きちんとやらなきゃ効果ない!正しいドローインを身につけよう!

簡単にできるダイエットとして、人気のドローイン。本記事ではドローインの正しいやり方をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

執筆者: Latte

 

女性が他人には言えない悩みで、絶えず上位にランクインしている「ぽっこりお腹」。


一見スリムな方も、案外ぽっこりお腹で困っていることが多いようです。

ですが、慌てて腹筋運動を始めようとしても、なかなか長続きしません。

腰など身体への負担もかかってきますよね。

そこで、簡単にできるダイエットとして、ドローインの人気が急上昇中。

しかし、ドローインは主にお腹を引っ込めるという簡単な動きだけに、実は効果がないという疑惑もあるようです。

本記事では、ドローインに効果がないというのは本当なのか、また正しいドローインを取り入れたダイエットについて解説していきます。

お腹周りが気になる方や、普段運動をしない方、ダイエッターの方はぜひ最後までご覧ください。

 

ドローインはダイエットに効果がないって本当?


ドローイン (Draw-in) は、「引っ込める」という意味の英語。

ゆっくり呼吸しながらお腹を膨らませたり、引っ込めたりしながら、内臓周りのような身体の深いところにある筋肉 (インナーマッスル) を鍛える腹筋運動の一種です。

きつい運動ではなく、呼吸するだけの楽なダイエット方法として人気急上昇中です。

しかし、あまりの簡単さから「効果がないのでは?」と、疑いの目で見られることもあるので、実際どうなんでしょう。

そもそもドローインとは、大きく息を吸い込んでお腹を膨らませた後、風船の空気を抜くように、ゆっくり息を吐き切ってお腹をへこませる呼吸法です。

継続的な腹筋運動等は行いませんし、ダイエットと呼べるかどうかは疑わしいところです。

 

どこに効くの?ドローインの効果とは


ドローインは消費エネルギーが少なく、これだけでは減量の効果はないかもしれません。

しかし、普段使わない深部にあるインナーマッスル (内臓周りの筋肉のこと) のうち、特に腹横筋を鍛えるので、姿勢が良くなるというメリットがあります!

腹横筋とはお腹全体を包みこむような筋肉で、身体のコルセットのような役割をします。

この腹横筋を鍛えることで、背骨の正しい位置が保たれ、腰痛・肩こりが軽減、ぽっこりお腹の解消にもつながります。

ただ、消費エネルギーが少ないので、体重が減る事については、あまり期待できないようです。

手順を間違えると効果がない!正しいドローインの方法とは


正しいドローインとは、どのような方法なのでしょうか?

元々ドローインは、30秒間お腹をへこませて痩せるという簡易エクササイズで、誰でも簡単に行えるのが魅力です。

背筋を伸ばした状態で行う必要があるため、寝転んだ状態で行うのがオススメです。

◆正しいドローインの方法

1. 仰向けに寝転びリラックスしながら、ひざを曲げて立て膝の姿勢を取る。

2. ゆっくり息を吸ってお腹を膨らませる。

3. 限界まで息を吸い込んだら、今度はゆっくり息を吐いてお腹をへこませる。

4. お腹が完全にへこみきった状態で息は止めず、5つ数える。
※お尻をきゅっと締めると効果アップ。

5. 2に戻る


ここまででおよそ30秒ほどの簡単なエクササイズ。

30秒×10回、これが朝晩できれば十分ですが、注意点がありますので気をつけてください。

注意点① 食後に行わないこと

食後のドローインは絶対にやめましょう。

効果がないばかりか、内臓に負担がかかり、様々な健康被害を引き起こす恐れがあります。

注意点② 動かすのはお腹だけ

腕や肩、腰などに余計な力が入らないよう、リラックスして行いましょう。

仰向けになるとリラックスしやすいです。

注意点③ 身体を曲げないこと

ドローインは体幹、つまり身体の中心部を鍛えるのが目的なので、背骨がすっと伸びた姿勢で行いましょう。

横を向いたり、身体をねじったりするのはNGです。

注意点④ お腹は完全にへこませること

仰向けになってお腹をへこませた時、お腹は完全にへこんでいますか?

おへそ付近が盛り上がっているようなら、腹筋に余計な力が入っている証拠です。

完全に脱力できていないと、そのドローインは効果がない事になってしまいます。

息を吐ききったあと、さらにお腹をへこませましょう。

注意点➄ 呼吸を止めないこと

ドローインのもうひとつの目的は、正しい姿勢を身体に教え込むことです。

つまり、「お腹がへこんだ状態が普通なんだ」と身体に認識してもらうことが大事。

きちんと呼吸ができていれば、たとえ体重は減らなくても、ぽっこりお腹は解消されていきます!

ドローイン中に呼吸を止めてしまうと、お腹がへこんだ状態はイレギュラーだと身体が認識するため、効果がありません。

ちなみに正しいドローインが出来ているか確かめる方法は、仰向けの状態で、おへそ付近の脇腹部分をそっと手で押してみてください。

息を吐ききったときに固く、息を吸う時に柔らかくなっていれば、きちんとインナーマッスルに効いている証拠です。

ドローインだけじゃダイエット効果がないというあなたに


ドローインは姿勢を良くする効果があります。

しかし、消費カロリーは少ないため、十分なダイエット効果がない、トレーニングとして物足りない、と思われるかもしれません。

筋トレなど、しっかり出来れば理想的ですが、そんな時間は取れない場合もあると思います。

なら、今すぐ出来る簡単エクササイズとして、階段を全力で上ってみるのはどうでしょうか?

段差を足先だけでなく、足の裏全体でぐっと踏み込んでから体重を移動させます。

股関節を痛める恐れがあるので、決して駆け上がってはいけません。

いつもの駅の階段や、ひとつ上の階まで程度で十分です。

普段より少しだけ大またで歩くのもいいでしょう。

また、電車の吊り革につかまったまま、密かにドローインを行うツワモノもいるようです。

いずれにしても無理は禁物です。

 

効果がないとは言わせない!ドローインは素敵なエクササイズ


いかがでしたか。

息を吐ききると同時にお腹をへこませるだけの、誰でも簡単にできるドローイン。

ですが、やり方を間違えると、腰痛や胃腸障害などを引き起こす可能性があるので、注意しながら行いましょう。

正しいドローインの方法をマスターすれば、効果がないどころか、素敵なエクササイズになるでしょう。

ドローインでインナーマッスルを鍛えれば、姿勢が良くなり、ぽっこりお腹や腰痛、肩こりの防止にも役立ってきます。

あなたも朝晩のドローインで、素敵なボディラインをゲットしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。