ジェノバ観光の合間に食べ歩き♪イタリア・ジェノバの下町のおすすめストリートフード - Latte

  ジェノバ観光の合間に食べ歩き♪イタリア・ジェノバの下町のおすすめストリートフード

執筆者: ばらっば かあい ばらっば かあい 職業:イタリア旅行アドバイザー

気軽に食べられるストリートフード。ちょっと小腹が空いたときや、レストランに入る時間が無いときにとても重宝しますよね。

 

今回はイタリアジェノバで見つけた、ストリートフードとその人気店をご紹介します。

 

下町の雰囲気漂うフライ屋さん「アンティーカ・フリッジトリア・カレーガ」

 

ポルト・アンティーコ(旧港)に面するカリカメント広場の近くにある、「アンティーカ・フリッジトリア・カレーガ(Antica Friggitoria Carega)」。

 

ジェノバの下町の雰囲気漂うエリアにある、昔ながらのフライ屋さんです。イタリアのグルメ番組でも取り上げられた、地元では有名なお店です。お昼時には、たくさんのお客さんで賑わっています。

 

何よりも、この通りを歩いていると目に飛び込んでくるのがお店のショーケースに並んでいるおいしそうな揚げ物。そしてイタリアならではのお客さんとの軽快なやり取りが魅力です。

 

 

 

 

ピッツァも薪窯で焼かれた本格派!テイクアウトの箱も可愛いですね。

 

 

さすが港のあるジェノバだけあって、シーフードを使ったメニューが豊富です。

メニューは基本的に量り売りです。

 

注文は指さしで大丈夫!注文の時に役立つイタリア語をご紹介!
「100gください」=Un'etto per favore:ウネット ペルファボーレ
「300gください」=Tre etti per favore:トレ エッティ ペルファボーレ

「1人前ください」=Una porzione per favore:ウナ ポルツィオーネ ペルファボーレ
「2人前ください」はDue porzioni per favore:ドゥエ ポルツィオーニ ペルファボーレ

 

 

 

お店の中には少しですがイート・インできるスペースがあるので、そこに腰かけてお手軽ランチにもできます♪

 

お天気が良ければ、テイクアウトをして、目の前のポルト・アンティーコにあるベンチに腰掛けて、港を行き交う船を見ながら味わうのも、ジェノバらしいストリートフードの楽しみ方かもしれません!

 

アンティーカ・フリッジトリア・カレーガ
住所:Via Sottoripa, 113r, 16124 Genova, Italia

 

食べ歩きの定番、フォカッチャ

ジェノバのお手軽ストリートフードの定番は、ジェノバが発祥の地でもあるフォカッチャです。

そのため、ジェノバ観光の途中でフォカッチャを食べながら足早に歩いていたり、階段に腰かけてフォカッチャを食べている人に何度となく出会われるかもしれません。

 

ジェノバのフォカッチャは”focaccia alla genovese:フォカッチャ・アッラ・ジェノベーゼ”と言われ、小麦粉、水、塩、イーストと生地は至ってシンプル。ですが、香り豊かなエキストラバージンオリーブオイルを使うフォカッチャは、ぜひ本場のジェノバで味わって頂きたい物です。

 

シンプルな一品ですが、お店によって味は様々。地元の人で賑わうパン屋さんを見かけたら、ぜひ入ってみてください。

 

 

こちらが定番のフォカッチャ。一番シンプルな物です。

 

 

そして、こちらはリグーリア州では定番の玉ねぎがトッピングされたフォカッチャ。
玉ねぎの甘みがなんともクセになるフォカッチャです。

 

ジェノバ人の楽しみ方 甘味×塩味の魅惑!

イタリアでは基本的には甘い物(クッキーやタルトなど)で朝食を済ませますが、ここジェノバでは、朝食にもこのフォカッチャを食べる習慣があるほどです。こちら本場の食べ方は、フォカッチャをカプチーノに2~3度浸して、フォカッチャにカプチーノをた~っぷりと染み込ませて食べるんですよ。ちょっとびっくりな食べ方かもしれませんが、塩気のあるフォカッチャと甘味のあるカプチーノのダブルの味わいは、結構クセになってしまうかも!?

 

朝食をバールで取る機会があれば、ぜひフォカッチャ×カプチーノに挑戦してみてくださいね。

 

お惣菜屋さんでおすすめのストリートフード

町歩きの途中で”Gastronomia:ガストロノミア”という文字が入った看板を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。ガストロノミアとは、テイクアウトのお惣菜屋さんのことです。店内には美味しそうなお惣菜がたくさん並んでいます!

 

トルタ・サラータ

 

特におすすめの物は、”Torta salata:トルタ・サラータ”!いわゆるキッシュのことで、お野菜、卵とリコッタチーズを詰め物にし焼き上げたものです。これならテイクアウトで町歩きのお供にしても食べやすいですね!

 

ファリナータ

 

ジェノバのピッツェリアやお惣菜屋さんにで多くみられるのが、ひよこ豆を挽いた粉と水、塩と黒胡椒と薫り高いエクストラバージンオリーブオイルを生地とし、高温のオーブンで一気にカリっと焼き上げた”farinata:ファリナータ”です。

 

クレープのように薄いわけではありませんが、上はカリカリ、下はふんわりとした食感で、ひよこ豆の甘みがほのかに香るとても素朴でどこか懐かしい味です。お好みで黒胡椒をかけて、ピリっとさせますが、これが白ワインと絶妙でとても美味しいんですよ。

 

Osteria da Vittorio
住所:Via Bighetti 33, 16043 Chiavari (GE)

 

パニッサ

 

こちらの写真、何に見えますか?フライドポテトではありません。

 

これは先にご紹介したファリナータよりも、ひよこ豆からできた生地を少し固めに練り上げたものを切って揚げた”Panissa:パニッサ”と呼ばれるものです。

ひよこ豆の素朴な甘みが後を引く美味しさです。そしてひよこ豆が原料ですので、意外と少量でお腹が満たされるストリートフードです。

 

さいごに

いかがでしたか?気軽にササっと食べれるのが魅力のストリートフード。ジェノバ観光のお供に、ぜひ楽しんでみてくださいね!

 

 
 

 旅行のコラム

 関連エリア

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ