金沢「ひがし茶屋街」観光巡り!美味しい和菓子を味わえるお茶屋さん紹介

一人旅・女子旅におすすめ!石川県金沢市の「和菓子」と「茶屋街」をテーマに、観光時に食べたいお菓子を紹介。特に「きんつば中田屋」は絶品です。

執筆者: 水谷俊江 職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター
はじめに

北陸新幹線開通により、金沢へのアクセスが非常に便利となりました。

今回は金沢の「和菓子」と「茶屋街の散策」をテーマに、お送りします。

 

 

城下町金沢の楽しみ、世代を超えて愛される和菓子の世界

加賀百万石、前田家お膝元であった金沢。
茶道文化や加賀藩の繁栄とともに、由緒ある銘菓が生まれました。

 

金沢は、日本を代表する甘味処町

驚くことに、現代の和菓子も、当時と変わらないレシピで作られているのだそうです。

世代を超えて愛されているという証ですね。

 

 

金沢百番街「あんと」で、お買い物&リサーチ

金沢駅コンコース前のお土産ショップ「あんと」は、とにかく便利なお店です。


金沢のお菓子、食品、工芸品など、名店66店が勢揃いです。

「あんと」で気に入った銘菓の甘味処を目指すのも、一案です。

 

茶屋街を散策

お目当てがなくても、風情豊かな茶屋街を散策するだけで、贅沢で幸せな気持ちになります。

 

 

金沢の三茶屋街

ひがし茶屋街主計町(ゆずえまち)茶屋街にし茶屋街が、金沢では特に有名なお茶屋です。

 

お茶屋ってなに?

お茶屋とは、もともと学者や上流階級の人々が集まる、格式高いカフェのような場所。

金沢のお茶屋は、加賀藩公認の茶屋街として栄え、現代では国の重要伝統的建築群保存地区となっています。

 

敷居が高い?

お座敷は「一見さんお断り」ですが、バーを設置した茶屋では観光客も問題なく入店できます。

 

和風の食事処やカフェ、雑貨屋さんなどが立ち並び、多くの観光客が散策を楽しんでいます。

 

「きんつば中田屋」の小豆は、まるで宝石!

 

きんつばの名店「きんつば中田屋」を訪ねました。

金沢のきんつばといえば、ここと言われるほどの名店。


輝く小倉の粒は、まるで宝石のように輝いています。

粒は大きく、甘さは控えめの上品なお味。

 

「きんつばって、こんなに美味しいものだったの?」というほど、甘いものが苦手な人にも是非食べて欲しい、加賀百万石の歴史を感じさせる一品です。

 

2月~4月の期間は、桜のきんつばも販売されているようです。

 

 

趣きある店内で、しばし休憩です。

 

おわりに

3つの茶屋街を散策し、金沢の町も日が暮れていきます。

 

 

夜は燈篭がぼんやりと足元を照らす、美しい夜の景色が楽しめます。

 

 
 コラムニスト情報
水谷俊江
性別:女性  |   職業:管理栄養士 ダイエットコーディネーター

2014年夏 ブラジルサンパウロから帰国しました。
サンバも踊る管理栄養士