世界一大きなフライパンが観光目玉!イタリア・カモーリで開かれる「魚のお祭り(サグラ... - Latte

  世界一大きなフライパンが観光目玉!イタリア・カモーリで開かれる「魚のお祭り(サグラ・デル・ペシェ)」の楽しみ方

執筆者: ばらっば かあい ばらっば かあい 職業:イタリア旅行アドバイザー
はじめに

Camogli(カモーリ)とは、ジェノバポルトフィーノの間にある、人口5400人ほどの小さな漁村のある村です。

こんなに小さい村が、一年に一度、世界中からの観光客で溢れ返る日があります。

 

それが「Sagra del Pesce(サグラ・デル・ペシェ)」。

訳すと「お魚のサグラ」となるのですが、毎年、母の日と同じ5月の第二日曜日に開催されます。

 

今日は、年に一度のお祭りの模様をお届けします。

 

 

Genova P. Principe(ジェノバ・ピアッツァ・ピリンチペ)駅より約30分乗車、
Camogli-S. Fruttuoso(カモーリ、サン・フルットゥオーゾ)駅下車すぐ

 

世界一大きいフライパンで作る魚のフライ!

サグラとは収穫祭のような意味合いがあります。

 

カモーリは漁村なので、魚の収穫や漁師たちの安全を願って1952年に地元の漁師が漁港で魚のフライを作り、そこに居た観光客にふるまったのが始まりと言われています。

 

そのうちに、このカモーリを世界中にもっと有名にしようと、大きなフライパンが造られました。

この大きなフライパンは「世界一大きいフライパン」として、ギネスにも認定されています。

 

 

 

現在は50代目のフライパン

現在、サグラ・デル・ペーシェで実際に使われているのは、2001年から使われ始めた50代目のフライパンで初めてのステンレス製。

直径4メートル、柄は6メートル、重量2.6トンで1000リットルのオイルが入るそうです。

 

人間と比較しても、この大きさ。

まさに呼び名通り「Maxi Padella(マキシ・パデッラ)」巨大なフライパンです。 

 

 

上から見た全体像も、この大きさです。

 

 

漁港のある広場にやぐらが組まれています。

 

 

このお祭りでは、1万2千人分の魚とイカのフライが振る舞われます。

 

 

 

一人前、5ユーロ。先着3500名には、記念の絵皿がついてきました。

 

 

混雑のため、早めの到着がおすすめ

2015年のお祭りは、午前10時より神父さんによるフライパンの祈祷があり、午前10時15分~午後12時半までが午前の部、午後3時~午後5時半までが午後の部というスケジュールでした。

 

とてもすごい人出で長蛇の列になりますので、朝早めに到着するのがオススメです。

 

 

魚揚げの様子

祈祷も終わり、巨大フライパンで次々とお魚が揚げられていきます。

このように小さな網で小分けして揚げていくのですね。

 

 

できたてアツアツが配られます。


 

地元のボランティアの皆さんが、てきぱきと作業されていました。

 

 

こちらが一人前に盛られたものです。

初回だったので、油も新鮮でカラっと揚がっていて、とても美味しく頂きました。

 

ビールはバールで購入したものです。

 

 

フォークなども配布されませんので、マイ箸などが必須アイテムです。

 

さいごに

年に一度のお祭りも、お祭り以外の日にも。

ポルトフィーノからも近いので、可愛いカモーリにも足を伸ばしてみてくださいね。

 
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ