空港での長い待ち時間、外出する?海外旅行のトランスファー(乗り換え)で暇をしない過... - Latte

  空港での長い待ち時間、外出する?海外旅行のトランスファー(乗り換え)で暇をしない過ごし方

執筆者: りーな りーな 職業:グアテマラガイド・旅人
長時間の乗り継ぎを快適に過ごす方法

海外旅行につきもののトランスファー(乗り換え)は、2時間くらいならあっという間に過ぎてしまいますが、時には、半日以上待たなくてはならないこともあります。

 

今回は、トランスファー時の快適な過ごし方についてご紹介します。

 

3~4時間の場合は、空港内で過ごすのがおすすめ
読書やネットで時間つぶし♪

空港内のカフェでコーヒーを飲みながら、読書でもしていましょう。

 

時にはWi-Fi設備のあるカフェもあるので、インターネットをするのも一案でしょう。

また、最近は、FREE Wi-Fiが整備された空港も増えてきています。

 

 

現地通貨は不要、クレジットカードが利用可能

空港内のお店は、大抵クレジットカードが使えるので、その国の通貨が無くても利用できます。

中南米諸国の空港では、最初から米ドル表記の場所もあり、米ドルがあれば安心かもしれません。

 

但し、100ドル札だと受取を拒否されることもありますので、細かい紙幣を用意していきましょう。

 

 

5時間程度あるなら、空港周辺で過ごしても

トランスファーでも入国・出国するような場合は、空港から外に出てみることもできます。

 

5時間の待ち時間中、ずっと狭い空港内にいるのは飽きてしまうので、空港近くのホテル等のカフェやレストランに行ってみるのも良いでしょう。

 

無料シャトルバスを賢く利用

大抵の空港は近くに大型ホテルがあり、空港とホテル間を無料シャトルバスが運行しており、バスを利用してホテルに行ってしまえば移動も楽です。

 

 

ホテルのレストランは、空港のレストランより快適に過ごせる可能性大!

ホテルのレストランは、空港レストランより空いている可能性が高いので、ゆっくり過ごせます。

また、近くを散策すれば、リフレッシュできるでしょう。

 

 

7時間以上の待ち時間なら、思い切って出かけよう

空港と市内が近い場合は、市内まで行ってみても良いでしょう。

 

行き先や行く方法は、事前に決定しておくこと

但し、行き方や行き先は、事前にある程度決めておく必要があります。

空港に戻らないといけない時間は決まっているので、そこから逆算して、可能な範囲で遊びに行く必要があります。

 

疲れている場合は、空港ラウンジを利用しよう

空港ラウンジの利用できるクレジットカードやプライオリティパスを持っていれば、ラウンジでゆっくり過ごしても良いでしょう。

 

しかし、最近はどこのラウンジも人で溢れていて、意外とうるさいこともあり、仮眠を取ることはできないかもしれません。

 

 

おわりに

ロングフライト後のトランスファーは辛いですが、そこで無理にでも体を動かしてリフレッシュすることで、次のフライトを少しでも楽にできます。

 

待ち時間も、有効に快適に過ごしましょう。

 
 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ