ETCの領収書・利用証明書の出し方! - Latte

  ETCの領収書・利用証明書の出し方!

執筆者: Yuri.M Yuri.M
はじめに

仕事の出張等で、高速道路を利用する人も多くいると思います。

しかし、ETCシステムを利用すると、料金所を通過するだけ支払いが済んでしまうので、その場で領収書を受け取ることができません。

 

すぐに領収書を提出したい!そんな時に使える、領収書の代わりになる「利用証明書」の取得方法をご紹介していきます!

 

ETCの利用証明書とは?

領収書は本来、現金を受け渡ししたことを証明する書類です。

したがって、ETCカードを使って精算すると、現金の受け渡しが存在しないため領収書は発行できないんです!

 

それなのでETC利用時の場合は、クレジットカード会社が発行する「利用明細書」などが領収書になります。

 

しかし、この利用明細書がが発行されるのはETCを利用した翌月か翌々月。

もっと早く証明書が必要!という方もいますよね!


そんな場合に利用できるのが、「利用証明書」です。この書類を入手する方法はいくつかありますので、そちらをご紹介しますね。

 

 

支払い時すぐに欲しい場合

入口はETCレーンで通行します。

しかし、出口は一般レーンを利用して、有人ブースの係員にETCカードを渡して精算すれば、利用証明書をその場で発行してもらえます。

 

ただし、有人ブースを利用してしまうと、ETC割引きが適用できないところもあるので注意してください。

 

しかも有人ブースで清算するのはETCの意味がほとんどないので、本当にすぐに利用証明書が必要な時以外はおすすめできません。

 

後で印刷する場合
自宅などで印刷する

「ETC利用照会サービス」を利用すれば、自宅や会社にあるプリンターで利用証明書を印刷することができます。

 

SAなどで印刷する

自宅にプリンターがない!という方も安心。

サービスエリアや大型カー用品店に設置されている「卓上プリンター」を使って印刷することもできるんです♪

 

SAなどで印刷する場合は、その時に使用したETCカードが必要です。

 

レンタカーの場合

レンタカーの場合も基本、取得方法は変わりません。

しかし、「ETC利用照会サービス」を利用して利用証明書を出す場合、2つ注意するべきことがあります。

 

①借りた車のナンバープレートを覚えておく
②レンタカーのETC車載器がセットアップされているか確認する


レンタカーのナンバーが分からなくなったり、ETC車載器がセットアップされていないと、「ETC利用照会サービス」を利用できません。

ETC車載器がセットアップされているかは、レンタカー屋の方に予め聞いておきましょう。


また、「ETC利用照会サービス」を利用できない場合は、クレジットカード会社の明細書を利用するか、大型カー用品店にある卓上プリンターで、利用証明書を出しましょう。

 

さいごに 

 

いかがでしたでしょうか?

ETCの領収書が出せなくて、高速料金を経費で落としてもらえなかった!なんてことがないように、しっかりと準備をして行ってくださいね♪

 

 このコラムに関するタグ

 
LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ