窓の位置と風通しが大切!風水的・運気が上がるお部屋の選び方

執筆者: 夏衣涼子 職業:風水心理カウンセラー
はじめに

こんにちは。風水心理カウンセラーの夏衣涼子です。


春を迎えるにあたり、新生活をスタートさせる人も多いと思います。

新たな住まいは、あなたの生活の中心となります。


せっかくの新生活、運気がアップ出来るお部屋を探しをしてみませんか?

 

 

部屋探しは直感が大事

理想の物件を探していても、なかなか良い物件にめぐり遇えない事も多いと思います。
人気の部屋はすぐに埋まってしまいますし、予算が合わない場合もありますね。

そんな中でまず一番大切にして欲しい事は、内見した部屋が直感で「いいな」と思えるかどうかです。

 

色々な条件はとりあえず置いといて…

お探しの部屋で数々の条件はありますが、その条件が当てはまるかどうかの前に、この部屋が好きになれるかどうか、そんな事をまず感じてみて下さい。

 

 

反対に「嫌だな」と直感で思う様ならば、やめておいた方が無難です。

部屋探しの優先順位「光と風」

風水的に大切にして欲しい事は「風と光」を取り入れること。

「風と光」を感じるお部屋選びです。

 

気の流れを大切に

風通しが良く、気が滞る事が無い様にしましょう。

気が滞ると、植物も枯れてしまいます。

同様に、住む人も元気が無くなってしまいます。

 

南から東向きの部屋がベスト

また、光が降り注ぐ明るい部屋からは、パワーが貰えます。

お部屋の向きとしては、出来ましたら「南から東の間」が良いでしょう。

 

東は朝の光も入り、活動的パワーを貰えます。
南は、もちろん部屋全体に光が降り注ぎ、幸せな気分になります。

 

 

日中不在でも、北向きはNG

日中不在がちの部屋も、帰宅後に感じるお部屋の印象は、北向きと南向きでは全く違います。

半地下の様に光も入らず、風もあまり通らないお部屋もお勧め出来ません。

 

半地下もNGの理由

日中に人がいないという事は、空気の対流も起こらず流れもありません。

陽も当たらずに、湿気だけが溜まっていきます。

お掃除風水といわれる位、部屋は綺麗にしておくのが良いのですが、そもそも半地下は湿気が溜まりやすいという難点があります。

湿気やほこりは邪気であり、溜まって良い事は一つもありません。

 

その様な訳で、窓の位置と風通しの確認、お部屋の向きと陽当たりは大切にして欲しいポイントです。

 

部屋から見える景色にも気配りを

部屋の中はくまなくチェックする方は多いのですが、お部屋の外に意識を向けてみて下さい。

「窓やベランダから何が見えるか?」

 

朝一番に見るもの

窓を開けて、お墓…ではないにしても、隣の家が隣接していたり、近所が丸見えだったりすると少し気になりますね。

 

毎日見ているものに、私達は影響を受けます。

朝、窓を開けて風の入れ替えをする時に、朝一番に見るものはなにか。

そんなことも意識してみて下さい。

おわりに

限られた時間の中で部屋探しをする際には、譲れないポイントをチェックリストにするとスムーズです。

運気を上げるお部屋の選び方、ご参考にしてみて下さいね。

 
 コラムニスト情報
夏衣涼子
性別:女性  |   職業:風水心理カウンセラー

風水を生活に取り入れると、
自分自身の事が良くわかるようになり、
運の波に乗ることができます。

自分の運を育てる住まいは特に大切!!
インテリア風水では、毎日の生活でポイントを押さえながら、
快適かつ運気アップする方法&考え方をお伝えします。

現在は個人カウンセリングを中心に、
一般財団法人FSCA認定吉祥寺校の講師としても活動しています。

ホームページ:夏衣涼子の風水生活
http://ryouko-natsue.com/

ブログ:夏衣涼子の風水生活い・ろ・は
http://ameblo.jp/fusuitanoshii/

 おすすめ新着コラム
     

     住宅・不動産のコラム

     趣味のコラム