二大旅客機「ボーイング」と「エアバス」の愛称は?飛行機の呼び方雑学 - Latte

  二大旅客機「ボーイング」と「エアバス」の愛称は?飛行機の呼び方雑学

執筆者: 奥之園 誠 奥之園 誠 職業:航空アナリスト
日本国内でも乗れる、航空機の豆知識

ボーイング、エアバスといった世界の2大航空機メーカーは、もちろん日本国内でも高いシェアを誇っています。

 

今回は、日本国内でも乗れる航空機の知られざる雑学をご紹介します。

「ボーイング」と「エアバス」、日本ではどちらがシェア高?
日本は、世界的にみてもボーイング王国

世界規模で見ると、ボーイング社とエアバス社が、ほぼ市場を2分しています。

ですが、日本について言えば、エアバスのシェアは3%~4%です。

 

今後は、エアバス機が増加するかも

最近は、格安航空会社(LCC)が日本でも浸透してきましたが、LCCはエアバスの機材を使うことが多いようです。

また、JALが、現在の主力であるボーイング777の後継として、エアバスA350の導入を発表しました。

 

世界的に見ると、日本は、イスラエルと並んでボーイングのシェアが圧倒的に多い国でしたが、今後エアバス機が増えてきそうです。

「ジャンボジェット」は、正式名称じゃない!

旅客機と聞いて一番最初に思い浮かべるのは、皆さん「ジャンボジェット」ではないでしょうか?

既に日本の空からは退役してしまいましたが、今でも人気のある機体ですね。

 

「ジャンボジェット(Jumbo Jet)」とは愛称で、正式名称は「ボーイング747」と言います。

 

ですが、「ジャンボジェット」という愛称が一般に広く受け入れられている状況や、その機体の大きさとネーミングから、ボーイング社も公式の場で用いることが多々あります。

 

ジャンボジェットの最新鋭機 ボーイング747-8IC

 

公募で愛称が決まった旅客機も

ボーイング社製の旅客機では、その他、最新鋭の「ボーイング787」が「ドリームライナー」という愛称で呼ばれています。

 

この愛称は、4つの愛称(ドリームライナー、eライナー、グローバル・クルーザー、ストラトクライマー)からボーイング社が世界規模で公募し、一番得票数が多かった「ドリームライナー」が愛称として決定しました。

 

エアバスの旅客機には、今のところ愛称は付いていない

一方、エアバスですが、旅客機自体を愛称では呼んでいない様です。

 

ボーイング「777-200」と「777ー300」の違い

日本国内でよく使われる機材に「ボーイング777」があります。

 

ANAもJALも、国内線で「ボーイング777-200」と「ボーイング777-300」の2機種を使用しています。

(厳密にはANAは777-200ERも使用)。

 

一番の大きな違いは、胴体の長さ!

その答えですが、「-200」と「-300」の数字の違いです。

数字の前の横棒“-”をダッシュと呼びますが、このダッシュ以降の数字を「その機材の派生系」という言い方をします。

 

その他細かい仕様の違いは色々ありますが、一番の大きな違いは「-300の方が胴体が長い」という、外見上の大きな違いがあります。

 

その他のボーイングの機材、エアバスの機材も基本的に同じスタンスとなっています。

画像なら一目で分かる!

胴体の長さの違いが、お分かりいただけるかと思います。

ボーイング777-300(上)とボーイング777-200(下)

 

同じメーカーの機種でも、エアラインで呼び方が違う!

国内大手2社で共通に使われている機材で、ご説明します。

 

ボーイング社の767型機(76/B6)

JALでは76(ナナロク)、ANAではB6(ビーロク)、といった呼び方をします。

エアラインで、機材の呼び方が違うのも面白いですね。

 

ボーイング777(スタージェット/トリプルセブン)

また、旧JAL(JAS:日本エアシステムと経営統合前)では、機体個々に愛称をつけていた時期もあります。

 

現在も運行中ですが、「ボーイング777」を「スタージェット」という愛称で呼び、更に各機体に1機ごとに「シリウス、ベガ、アルタイル」等星座名を付けていました。

 

同じ「ボーイング777」ですが、ANAでは「トリプルセブン」という愛称で呼んでいます。

この「トリプルセブン」はANAの登録商標なのです。

 

ボーイング737-400(フラワージェット)

また、同じく旧JALですが、「ボーイング737-400」を1機毎に「コスモス、リンドウ、ヒマワリ」と言った花の名前を付けた「フラワージェット」を就航させていました。

 

ボーイング747-400(スカイクルーザー/テクノジャンボ)

既に、ANAでもJALでも退役してしまいましたが、「ボーイング747-400」を、ANAでは「テクノジャンボ」、JALでは「スカイクルーザー」と愛称を付けていました。

 

有名な愛称を持つANAの機体(既に運航を終えた機体を含む)

また、ANAでは、個々の機材に、愛称を付けています。

 

  • 「ボーイング747-400」

マリンジャンボ、ピカチュウジャンボ、お花ジャンボ、等

 

  • 「ボーイング777-300」の1機

ピースジェット

 

  • 「ボーイング767-300」の1機

ゆめジェット

 

また、スターウォーズとのコラボで、作品内キャラクターである「R2-D2」を機体にあしらった「R2-D2 ANA JET」も話題になりましたね。

おわりに

搭乗する際に、あまり機材のメーカーやモデルを意識する事も無いかもしれませんが、メーカーでの機体モデルの規則性の違いや、同じ機材でもエアラインで呼び方が違うなど、ちょっとした航空界のご紹介でした。

 

搭乗の際に気づいて頂ければ、嬉しいです。

 国内旅行のコラムランキング

LATTE TRAVELに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ