日本の空港が面白い!知ってたら人に話したくなる国内空港トリビア - Latte

  日本の空港が面白い!知ってたら人に話したくなる国内空港トリビア

日本の空港の豆知識・雑学!「飛行機を離発着させるのに、空港にどれくらいお金を払ってるの?」「空港には門限がある?」「羽田空港の世界一って何?」などの知って楽しい空港トリビアから、思わず行きたくなるユニークな空港の紹介まで。

執筆者: 奥之園 誠 奥之園 誠 職業:航空アナリスト
日本の空港のおもしろトリビア

以前、空港の法律や愛称などについてお話しました。

今回は、その第3弾として、空の旅がもっと楽しくなりそうな空港トリビアをご紹介します。

 

 

航空機が空港を使うのに、どのくらいお金がかかるの?

航空機が空港に着陸するためには、次のような料金を支払う必要があります。

その金額は、機種毎に決められています。

 

  • 着陸料
  • 翌日のフライトに備えてステイ(停留)する停留料
  • 手荷物取扱施設料
  • 乗客の航空機への乗り降りに使う旅客搭乗橋(PBB:Passenger boarding bridge)使用料 など

 

 

 

成田空港の国際線の場合を例に、具体的な金額を見てみましょう。

 

現在の国際線の主力機である「B777-300ER」の場合

成田空港の国際線をB777-300ERが使用する場合にかかる料金は、約70万円(725,075円)です。

内訳は、以下のとおりです。


  • 着陸料:562,650 円
  • 停留料:68,200円
  • 手荷物取扱施設:81,225円
  • 搭乗橋使用料:13,000円

 

LCCの機材として多く使用される「A320」の場合

成田空港の国際線をA320が使用する場合にかかる料金は、約20万円(218,300円)です。

内訳は、以下のとおりです。


  • 着陸料:122,100 円
  • 停留料:14,800 円
  • 手荷物取扱施設:68,400 円
  • 搭乗橋使用料:13,000円

 

現在世界最大の旅客機「A380」になると?

さらに、これが現在世界最大の旅客機A380になると、かかる料金は合計で約110万円(1,100,975円)となります。

 

着陸料は空港の重要な収入源

なお、着陸料は、一般的に利用者が支払うわけではありません。

航空会社が空港の管理主体(航空当局や空港会社など)に支払います。

 

また、着陸料の金額は、各空港により異なります。

着陸料は、空港の重要な収入源と言えますね。

 

離陸機からみた成田空港の全景

空港には門限がある?

空港は、24時間365日運用していると思っている方も多いかもしれません。

実は、空港によっては門限があります。

 

日本においても、羽田空港や中部、関空など、国際線の就航する空港は24時間運用が多いです。

ですが、国内でも国際線がメインの成田空港の場合、運用時間は6:00~23:00(例外24:00)。

これ以外の時間帯は離着陸ができません。

 

ただし、急病人発生や悪天候で緊急を要する場合は、もちろんこの限りではありません。

このような空港の運用制限をカーフュー(CURFEW)と呼んでいます。

 

なお、国内の24時間運用以外の空港については、便の増加や、国際線への乗り継ぎ・乗り換えといった理由から、運用時間が延長される傾向にあります。

 

空港24時間オープンの課題

空港の24時間化は、利用者にとっても利便性が増すというメリットがありますが、課題が多いのも事実。

航空機の離発着は深夜でも可能ですが、場所によっては騒音問題がネックになります。

また、空港から空港へ行くまでの交通インフラが24時間対応でなければ、真の24時間空港とは言えないですね。

あなたも空港の「施設使用料」を払ったことがあるかも

一部の空港では、利用者が施設使用料を支払っています。

施設使用料は、航空チケットの金額に包含されていて、個別の料金表示を目にする機会がないため、普段意識したことがないかもしれませんね。

 

ちなみに、羽田空港の料金は、以下のとおりです。

※大人(満12歳以上)、小人(満3歳以上満12歳未満)
 

  • 国内線:大人290円、小人140円
  • 国際線で羽田出発:大人2,570円、小人1,280円
  • 国際線乗り継ぎ:大人1,280円、小人640円

   2018年6月現在

 

羽田空港、その実力はすごかった!

日本を代表する羽田空港。

世界の主要空港と比べると、その評価はどんなものでしょうか?

 

利用旅客数 … 5位!

まず、利用旅客数は、2015年の全世界旅客ランキングで5位(75,317,718人)となっています。

 

世界的格付け … 2位!

 航空業界の世界的格付けを行う英国「SKYTRAX社」の2017年ベストエアポート部門では、総合順位は2位です。

 

清潔度… 1位!

空港の清潔度を各付けするThe World’s Cleanest Airportsでは、1位となっています!


世界一クリーンな評価を受けた羽田空港の全景

思わず行きたくなる!日本の空港はバラエティ豊か

日本国内にある空港の数は97。

中にはとてもユニークな空港もあります。

ほんの一例ですが、ご紹介します。

 

新千歳空港

まず北から、北海道の新千歳空港。

空港内に温泉があり、宿泊もできます。

 

富山きときと空港

北陸は、富山きときと空港。

なんと、空港自体が河川敷にあるという全国でも珍しい空港です。

 

松山空港

四国からは、愛媛の松山空港。

愛媛と言えば…ポンジュースですね。

こちらの空港では、蛇口をひねると、ポンジュースが出てきます!

以前、毎月第3日曜限定で行われていた無料試飲イベントは終了。

現在は蛇口が常設され、有料にはなりますが、毎日楽しめるようになっています。

 

出典:松山空港公式サイト 

 

鹿児島空港

南は、鹿児島空港。

国内空港でも珍しい天然温泉の足湯があります。

 

鹿児島空港の天然温泉足湯”おやっとさぁ”

 

また、空港ターミナル内に航空展示室があり、実際に使われていた飛行機の備品などを無料で見学できます。

 

鹿児島空港内航空展示室”SORA STAGE”の展示品

 

旅先で、空港も楽しんでみては?

日本は他国と比べ国土は狭いですが、多くの空港が存在しています。

また、最近の空港は、その都道府県の玄関としてのPR機能も持ち合わせ、単に飛行機に乗るための施設ではなく、観光や買い物、そしてアミューズメント的な機能を提供しています。

 

旅行で訪れる際は、ぜひ空港でも楽しんでもらえると思います。

みなさんの旅の参考になれば幸いです。

 
 

 旅行のコラム

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ