英語での自己紹介で会話が広がるネイティブが使う表現

執筆者: T-Okada

英語で自己紹介をする機会がどんどん増えてきているかと思います。

今回は英語で自己紹介をする際に、ネイティブも使う会話が広がる便利な表現をご紹介致します。

 

 

英語で自己紹介① - 挨拶編

具体的な自己紹介を始める前の挨拶は礼儀として行うようにしましょう。特に面接やフォーマルなパーティーなどでは、ちゃんとした挨拶をすることが重要です。

 

Hi / Hello

「こんにちは」

いつでも使える表現です。基本中の基本なので、恥ずかしがらずに声に出してみましょう。 

 

How do you do?

「はじめまして」

英語を直訳すると「調子はどう」じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、誰かに初めて会う際に使う場合は上記の意味となります。

そして"How do you do?"と言われたら"How do you do?"と返すのが最も自然です。

 

Nice to meet you.

「お会いできて、うれしいです」「はじめまして」

こちらも"How do you do?"と同じで「はじめまして」と言う意味もふくみます。

返事は"Nice to meet you,too"と答えましょう。

 

英語で自己紹介② - 名前・年齢・出身編
I'm ◯◯

 「私の名前は◯◯です」

"my name is ◯◯"も間違いではないのですが、ほとんど使われる場面はありません。是非、"I'm◯◯"での自己紹介を心がけてください。

 

What's your name? / May I have your name?

「あなたのお名前は?」「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

 どちらも同じ意味ですが、特に目上の方や、"May I have your name?"と尋ねる方が自然です。また名前を聞く時には、自分から名乗るのもマナーです。

 

 I'm from Tokyo, Japan.

「私は、日本の東京出身です。」

海外では、出身地を述べる際に国ではなく、都市名を紹介するのが一般的です。

 

東京大阪京都くらいであれば、わざわざ"Japan"までつける必要はないかもしれませんが、それ以外の地方出身の方は、都市名を言ってもどこかわかってもらえないことが多いので、だいたい日本のどの辺りなのか、東京や大阪からどの程度の距離なのか言えるようにしておくといいかと思います。

 

May I ask you how old you are?

「お歳を伺ってもよろしいですか」

外国では、年齢を尋ねることは失礼であるという考え方の傾向が強いため、初めて会った相手に年齢を聞くことはまずありませんが、どうしても聞かなければいけない場合は、上記のように聞いてみましょう。

 

英語で自己紹介③ - 家族・兄弟編
Do you have any siblings?

「兄弟(姉妹)はいる?」

ネイティブが兄弟の有無を尋ねる時に最も使う表現です。”Do you have any brothers or sisters ” でも間違いではありませんが、"siblings"を使うのが一般的です。

 

I have two brothers. / I'm an only child.

「兄、または弟が2人います」「一人っ子です」

兄弟がいる場合は、年上"older"なのか年下なのか"younger"なのか、またその兄弟がどこで何をしているのかまで、紹介できると、かなり話が広がります。

 

May I ask if you are married?

「結婚しているか聞いてもいいですか?」 

 

 How many people are in your family?

「何人家族ですか?」

答える時は、下記も参考にしながら、家族が何人でどういった構成なのか答えるのが自然です。 

  

  • 息子:son
  • 娘:daughter
  • 父:father
  • 母:mother
  • いとこ:cousin   
  • 姪:niece  
  • 甥:nephew   
  • 叔母:uncle
  • 叔父:aunt    
  • 祖父:grandfather/grandpa 
  • 祖母:grandmother/grandma
  • 祖父母:Grandparents
  • 孫:grandchild

 

英語で自己紹介④ - 仕事・学校編
What do you do?

「仕事は何しているの?」

 

Where do you work?

「どこで働いているの?」

 

I'm ◯◯ / I work for ◯◯ / I work at ◯◯ / I work in ◯◯

"I'm ◯◯"を使う場合は、下記のように肩書きや、持っている資格などで答えます。

"I work for ◯◯ / I work at ◯◯ "で答える場合、自動車メーカー "car manufacturer" や旅行代理店 "Travel agency"など働いている業界や場所が入ります。

"I work in ◯◯"で答える場合は、"I work in education.""I work in medicine"など職種で答えます。

 

  • 学生:Student
  • 会計士:Accountant 
  • 建築士:Architect
  • 歯医者:Dentist
  • エンジニア:Engineer 
  • 弁護士:Lawyer 
  • 看護師:Nurse 
  • 教師:Teacher 
  • 秘書:Secretary 

 

学生でも何を勉強しているのかを、言えるようにしておくといいでしょう。

自分で言わない場合は、"what do you study?"と相手から必ず質問されるはずです。

 

  • 文学:Literature 
  • 法:Law
  • 経済:Economics
  • 経営:Business administration
  • 人類文化:Cultural anthropology
  • 心理:Psychology
  • 教育:Education
  • コンピューター:Computer science 
  • 電子工学:Electronics
  • 医学:Medicine

 

英語で自己紹介⑤ - 趣味・興味編
What are you into?

「なにか興味のあるものある?」

シンプルで、便利な英語の表現です。答える時には"I'm into ◯◯"や"I like ◯◯" "I love ◯◯" でもOKです。

 

What are your hobbies?

「趣味は何ですか?」

 

What do you do on your day off?

「オフの日は何をしていますか?」

 

上記の質問で、ある程度相手の興味や趣味がわかってきたら、"What is your favorite ◯◯?"と興味のある分野の中で一番好きな物が何なのか聞いてあげると、話も盛り上がります。

 

もちろん、相手に聞いているばかりでなく、自分の紹介も忘れずに!

 

英語で自己紹介⑥ - あいづち編

相手の自己紹介を聞いている時には、あいづちを打ってあげると、相手も気持ち良く話せますし、会話も盛り上がります。難しい単語ではないので、少しづつ言えるようにしてみましょう。

 

Cool! 

「いいね!」

 

Really?

「本当に?」

 

Awesome!

「すごくいいね!」

 

終わりに

いかがでしょうか。

 

英語での自己紹介というと緊張してしまうかもしれませんが、少しつなぎの言葉を覚えておけば、それほど緊張することなく、会話を楽しめるようになるはずです。

 

 
 コラムニスト情報
T-Okada
性別:男性  |   現在地:日本  |  

観光に携わるお仕事柄、日本中、世界中をいったりきたりしています。
みなさんのお役に立つ情報を発信できればと思います。

 

 旅行のコラム

 教育・学習のコラム