活様式や習慣も違うもの。

 

今回は、韓国で食事をする時のマナーと豆知識をご紹介します。

 

 

韓国ではスプーンと箸で食べる!

韓国では、食事の際に箸とスプーンを使うのが一般的。

 

日本の場合、箸は手前に横向きに置きますが韓国は右側に縦に置きます。

その際、右側に箸、左側にスプーンを置きます。

ご飯と汁ものを食べる時はスプーン、それ以外のおかずを食べる時は箸を使います。

 

また、日本では自分の茶碗を手に持って食べるのが一般的ですが、韓国では茶碗は持たずにスプーンですくって食べます。

 

 

大皿料理はどう取り分ける?

韓国は大皿に出てくる料理を、みんなで分けて食べることが多いです。

 

その際、日本のように基本的に取り箸を使う習慣はなく、直箸で直接口まで運びます。

もちろん、お店の人に取り皿を頼むことも可能です。

 


韓国では自分の箸でおかずを取って、相手のご飯上におかずを置いてくれることがあります。

また、焼き魚を手でほぐして骨を取ってくれることも。

 

それは、相手にたくさん食べてほしいとの思いから。

驚かず、ありがとうの気持ちで美味しくいただきましょう。

 

 

お酒の席でもマナーがあった!

お酒の席は、楽しいものでありたいですよね。

韓国でもお酒を楽しく飲むために、気をつけたいことがあります。

 

 

目上の人との飲む時に気を付けること

目上の人とお酒を飲む時は、まず目上の人(年長者)にお酒を注ぎましょう。

 

右手にお酒を持ったら、左手は右腕や右手首に添えて注ぎます。

また、目上の人から注いでもらう時は、グラスを両手で持つようにしましょう。

 

お酒を飲む時、日本では目上の人の前でも正面を向いてお酒を飲むのは普通のこと。

しかし韓国では、目上の人を正面にして飲むのは失礼に当たります。

横を向いてグラス手で隠して飲みましょう。

友達同士、気兼ねない先輩・後輩との席では、基本的に手酌はしません。

 

それ以上飲みたくない時はグラスを空にしないで!

日本ではグラスにお酒がなくなる前に注ぎ足しをしますが、韓国では注ぎ足しはせずに、グラスが空になってからお酒を注ぎます。

 

もうこれ以上飲めないと思ったら、お酒は飲みほさずにグラスに残しておきましょう。

 

乾杯は一回だけじゃない

日本で乾杯をするのは飲み始める時の1回だけ。しかし韓国では、何度でも乾杯をします。

 

誰かがグラスを手にして「コンベ(韓国語で乾杯)」と言ったら、みんなでひとつになって乾杯!

もちろん、グラスが空いていたら注いであげましょう。

 

この韓国料理にはこのお酒が相性バツグン!

おいしい料理の味を引き立たせるお酒。

韓国では、お酒の種類によって注文する料理が違ってきます。

 

もちろん、絶対にこの組み合わせで食べなければいけない!ということではありません。

韓国の人がよく注文する料理とお酒の組み合わせで、韓国人の味覚を体験してみましょう!

 

チゲにはソジュ(焼酎)

韓国で一番よく飲まれているソジュ(焼酎)には、辛いチゲを注文することが多いです。

 

韓国のソジュのアルコール度数は18度~14度程度と高め(種類によって異なります)。飲むと、のどが熱くなるような苦さを感じるでしょう。

 

そんな時、辛いチゲをスプーンで一口飲めば苦さが緩和され、さらにお酒が進みます。

特に寒い冬は熱々のチゲを囲んで、ソジュをくいっと1杯する韓国の人たちの姿をよく見かけるでしょう。

 

 

チキンにはビール

「チメク」という言葉を聞いたことがありますか?

チメクとは「チキン」と「メクチュ(韓国語でビール)」を合わせて省略した造語です。

 

韓国のチキンの種類は、数多くあります。

フライドチキンだけではなく、「ヤンニョムチキン」といって甘辛いソースに和えたものや、「パダク」といってチキンの上に千切りのネギが山盛りに乗ってワサビ醤油ベースのソースがかかっているもの、「マヌルチキン」といったニンニクたっぷりのものなど基本的に味の濃いものが多いです。

 

 

そんな韓国のチキンを食べる時は、キンキンに冷えてさっぱりしたビールがピッタリ!

 

特に夏になると、公園や店の前に出される簡易テーブルと椅子でチメクを楽しむのは、現代の韓国のお酒文化のひとつとも言えるでしょう。

 

チヂミにはマッコリ

韓国では雨が降ると、「今夜はマッコリにチヂミだな」という言葉を聞きます。

 

韓国の人たちは、雨が降るとチヂミを食べたくなるそうです。

それは、雨音がマッコリを焼く音と似ているから、または農耕社会だった昔、農作業中に雨が降ったらチヂミを食べながら雨が止むのを待ったからだと言われています。

 

実際に、多めの油で揚げるように焼くチヂミにさっぱりとしたマッコリは抜群の相性!

雨がしとしと降る夜、マッコリとチヂミでまったりとした時間を過ごしてみませんか?

 

 

お会計は割り勘じゃない?

韓国ではお会計の時に、日本のようにきっかりと割り勘をすることはあまりしません。

最近では割り勘文化もだいぶ浸透してきて、自分が食べた分は払うことも一般的になりつつあります。

 

しかし、まだデートの時は男性が支払うことも多いようです。

また、年上の人が全額払ったり、多めに払うこともしばしば。

 

友達同士でも食事は1人が全額支払い、2次会は別の人が全額支払うということもよくあります。

 

もし、韓国の人と食事に行って「ここはご馳走するね」と言ってもらったら、相手の誠意をありがたく受け取って、笑顔でありがとうとお礼を言い「次は(次回の食事の時、または2次会では)自分が払うね」とご馳走になるのが韓国的コミュニケーションのひとつです。

 

さいごに

食事をすることを大切に考える韓国。

基本的な食事のマナーやちょっとした知識があれば、さらに楽しく、おいしく食事ができることでしょう。

 

韓国で本場の韓国料理を味わう時はぜひ気にかけてみてください。

 
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ