スターバックスで役立つ裏技・完全保存版!カスタマイズやおすすめ裏メニューの紹介

大学生や社会人が好んで使うstarbucks(スターバックス)。

カスタムメニューのレシピなどが世に出回る中、以前はダイエット中でも気兼ねなく頼めるカスタム方法をご紹介しました。

 

 

今回はスタバで役立つ裏技情報をまとめてご紹介いたします。

 

 

無料で追加できるカスタマイズ

スタバで無料で変更・追加できるメニューは以下です。

 

  • 低脂肪乳
  • 無脂肪乳
  • フォームミルクの調整
  • 温度調整
  • チョコレートソース
  • キャラメルソース
  • エスプレッソの量
  • 氷の量
  • バニラシロップ、キャラメルシロップ、ヘーゼルナッツシロップ、アーモンドシロップの量
  • パウダーの量
  • ホイップクリームの量(1.5倍まで)

 

その他、セルフではありますが以下も自由に追加できます。

 

  • ココアパウダー
  • シナモンパウダー
  • ミルク(牛乳、コーヒーミルク、無脂肪乳)
  • 砂糖(ブラウンシュガー、ダイエットシュガー)
  • ハチミツ
  • ガムシロップ

 

本日のコーヒーのおかわりは100円

 いわゆる「本日のコーヒー」は、2杯目から100円です。

ミスドやマックなどと変わらない値段と思えば、スタバに行こうという気持ちはますます強くなりますね。

 

ちなみに他店に行っても当日内であれば2杯目を100円で楽しめます。

レシートをお忘れなく!サイズは最初に注文したサイズのみです。

 

ショートとトールでは味が違う

スタバはサイズによって味の濃さが違います。

といっても、ショートとトール以外はほぼ一緒ですが、この2つは違います。

 

例えば分かりやすく「スターバックスラテ」で考えてみましょう。

 

スターバックスラテには「ショット(エスプレッソ)」と「ミルク」が入っているのですが、ショートとトールの「ショット(エスプレッソ)」量は同じです。

ショートより容器のサイズが大きいトールに、ショートと同じ量しか「ショット(エスプレッソ)」が入っていないため、トールは少し味が薄いのです。


これを防ぐため、トールを注文する際には「ショット(エスプレッソ)」を多めで、と頼むと良いでしょう。

 

新作の本が読める店舗がある

スターバックスbook&cafe店舗では、書店(TSUTAYA)が併設されています。

その書店の本は自由に読むことが可能で、スタバの珈琲を片手に新作の本や雑誌を楽しむことが出来るのです。

最新のCDを試聴することも可能で、スタバ×本(音楽)という素晴らしい組み合わせが実現した店舗です。

もちろん購入可能で、購入前の本をゆっくりスタバで試し読みすることも出来るのです。


都内ほか、全国の各店舗に併設されていますので、お近くのスターバックスbook&cafeへ足を向けてみては?

 

タンブラー購入で1杯無料

スタバのタンブラーは非常に使えます。

まずタンブラーを購入すると、初めの1杯は全て無料となります。

今は飲まないよ、という時は無料券を貰えます。

無料券を使う際はタンブラーを用意して下さいね。

 

また、タンブラーを持っていくと20円引きになります。

大したことない金額だと思っても、スタバによく行く人であれば積み重なると大きな値段となります。

 

ちなみに飲み終わった後のタンブラーは、なんと店員さんに言えば無料で洗ってくれるというサービスつき。やはりスタバのサービスは素晴らしい。

 

ティーラテを最強に濃い味にできる

濃く入れた紅茶とミルクで仕上げたティーラテ。ファンも多いメニューです。

これを頼む時、「オールミルク」で注文してみましょう。

濃い紅茶とミルクではなく、ミルクを使って紅茶を煮出すので、非常に濃い味のティーラテが出来上がります。

ちなみに無料で変更できます。

抹茶ティーラテ、チャイティーラテなど「ティーラテ」と付くものに適用可能ですので、オールミルクでコクのあるラテを味わってみて下さい。

 

プレスで濃い味にできる

淹れたてのコーヒーを味わいにスタバへ…しかし、スタバではよく注文されるメニューはある程度作り置きしている場合があります。

 

淹れたてを味わいたいという場合は、「プレスで」と注文しましょう。

豆から挽いて蒸らしますので、普通に注文するより時間がかかります。料金も80円増してしまいますが、味と香りのよさを楽しめる裏技ですよ。

 

カフェイン抜きで飲める

夜、スタバに寄りたいが眠れなくなるかも…という不安がある方。

もしくは胃の調子が悪い、美容のため、妊娠中で珈琲は駄目…という方へ朗報の裏技です。

なんとスタバで「カフェイン抜き」ドリンクを注文出来るのです。

 

デカフェと呼ばれる手法で、カフェインが抜けた豆を使ってコーヒーを入れるのです。

 

残念ながら現段階では「ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド」のみ使用可能ですので、他の豆を使ったドリンクメニューでのカフェイン抜きは出来ません。ご注意ください。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

スタバの裏技を一挙大公開しましたが、いくつ知っていましたか?

 

スタバは知られざるカスタムメニューや裏技が多くありますので、もしかしたら新たな裏技が今、この瞬間も生まれているかもしれません。

スタバで働いている知人などに、変わった注文方法をするお客様がいないか聞いてみるのも、裏技発明の第一歩かもしれませんね!