メンズファッション界でコーチジャケットの人気が爆発。人気NO.1カラー「黒」のコーチジャケットを着た使ったおしゃれメンズのコーディネートから、トレンドアイテムの着こなし方を学ぶ。おすすめのブランドもご紹介。(ワコマリア、ステューシー、チャンピオン、アンダーカバー、ギャルソン)

 

今年のマストアイテム「コーチジャケット」は黒を選ぶ!

 

WEAR

 

今年のトレンドアウターといえばコーチジャケット。

色々なカラーが出ているけれど、1番人気はずばり黒!

今回は、黒コーチジャケットの魅力を、おしゃれなコーディネートと一緒にご紹介します。 

 

 

①まずは手持ちのデニムとの相性を確認

 

WEAR

 

難易度の高いコーデや、新しいアイテムを買い足さなくてもOK。
まずは手持ちのデニムと合わせてみて。

 

 

WEAR

 

シャツにデニムを合わせた定番コーデも、コーチジャケットを羽織るとストリートな雰囲気に。

キャップやスニーカーでアクティブ感をプラスして、コーデに差をつける。

 

 

WEAR

 

トップスをニットに変えれば、大人カジュアルにも着こなせる。

ニットの下に白Tをレイヤードして小技を効かせる。

 

 

②パーカーINでストリート感を楽しむ

 

WEAR

 

コーチジャケットのインナーにはパーカーがおすすめ。

もともとスケーターたちが愛用していたジャケットということもあり、相性は抜群。

 

 

WEAR

 

少し大きめのオーバーサイズのパーカーをチョイス。

上半身のボリュームを活かすために、ボトムスはタイトな黒スキニーで。

 

 

WEAR

 

パーカーを着る時は、後ろ姿のバランスもチェックして。

フードが立つように立体感を出すと、キマッて見える。 

 

 

WEAR

 

季節の変わり目の肌寒い日は、デニムジャケットを間に挟む。

デニムが入れるだけで、防寒しても軽やかな印象に。

 

 

③スタイリッシュなモノトーンコーデ

 

WEAR

 

黒コーチジャケットを主役にしたモノトーンコーデ。

バックプリントを目立たせて、おしゃれを背中で語る。

 

 

WEAR

 

細身の黒スキニーと黒スニーカーで、足を細く長く。

モノトーンコーデはスタイリッシュなだけでなく、スタイルアップして見える。

 

 

WEAR

 

全身オールブラックでまとめたら、白のスーパースターを投入。

まさに「足元でおしゃれを語る」とはこういうこと。

 

 

WEAR

 

白、黒、グレーの3色コーデ。

トップスの絶妙なレイヤードテクや、グレーで合わせたニット帽にセンスが光る。

 

 

④ジョガーパンツでとことん外す

 

WEAR

 

コーチジャケットと並ぶ大人気アイテム「ジョガーパンツ」。

黒ジョガーをチョイスすれば、抜け感のあるスタイリッシュコーデに仕上がる。

 

 

WEAR

 

グレーのジョガーパンツは外しアイテムとして大活躍。

足元に抜け感が出て、おしゃれなラフ感を演出。

 

 

WEAR

 

パーカーとジョガーパンツでスウェットのセットアップもアリ。

だらしなく見えないように、ジョガーパンツはジャストサイズを選んで。

 

 

⑤おしゃれ上級者はセットアップ

 

WEAR

 

おしゃれなメンズには、上下揃えたセットアップコーデもおすすめ。

ウールやリネン素材なら、ラフなのにキレイめな印象。

 

Tagブランド・ショップ・メーカー関連タグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム

NEW Column